農家

    397 :殿堂 2019/08/11(日) 18:27:57 ID:HD1
    膿家に嫁いで365日休み無くボロボロになるまで働かされた
    化粧する暇も気力もお金もなくやつれ果て
    姑には「アレは嫁ぐ時は化けてた、息子は騙された」と吹聴された
    周りはそんな膿家なんかなくて、お嫁さんもみんな和気あいあい楽しそう
    気が狂いそうだったが電話で助けを求めた母は「ガマンしなさい」
    父はもともと「辛かったら帰ってこい」って言ってくれてたけど
    結婚して2年後には亡くなってた
    ある時近所の奥さんがこっそり旦那が浮氣してるかもしれないと教えてくれた
    農作業中だったけどほっぽりだして教えられたラブ𣎳に行った
    旦那の車が停まってた
    鍵が開いてたんで(旦那は地元ではいつもかけない)落ち着こうと乗り込んで待って、
    戻ってきたらテンパって乗り込んだところで後部座席から持ってた鎌を首にまわした
    女は後部座席に荷物を置こうとして悲鳴をあげて逃げてった
    頭がグッチャグチャで支離滅裂で旦那に泣きわめいていたが、
    女が呼んだのか近所の人が集まってきていろいろ説得された
    結果、なんか両者から慰謝料たんまりと離婚でカタがついた

    593 :殿堂 2019/12/02(月) 10:59:09 ID:YQg
    距離梨の義姉に疲弊して、離婚した時の修羅場。
    義姉はアラフォーの独身。大学時代から30過ぎまで付き合ってた男忄生がいて
    その人と結婚するつもりで待ってたんだけど、(仕事で独り立ちできるまで待ってと言われていたらしい)
    10年も待たされた挙句に20代前半の女の子とデキ婚してしまった。
    以来男忄生不信で結婚はしないと宣言していた。
    義姉自身がそれで自分の人生のことを考えているのなら何も文句はないんだが
    どういうワケか、私の人生を自分が得るはずだった結婚生活に重ねてしまってるような振る舞いになった。
    なかなか子供に恵まれなかった私たち夫婦が、結婚して3年目に漸く妊娠した時から
    義姉の様子が徐々におかしくなっていった。
    私よりも夫よりも双方両親よりも喜んで私の周りをうろうろしていた。
    私は農家の嫁で義父母とは同じ敷地に家を建てて住んでたんだが、義姉は実家暮らし。
    昼間は双方玄関の鍵は締めていなくて自由に行き来している。
    自由に行き来・・・と言っても、互いに節度は守ってて好き勝手に出入りしてるわけではなかった。
    でも義姉は「私ちゃんが心配で」とか言って、気が付くと後に立ってたりしてホラーだった。
    夫や義母が「用もないのにウロチョロしない!」と言ってくれたけど暖簾に腕押し。
    お腹が大きくなってくると、義姉の仕事が休みの日には一日中うちに入り浸り
    それでノイローゼのようになってしまって実家に帰らせてもらった。
    私の実家は車で20分ぐらいの所だし、里帰り出産の予定はなかったんだが
    とにかく義姉から離れたくて。
    でもその私の実家にも土日の度に顔をだし、平日には電話を掛けてくる。
    うちの親もちょっとあれは病気なんじゃないかって言いだして
    夫から義父母に相談してもらったんだ。

    580 :殿堂 2019/11/10(日) 08:56:46 ID:7Tw
    長くてすみません。

    農家に嫁いだ。
    ちょうど新米の季節だったので仲の良かった友人グループの3人に新米を送ったら
    AとBは「凄く美味しい!直で送ってもらう新米ってこんなに違うんだね!」
    とか言ってくれて、お世辞でも嬉しかったし
    そのことを義母に話したら喜んでくれて、毎年送ってあげなさいと言ってくれた。
    ただ、Cだけは「お米、うちでは炊かないから。炊飯器もないし」って言われて
    朝ごはんがパン食だからとか言うなら分かるけど、晩御飯は?って聞いたら
    共働きだし、サトウのごはんをチンしてるって言われたんだ。
    AとBが「せっかく農家から送ってもらったのに勿体ない!」って言ってくれたけど
    「サトウのごはんだって十分美味しい」って反論してるのを見て
    まぁ嬉しい人もいればそうでもない人もいるのは当たり前だよなと思い、
    翌年からAとBにだけ送ってた。
    ちなみにCはうちから送った新米をそのまま実家に送ったそうだ。

    388 :殿堂 2014/04/10(木) 10:29:01 ID:aJ1PnY3i.net
    この間中3の娘とやった武勇伝?

    家は庭が広く家庭菜園やっている。

    主にトマトや白菜、キャベツやナスそれにネギと玉ねぎ。その他ちまちまと。
    娘が幼稚園の頃からやり始めた家庭
    菜園。娘も家庭菜園が大好きで農業
    の勉強をして将来は農家になるとも言っている。そんな娘の大好きな家
    庭菜園にあいつが現れた。

    近くに新興住宅地が出来た娘が小学
    6年の頃から野菜泥が来るようにな
    った。最初はいるぶんだけ獲ってい
    たようだかそのうち全部獲ってウネ
    を壊して逝くようにまでなった。除
    草剤も撒かれた。(あからさまだった)
    だけど誰がやっているかわからなか
    った。娘はもう泣いて泣いてかわい
    そうだった。私がもうやめようかと思った頃、娘がパンパンに物がはい
    たコメリとコーナンの袋を持って帰
    ってきた。

    593 :殿堂 2019/12/02(月) 10:59:09 ID:YQg
    距離梨の義姉に疲弊して、離婚した時の修羅場。
    義姉はアラフォーの独身。大学時代から30過ぎまで付き合ってた男性.がいて
    その人と結婚するつもりで待ってたんだけど、(仕事で独り立ちできるまで待ってと言われていたらしい)
    10年も待たされた挙句に20代前半の女の子とデキ婚してしまった。
    以来男性.不信で結婚はしないと宣言していた。
    義姉自身がそれで自分の人生のことを考えているのなら何も文句はないんだが
    どういうワケか、私の人生を自分が得るはずだった結婚生活に重ねてしまってるような振る舞いになった。
    なかなか子供に恵まれなかった私たち夫婦が、結婚して3年目に漸く妊娠した時から
    義姉の様子が徐々におかしくなっていった。
    私よりも夫よりも双方両親よりも喜んで私の周りをうろうろしていた。
    私は農家の嫁で義父母とは同じ敷地に家を建てて住んでたんだが、義姉は実家暮らし。
    昼間は双方玄関の鍵は締めていなくて自由に行き来している。
    自由に行き来・・・と言っても、互いに節度は守ってて好き勝手に出入りしてるわけではなかった。
    でも義姉は「私ちゃんが心配で」とか言って、気が付くと後に立ってたりしてホラーだった。
    夫や義母が「用もないのにウロチョロしない!」と言ってくれたけど暖簾に腕押し。
    お腹が大きくなってくると、義姉の仕事が休みの日には一日中うちに入り浸り
    それでノイローゼのようになってしまって実家に帰らせてもらった。
    私の実家は車で20分ぐらいの所だし、里帰り出産の予定はなかったんだが
    とにかく義姉から離れたくて。
    でもその私の実家にも土日の度に顔をだし、平日には電話を掛けてくる。
    うちの親もちょっとあれは病気なんじゃないかって言いだして
    夫から義父母に相談してもらったんだ。

    733 :殿堂 2016/01/23(土) 21:49:35 ID:gxT
    自分の人生をむちゃくちゃにされた。

    大学生のときから付き合っていた年下の彼氏と結婚という話になった時、彼氏は婿養子として来ることになりました。
    旦那が24歳、私が26歳の時です。
    私は地方の農家の一人娘で、彼も同じ県内の別の地方の農家の子供で次男でした。
    農家なので、そんな彼と私の実家の利害は一致したらしく、(本人は嫌だったらしいですが)婿養子として私の家に来ること、行くことに歓迎されていました。
    それに彼は大学で農業のことも勉強していたので、両方の実家からは何も反対はされませんでした。
    私は自分のしたい仕事をしていましたし、彼も会社に勤めながら兼業という形で、私の実家の農業を手伝う事になりました。
    しかし、結婚して一ヶ月後に突然辞令が出て、非隣接県に単身赴任することになりました。私にべったりだった夫は最初残念がったのですが、連れていくことも出来なかったので、連絡するからと赴任先に行きました。
    赴任先は忙しく、旦那に言ったようにはなかなか連絡を取ることは出来ませんでした。だいたい一ヶ月に1度2度くらいだったと思います。しかし、いくら連絡しても旦那は家にいませんでした。
    携帯に連絡しても電波が悪いので全く繋がらなかったですし、家にはいつ電話しても、
    「(夜ならば)もう寝てしまった」「(土日祝など休みの日なら)会社から呼び出しがあったみたい」「(Wi-Fiを家につけて欲しいといえば)そんな難しいことわからない」
    と両親に言われて、旦那の声を聞けることはほぼ無かったです。
    いつ電話しても、家にいないので浮気でもしてるのかな?と思い、興信所に調査を頼みました。頼んだのは実家が農作業で忙しくならない時期だったので、
    頼んだ時(忙しくない時期)と農作業で忙しい頃の2回を頼んで一括で報告してもらう事にしました。
    報告の結果は、浮気の様子は全くないとのことで、
    「平日は真っ直ぐ家に帰っている。休日は、自分の家や近隣の農家の手伝いを朝から夜までしている。繁忙期は農作業に勤しんでいる。」
    ということでした。
    報告自体は一安心だったのですが、写真の旦那があまりにも痩せているように見えたので、何とか時間を作って、1度実家に黙って帰ることにしました。

    564 :殿堂 2017/09/26(火) 22:52:33 ID:ahA
    ウトメにしてやられたので書き込ませて

    半月くらい前に農家のウトメが新米をくれたのね。
    その時はまだお米残ってたからお礼言ってお菓子渡して~だけだったんだけど
    今日お米なくなったから米びつに移そうと思って開けたら
    封筒が入ってた!
    開けたら中身20万くらいの現金。
    慌てて義実家に電話して「何かお間違えじゃないですか」って聞いたらトメさんが
    「うちで同居してた時に毎月お金を入れてくれたでしょう。返すわ」って。
    同居させて貰ってた頃、家賃や光熱費が浮いてるぶんと食費くらいは払わせて欲しいって
    旦那と共に言ったんだけど、トメさんが受け取ってくれなかった。
    「2人の貯蓄に回したらええやん。(私)ちゃんが家事してくれるで充分助かってるわ」って。
    それが原因で喧嘩した事もあるくらい。
    仕方ないからウトさんに
    「ウトさんのお小遣いにしてトメさんに何かプレゼントでもあげて下さい」って理由こじつけて渡してたの、
    最初からトメさんにも筒抜けだったって。
    「驚いたー? アッハッハ! あんたらが経済的に困るような事があったら渡そうと思ってたけど
    2人とも仕事上手く行ってるようやし、機会を待ってたら私らの寿命が尽きかねんでさっさと返すことにしたわ!
    びっくり箱ならぬびっくり米や!」
    めっちゃ笑ってた。
    あと「私らはなんかあっても困らんだけの貯蓄あるから返そうなんて思わないように!」だって。

    このお金、手をつけられない……。
    週末にウトメが好きな鯛めし作りに行くわ。

    733 :殿堂 2016/01/23(土) 21:49:35 ID:gxT
    自分の人生をむちゃくちゃにされた。

    大学生のときから付き合っていた年下の彼氏と結婚という話になった時、彼氏は婿養子として来ることになりました。
    旦那が24歳、私が26歳の時です。
    私は地方の農家の一人娘で、彼も同じ県内の別の地方の農家の子供で次男でした。
    農家なので、そんな彼と私の実家の利害は一致したらしく、(本人は嫌だったらしいですが)婿養子として私の家に来ること、行くことに歓迎されていました。
    それに彼は大学で農業のことも勉強していたので、両方の実家からは何も反対はされませんでした。
    私は自分のしたい仕事をしていましたし、彼も会社に勤めながら兼業という形で、私の実家の農業を手伝う事になりました。
    しかし、結婚して一ヶ月後に突然辞令が出て、非隣接県に単身赴任することになりました。私にべったりだった夫は最初残念がったのですが、連れていくことも出来なかったので、連絡するからと赴任先に行きました。
    赴任先は忙しく、旦那に言ったようにはなかなか連絡を取ることは出来ませんでした。だいたい一ヶ月に1度2度くらいだったと思います。しかし、いくら連絡しても旦那は家にいませんでした。
    携帯に連絡しても電波が悪いので全く繋がらなかったですし、家にはいつ電話しても、
    「(夜ならば)もう寝てしまった」「(土日祝など休みの日なら)会社から呼び出しがあったみたい」「(Wi-Fiを家につけて欲しいといえば)そんな難しいことわからない」
    と両親に言われて、旦那の声を聞けることはほぼ無かったです。
    いつ電話しても、家にいないので浮気でもしてるのかな?と思い、興信所に調査を頼みました。頼んだのは実家が農作業で忙しくならない時期だったので、
    頼んだ時(忙しくない時期)と農作業で忙しい頃の2回を頼んで一括で報告してもらう事にしました。
    報告の結果は、浮気の様子は全くないとのことで、
    「平日は真っ直ぐ家に帰っている。休日は、自分の家や近隣の農家の手伝いを朝から夜までしている。繁忙期は農作業に勤しんでいる。」
    ということでした。
    報告自体は一安心だったのですが、写真の旦那があまりにも痩せているように見えたので、何とか時間を作って、1度実家に黙って帰ることにしました。

    このページのトップヘ