ほのぼの

    773 :殿堂 2009/01/20(火) 10:20:20
    長文だが投下させて下さい。


    昨年、突発忄生難聴と診断された妻。病院に通って服薬治療を続けてきた妻だったが、とうとう先週「このままの聴力で安定して行くでしょう。」と言われて帰って来た。
    きっとショック受けてんだろうなーと家に帰ったが、いつも通りのあっけらかんとした妻だった。
    「私、手話覚えるしかないかなー。」なんて笑いながら話してた。(静かな場所であれば、響く様な感じだが聞き取れるし話せる程度)
    夜子供が寝た後に、これから必要になるかも…?と、二人でゴロゴロしながら筆談をしてみた。
    最初は他愛もない話だったんだが、いきなり妻が「ごめんね。辛くなったらいつでも言ってね?私こんなんになっちゃって、いつでも離婚しても良いと思ってるよ。」って書いた。

    260 :殿堂 2016/12/21(水) 04:35:24 ID:Ic6
    今週の日曜日に、課長が怪我をして緊急入院した
    月曜日に俺宛にメールがあって
    会社の引き出しの中に財布を入れたまま忘れてたから
    申し訳ないが病院まで届けてくれないか
    とのこと

    一番上の引き出しを開けたら、文房具エリアの奥に「手乗りシリーズ」とかいう
    ふりかけの入れ物が何種類か並んでたのでそっと閉めた
    メールを読み返すと「上から2段目の引き出し」とあった
    2段目を開けると財布が入っていたので、何食わぬ顔で病院に届けてきた

    塩見三省そっくりの課長が毎日パソコンのかげで弁当にあれを
    振りかけているのを想像したらかなり衝撃的だった

    課長はしばらく入院になるそうなので、今日手乗りシリーズを全種類大人買いして
    見舞いに行く予定w

    195 :殿堂 2019/05/16(木) 17:33:28 ID:xJk7hHwe0.net
    今日は有給を取って嫁と出掛けてた。
    帰りに嫁が「今日何日!?スーパー寄って」と言うので、いつものスーパーに寄ると嬉しそうに緑色の梅を「あったー」と言っていた。
    そしたら近くの店員のおじさんが「よかったです」と笑いながら言ってきて、嫁も「ありがとうございました!」とニコニコしていた。

    後でなんなの?と聞くと、一週間前に「青梅はどこですか?」と聞くと、わざわざ詳しい店員さん呼んでくれて「今年は16日に入る予定です。でも…ここだけの話今年はかなり入荷数が少ないので、早めに来られた方が…」って言ってくれて、
    それから会うたびに「もうすぐです!」「16ですね!楽しみです」って話してたんだって。

    「へーよかったね。その梅なにするの?」と聞いたら、「え!?毎年アナタ夏に梅サワー飲んでるやん!それ作るのよ」「そんな生から作ってたの知らなかった…夏までかかるの?」
    「違うんだなぁ。毎年2年物を飲んでるのよ。この梅は飲めるの2年後だね」「!!」ってなった。

    家に帰って、キッチンの奥から「これが17年。これが18年。この瓶に今年作るから、夏は17年の飲もうね。ちょっと飲む?」と言われ飲んだらめっちゃ美味しかった。

    一緒に作ってみる?と言われて、爪楊枝をいきなり渡され、さっきまで梅のヘタ?を取ってた。
    あんなめんどくさい事を毎年毎年やってくれてたと思ったら嬉しかった。

    873 :殿堂 2010/06/30(水) 21:29:03 ID:B/k8RDXP
    俺の電車での実体験。
    比較的空いている車内で座っていた。真向かいのシートに70~80代のお婆ちゃん。
    電車が駅に進入しお婆ちゃんはドアへ。
    ドアが閉まり前を見るとお婆ちゃんのバックが!お婆ちゃんはホームから走り出した電車内を見て呆然としている。
    俺はバックを手に取り
    「お婆ちゃん投げるけどごめんね!!」と大声で言いホームへ。
    次の駅で降りた俺は改札で駅員に話し掛けられ、お婆ちゃんが礼に来るから引き止めてと言われたらしい。
    すると次の電車でお婆ちゃんが来た。
    おもてなしをしたいと言われ断れなくて家に案内された。
    家が近いので今でも月に二、三回程呼ばれて息子の様に(お婆ちゃんに子供いない)可愛がっていただいてます。
    ありがとう。

    264 :殿堂 2014/01/05(日) 00:21:19 ID:ev08wKM2
    書いて良い?まぁ勝手に書くけど…

    寒い時期になると思い出す武勇伝になるのか微妙だが…個人的にはスーっとした話

    大学生ん時の冬…ゼミ仲間男女数人で宅飲み(鍋)してたんだ、当時俺が好きだった娘(クォーターで滝川クリステル似)も来てた
    その頃の俺はクリステルと仲良くも悪くもない普通のゼミ仲間って感じだったんだけど何とか仲良くなるキッカケが欲しかったんだ
    運良くクリステルの隣に座る事に成功した俺は高鳴る胸を抑えながら必至に盛り上げ役に徹した
    普段大人しい部類の俺が無茶はしゃぎしたため場は盛り上がりまくり酒の力もあってくだらないギャグでもドッカンドッカンウケまくった
    クリステルもお腹抱えて笑いながら『俺くんってこんな面白かったんだね』とか言ってて心の中でガッツポ!

    しかし!どんな面白い空間でも一瞬『間』が空く時があるやん?何か『フッ』と息継ぎする瞬間みたいな…
    笑いが残りながら『あぁ~面白い~フゥ~』みたいなヤツよ…

    そんな空気の『間』にそれは突然聞こえてきた…俺の右隣…クリステルの座る席から『ボバフっ!』という爆音が振動と共に…
    凍る空気…美人で才女のクリステルに向けられる周りからの疑惑の視線…これはイカんと思った俺は即座に尻から爆音を放った『ブリっ!ボボぼぼべっ!』

    俺『悪ぃm(__)m連発しちまったwww』
    『なんだよお前かよ!www』『クセぇよ馬鹿ちん!責任持って全部吸えwww』と視線を集めクリステルに周りの意識が向かないようにした…

    その時…クリステルが照れながら口を開いた…

    クリステル『もぉ~俺くん臭いよぉ~///』
    うぉい∑(゚Д゚)と内心思ったが『ゴメンねぇ( ´ ▽ ` )ノ』と最後まで笑顔を貫き犯人は俺と周りを欺く事ができた!

    後日クリステルに呼び出され謝罪と感謝をされ付き合う事に…なんやかんやあってクリステルは俺と同じ苗字を名乗りベッドで寝っ屁もカマす良い嫁になった…

    胸がっつ~より腹がスーっとした話

    P.S.尻から爆音を放った時に具も少し出てた事を嫁には秘密にしている

    63 :殿堂 2014/01/28(火) 11:08:06 ID:/yg0WVIi
    スレチかもしれんが投下。


    俺はカタツムリ・ナメクジが大ッ嫌い。
    病的なレベルで、未だに写真を見ただけで叫びたくなる。

    小学生の時、それを知っている友人Aが執拗に嫌がらせをしてきた。
    投げてくるとか当たり前。机に乗ってるのも当たり前。
    肩を叩かれ振り向いたらいたりする。

    実際のところ友人Aはそんなに悪い奴でもないのだが、
    俺の反応がやたらオーバーに見えるのが面白かったのだろう、
    言ってもやめてくれなかった。
    面白がっていたがこちらとしてはたまったもんじゃない。
    その度に発狂しかけており、いつもどうにかして仕返しをしたいと思っていた。

    しかし喧嘩しようにもそいつは俺より頭二つほど背が高い上、
    勉強は出来るわスポ小野球はピッチャーだわテライケメンだわ・・・(´;ω;`)
    自信を持って勝てるのは図工の時間くらい、そかしそんなヲタ趣味では
    まともにやっても勝てないのはわかりきっていた。

    ところがいつも歯ぎしりしながら見返してやりたいと思っていたある日、
    仲間内でひょんなことから苦手なものの話になり、そいつの弱点、発覚。

    そいつは「狐の面」が苦手だった。

    413 :殿堂 2015/06/09(火) 00:27:59 .net
    じゃあ簡単に
    よくある家同士のアレコレから嫁と見合いさせられた
    俺は野原ひろしの顔をでかくしてモアイ像に近づけた感じの顔をしていると言われる
    対して嫁は可愛いと美人の中間くらい
    中学の頃に病気で右顔の半分が麻痺したことがあったらしく、表情を作ると顔が歪んでしまってた
    でも、会った時からとてもきれいだ

    嫁は「こんな顔だし」と結婚を諦めていたし、俺も「モアイ像好きになる人はそういないだろう」と色濃い沙汰は諦めてた
    実際25歳まで彼女なしだったし
    だから家のための結婚と言われても、お互いビジネス感覚で割り切った感じだった
    付き合い始めて暫くたったころか、嫁の買い物目的で2人で百貨店に行った時、嫁の知り合い四人とばったり出くわした
    久しぶりーとか言い合ってたので、積もる話もあるだろうと俺は少し離れて待つことにした
    と言っても、もともと嫁の買い物が目的で百貨店なぞ1人で来たことのない俺
    行く宛もなく心許なくなって、休憩できるスペースに行って腰を下ろす嫁たちの少し後にコソコソ隠れて立っていた
    嫁は殆ど話さず、いろいろ質問をぶつけられて迷惑そうだった
    あれ、もしかして俺、いらん気遣いしたかな、と心配になってる時
    「聞いたよー見合いしたんでしょ?」
    「その相手があれ?」
    「野暮ったいしダサいよね、並ばれるの嫌じゃない?」
    「ブサイク過ぎて無理w彼氏と思われたら恥ずかしいw」
    「手も触りたくないよねw」
    「顔デカかったよね、化物みたいな」
    「嫁ちゃんの1.5倍くらいない?」
    「嫌じゃないの?他に相手見つからないの?」
    「可哀想ー私達が言ってあげようか?」
    ホントはもっと色々言われたけど、心にグサグサきたセリフがこんな感じ
    嫁は小顔だから、俺と顔のデカさが違いすぎるのは俺自身が一番気にしてたところだ
    嫁は頭を少し右に傾けていた
    嫁の後ろに立っていたので顔は見えなかったが、何かを考えている時のしぐさだった
    そして「私、そんな風に思ったことないよ」と返した

    1 :殿堂 2019/10/20(日) 14:23:58 ID:PgYgtQNA0.net
    隣人「……」

    845 :殿堂 2014/08/21(木) 11:00:00 ID:???
    この前、妻に誕生日だったのでケーキと花束とワインを買って帰った。
    娘たちも一緒にお祝いして、たくさんケーキを食べて
    普段より早くベッドに行った。
    娘たちが寝た後、二人でワインを飲んでいた時に
    妻から愛しているって言われた。
    何度もワインを飲みながらゆっくり言うんだ。

    俺は前の彼女にひどい裏切りをされて、吹っ切るために見合いをして
    2ヶ月で結婚を決めた。
    結婚前の半年にお互いの友人に紹介したり、知り合いからも祝福されて結婚した。
    見合いで短時間で結婚したから、妻から愛しているって言われたことってほとんどない。
    見合い結婚ってそんなものかと思っていた。

    なぜ、愛していると言ってくれるのと聞くと
    私だけを見てくれるのがわかったからと言うんだ。
    ずっと前の彼女の事を心に残していると思っていたから言えなかっただけで、
    初めて会った時から好きだった、結婚して幸せ
    少し酔った顔で真直ぐ話してくれた
    俺の友人に前の彼女の事を結婚前に聞かされて、俺を支えて欲しいと頼まれたって
    俺の心の中には前の彼女の事が消えないだろうと思っていたらしい。

    妻が偶然に俺が書いた掲示板の書き込みを読んで
    前の彼女を忘れて、妻だけを見てくれるようになった事を感じたので
    どうしても言いたかったといわれた。
    のスレに書き込んでいたのに読まれたことや
    前の彼女の事を詳しく知っている事に驚いた。

    391 :殿堂 2008/07/22(火) 00:08:28
    自分語りなんで、気に入らない人は勘弁。

    8年前、当時20歳の大学生だった妻と結婚した。俺は当時28歳。
    普通に卒業してから、と思っていたが、妻はちょっとばかり苦労人で保護者的な人とうまくいっておらず
    「早くうちとけた気持ちになれる家族が欲しい」という希望だったので。

    1年たって、会社の健康診断→精密検査で、俺が白血病の一種にかかっていることが発覚した。
    かなり衝撃をうけたが、悩んだ後で妻に正直に打ち明けた。
    場合によっては離婚も視野にいれていた。

    「絶対、(離婚は)いやです。結婚して大学で珍しがられてるのに、そのうえあっと言う間の離婚なんてできません」
    「しかし、俺と一緒にいてもこの先の長期的な展望は描けんのだけど?」
    「○○さん(=俺)・・・・・タヒぬんですか?」
    「すぐにはタヒなんw 薬で抑えて、一応普通の生活はできるし、薬で治った例もある」
    「ならいいじゃないですか」
    「よくはない。悪化する可能忄生だって同じくらいあるそうだ。先は全然分からない」
    「可能忄生で別れる話はしないで下さいよ・・・わたしをキズモノにしたくせにw」
    なんだか、妻には余裕があるように見えた。

    俺の白血球は異常な数値で高め安定し、たまに倦怠感や眩暈はしたが、体重が増えたり
    病人とは自分でも思えない良好な体調を維持した。
    その間に妻は卒業して、OLになっていた。

    このページのトップヘ