認知

    278 :殿堂 2020/10/01(木) 14:38:18 ID:2O.rk.L1
    dvや認知の歪みってこうやって
    起こるのかなと思った話。

    うどんが嫌い。
    会社の近くにうどん屋があり、現実的にその前を通らないとその方向には行けない。
    その度に頭のなかで「嫌だなー」「無くなればいいのに」とか穏便なレベルで嫌悪していたのが、今では「うどんなんて金払って食うもんじゃないのに」と脳内で毒づきながら通る。
    ※家で作れるから、じゃなくて食べ物として許容できないから。

    自分は普段「カネ」払って「食う」、なんて言わない。
    そしてついに今朝「こんな事を思わせる、いつもの自分では言わない汚い言葉を吐かせるこの店が悪い」にまで昇華した。

    その店で何かあったわけでも、ネットスラングで言うところの「お前はうどんに家族でも杀殳されたのか」でもないので、誹謗中傷とか物理的な打ち壊しをしようとかは思わないし、流石にしないだろうけど、毎日毎日見てるだけでこう思うようになるのかと愕然とした。

    239 :殿堂 2020/06/25(木) 04:29:37 ID:9n.97.L1
    姑の介護用品が届き、担当のケアワーカーさんと話をしていた
    介護に積極的な夫を褒める褒める
    私は、どんどん介護に対してやる気をなくしてしまった
    子が親の面倒を見るのは当たり前だと思う。ましてや我が家には手のかかる4歳児に送り迎えが必要な学生含め3人子供もいる。介護にはなかなか手が回らない事も多くてやり切れない気持ちで聞いていた
    ケアワーカーさんは、きっと純粋に褒めていただけ。けど、姑は認知なので言動に気をつけながら日々相手をするだけでもかなり精神力削られてるのに夫ばかり褒められると嫁は頑張って当たり前か?って黒い物が心にもやもやと…
    役割分担を決めてやってる介護なんで、私だって頑張ってるんだけどなぁ
    はぁ。ここで愚痴れて少しスッキリしました。ありがとうございます

    773 :殿堂 2013/05/31(金) 16:24:21 0
    旦那と結婚するときにコトメ(姉)は、シンママだと聞いていた。
    相手とは結婚する予定だったけど子供を妊娠中に不慮の事故で亡くなったので
    シンママになったと。
    コトメは子供と一緒に義実家に住んでいた。コトメの仕事は出張の多い仕事で
    いつもコトメ子を義実家に預けていたけど、義母が病気になって
    入退院を何度かするようになり、コトメ子の預かり先に困るようになった。
    気の毒な話だしコトメ子はとてもしつけのいい子だったので、コトメが仕事だと言って
    家を空けるときは、コトメ子預かって面倒見ていた。
    ある日コトメが出張だと言っていないときに、私の出先でコトメと男性を見かけた。
    手を組んで親密そうにぴったり密着しているから、普段男の影も無いコトメなので
    下種根性で後をつけた。二人は立派な一軒家に入って行った。
    表札はコトメのつまり義実家の苗字。
    とてもびっくりしてつい昔とった杵柄で、聞き込みをしてしまった。
    近所の皆さんはコトメを奥さんと言った。旦那さんは外国を回る仕事をしていて
    月に数回しか帰った来ないみたいだけど、仲のいいご夫婦ですよね。と言っていた。
    子供は居ないと。
    その当時コトメ子はほぼ我が家で育てているも同然だけど、生活費は貰ってなかった。
    その上義母の容態もよくなかったので、病院関連もすべて私に丸投げ。
    義実家に残っている義父のためにそろそろ同居したらとコトメに言われていた。
    そしたらコトメ子も行ったり来たりしなくてもいいからって。
    コトメ自身はそうしたらもっと仕事入れられるから、私は居ないものとしてくれていいよって
    も言われた。

    963 :殿堂 2010/10/05(火) 22:42:56 ID:nZJWpwoY
    解決済みを投下。

     夫の遠方にいる身内に不幸があり、2・3日留守にしていたんだけど、
    その夫の留守中に、夫の子どもを妊娠した!離婚汁認知汁慰謝料よこせ!
    とギャルっぽい女(A)とその兄と名乗る一見DQ?チンピラ風?な男が
    エコー写真を持って凸してきた。

     しかし妊娠したと思われる時期が時期的にありえなかったので、一蹴。
    とっとと帰れ警察呼ぶぞこらあああああ!!!と、大声で威嚇しながら携帯出したら
    思いっきりつきとばされ、兄妹玄関先においてあった宅配便の荷物奪って逃走。

    声が聞こえたのか、ご近所さんが来てくれて、通報してくれて兄妹タイーホ。

    このページのトップヘ