養子

    475 :殿堂 2016/10/28(金) 12:55:41 ID:iz1tdNbT0.net
    物凄く長くなってしまった
    コトメを馬鹿にして優越感に浸るためにコトメの子を育てたこと

    脳味噌がハッピーなコトメは若い時から不倫を繰り返していた
    不倫略奪したコトメ夫も不倫三昧、子供はトメに押し付け気まぐれに可愛がる
    我が家も散々迷惑をかけられた。断りきれなかったこちらにも非はあるが、何をしてもお礼も謝りもしないコトメにはいい加減腹が立っていた
    トメが亡くなり子を押し付ける相手がいなくなったコトメは我が家に
    「夫と離婚して別の人と再婚する。子供がいると邪魔なので子梨のお前らに子をやる。大事に育てろ、いい大学に入れろ。将来いい男になったら迎えに来てやる(要約)」と言ってきた
    これ断ったら世話をする人がいなくなったコトメ子は最悪タヒぬかもしれないと思い引き取ることにした
    コトメは子供に恨まれたくはないらしく、「いい子でいるのよ。ママも寂しいわ」とコトメ子に綺麗事を言い不倫相手と再婚
    コトメ夫は知らん

    小学校低学年だったコトメ子をうちの籍に入れ、今までコトメにしてもらえなかったきちんとした教育をして、人としてまともになれるよう育てた
    そのおかげか部活でいいとこまで行けたし、将来の夢もできその分野の教授に教わるためにいい大学に入った
    この頃には私のことを母、夫を父、コトメのことは「あの人」と呼ぶようになっていた
    そのまま院に行き、教授の研究室に入ることが決まった時期に、コトメが連絡を取ってきた
    「言いつけ通りコトメ子を育ててくれてありがとう。もういいわよ、あの子を返して(要約)」
    コトメから連絡が来たことを子に伝え、電話を変わるとコトメが甲高い声で騒ぐのが聞こえた

    一旦切ります

    83 :殿堂 2018/07/16(月) 22:37:36 ID:yxh
    俺は養子で、下に養父母の本当の子供がいる
    今の養父母にはすごく良くしてもらってるから、毎月バイト代から5~10万を渡すようにしてる
    父母は「たすかる!」「ありがとう」と言ってくれてる
    ある日養父に頼まれて養父母の寝室にものを取りに行ったとき、いつも鍵がかかっている引き出しに鍵がささったままだった
    好奇心でつい引き出しを開けたら、俺名義の通帳と妹名義の通帳が入っていた
    小さい頃からお年玉ためてたからなーと思って見てみたら、俺名義の通帳には最初の千円しか入っていなかった
    逆に妹の通帳は200万近く入っていて、毎月5~10万の入金があった
    毎月俺がバイト代から養父母にわたしている金額と同じだった
    俺のお年玉もバイト代も養父母がどう使おうと勝手だけど、なんか裏切られた気分がやばい
    見たって養父母に言わないほうがいいよなこれ

    253 :殿堂 2013/12/14(土) 12:20:41 ID:Z1gnYOy5
    衝撃的だったことと言えば、養子だと言われて育った自分が実子だったことだわ
    物心ついたころから俺だけ誕生祝いやクリスマスプレゼントがなかったり
    おかわり禁止だったり小遣いが0だったり
    新品の洋服やら用具やらを与えられたことがなかったりと
    何かと兄と差を付けて育てられて、その理由が「お前は養子だから」だったんだが
    中学の時に戸籍を見たら養子なんて書いてないわけ
    まあ特別養子縁組だと戸籍に「養子」って載らないらしいけど
    当時の俺はそんなこと知らなかったから疑問に思って
    親戚で唯一俺を気遣ってくれた叔父に聞いたのよ
    そんで聞いた話としては
    俺は間違いなく母親から生まれた子供
    でも外見とか持病とかいろんな要素で両親や親族との共通点が少なかったらしい
    それで父親が母親の浮気を疑ってDNA鑑定をしたんだが
    結果としては実子でファイナルアンサー
    そのころには疑った父も疑われた母も相当疲弊してたらしい
    叔父はその後どんな経緯で両親が俺に「お前は養子だ」と言うようになったかまでは知らなかった
    というか俺から相談を受けて初めてそんなことを言われていると知ったらしい
    叔父が父に怒ってくれたんだが父は「そんなこと言うならお前が育てろ」と聞く耳持たず
    結局高校は叔父のところで世話になった
    未だに両親の行動の意味は分からんが
    そうすることで家庭のバランスを保っていたのかね
    兄と叔父の両親(俺の祖父母)も長男絶対主義の人だったし、そういのも関係あるのかな
    長男と差を付ける大義名分みたいな

    このページのトップヘ