自業自得

    805 :殿堂 2009/03/25(水) 01:13:45 ID:vgnZETs9
    50キロ制限道路を90キロ近く出してた友人Aに速度違反を指摘したら
    「いけないってわかってるけど流れに合わせないのはKY」
    「交通の流れを妨げる方がやばい」「速度守ってトロトロ走るとかありえないだろjk」
    と言って減速もせず交通の流れにあわせて速度違反をし続けていた
    同乗者として命の危険を感じるのでせめて55ぐらいに落としてくれと頼んでも
    「事故の遭遇率なんてそんな高くないから大丈夫」と笑っていた
    おまえが大丈夫でもこっちが大丈夫じゃねーよと言ったが
    運転手であるAも、同乗者B(友人)も平気だといってきかなかった
    それどころか速度守れよとか言っちゃってるこちらの方がアホみたく言われた
    「偽善者乙www」だの「優等生気取りpgr」だの言いたい放題された
    そんなこともあってFOを決意し、Aの運転する車に乗らなくなった

    暫くしてAの親から電話があった
    いつも通り、交通の流れにあわせて速度オーバーしていたAが
    交通事故を起こして人をタヒなせてしまったらしい
    同乗していたBは重態で意識不明
    で、それらは全て、速度を守って安全運転する俺がAの代わりに車を運転していなかったせいなので
    訴えますから責任とってください、ということだった
    斜め上どころか話の次元が違いすぎて目んたま飛び出て、その先は詳しくきかなかった
    その後Bの意識は戻ったが脊椎損傷が激しくて首から下が不自由になった
    で、やっぱりそれは速度を守って安全運転する俺がry

    他スレで制限・法定速度守るやつは交通の流れを乱すDQN
    というようなレスを鼻息荒くしているやつがいたので思い出した昔の話
    FOしておいてよかったと心底思う

    261 :殿堂 2018/10/20(土) 19:05:47 ID:QkF
    子梨夫婦なのだが、夫は会社勤めをしていて私は基本専業主婦。
    基本専業主婦ってのは、実家が会社経営してて締め日や給料日などの忙しい日だけ
    月に数日だけ出勤しており、それ以外の日は在宅でメールのやり取りで見積書や報告書を作成している。
    傍目には普通に専業主婦として見えるだろう。
    聞かれれば話すけど、聞かれでもしない限り仕事のことは話さない。
    そして現在住んでるマンションの一室は私所有であり、同じマンション内に私所有の部屋があと2部屋ある。
    亡くなった祖父から相続したもので、その不労所得が年300万強。
    家賃がかからないぶん、外食や夫婦でのレジャーは夫が出すが基本生活費折半。
    それで何も問題なく20年以上やってきた。

    74 :殿堂 2009/03/13(金) 10:36:30 ID:U1LGs/9W
    トイレットペーパー繋がりで思い出しました。
    久し振りにあった姉から聞いた話だけど。

    同じ幼稚園に泥ママさんがいて、トイレットペーパーやら
    芳香剤やら石鹸やらの備品ををあちこちのお店から
    盗みまくって「節約ママなアテクシ賢いミャハ☆」で自慢してたんだって。
    でも、ある日ゴーストバスターズみたいなメカ背負って白い防護服に
    身を固めた業者が泥ママさんちにバンでやってきた。
    車体には目を回しているGやらネズミの絵が描いてある。
    泥ママさんがホームセンターや駅地下とか公園とか所構わず
    根こそぎ盗んできたトイレットペーパーの芯や包み紙についていた
    Gとかチョ/ンバエ?や得体の知れない蛾の卵が大量孵化したらしい。
    家の中は駅地下や公園に比べて適温だし、湿度も食べ物もあるからね。

    40 :殿堂 2019/08/11(日) 14:52:51 0.net
    義兄嫁は給食センターの調理員
    義弟嫁がそれに対して
    「高給取りで休みがいっぱい、税金の無駄遣いって言われてますよ」
    と冗談ぽく言った
    「今は民間委託だし調理員は時給のパートよ~
    いつの時代の話してるの~義弟嫁さん、若く見えるけど実は私より年上なの?」
    とケラケラ笑いながら返事をしたので
    周囲にいた人たち(義両親、義兄、夫、義弟、私)もつられて笑った
    義弟嫁だけが般若顔だった

    543 :殿堂 2013/01/08(火) 17:09:06 0
    結婚して四年経ってもこどもができず悩んでいた時期に
    義姉から突然の呼び出しがあって一対一で会うことになった
    開口一番「作らないの?できないの?できないなら原因は?性.病?中絶?お祓いついていってあげようか?こどもいない夫婦なんて変よ」
    欲しいのにできないと義実家には言っていたのにこの言い草に
    頭真っ白になって気づいたら自宅のリビングで泣いてた
    相手も悪いと思うけどいきなり帰ったこちらも失礼だったと思い
    すいませんでしたと電話したら
    「こっちは本気で心配してるんだからしっかりしてください
    お祓い○日でいいかしら」と返ってきたので旦那に話して距離をおくことにした
    それからしばらく経ち義姉も結婚五年目を迎えたけどこどもが欲しいけどできないと聞いたので
    呼び出して「作らないの?以下略」をそっくりそのまま言ってやった
    なんてこと言うの!!恥を知りなさいと言われたので
    こっちは本気で心配してるんですよ!!お義姉さんこそしっかりしてください
    こどもいない夫婦なんておかしいですよ
    と言ってやった
    あっちはもう自分の言ったこと覚えてないみたいだったけどすごくスッキリした

    684 :修羅場まとめの殿堂~離婚・復讐・不倫・浮気まとめ~ 2013/01/08(火) 10:10:49 0
    去年のクリスマスイブに実弟が彼女のたっての希望ということで結婚式を挙げた。
    家の両親はクリスマスイブがどうとかより年末はみんなの迷惑だから
    年明けか十二月なら最初の方がいいんじゃないかと提案したが
    「今から嫁いびりですか。孫に会いたかったら私の意見を優先してください。」と
    言い切った。でき婚ではありません。
    弟嫁の両親も12/24で文句なしと言うので、挙げることになって招待状を出したら
    私達の思った通り新婦側の欠席が多くて大慌てで昔の同級生とか幼馴染とか
    縁が切れたような人にまで招待状を出しまくったそうだ。
    それでも足りず勤め先の課の同僚全員招待状渡したけど、最初に渡された人と
    あまりに時間差があったので、人数合わせがばればれで後から招待状を渡された人は
    断られた。受け付けとスピーチは来てくれる友人ががやってくれることになったが
    余興をやってくれる人がいなくて、結局実母が入ってるコーラスサークルのおば様方が
    アカペラで歌ってくれることになった。そこそこお上手でした。

    それで友人席の不足は、実母の方が兄弟が多くて従兄弟・従姉妹が多いので
    従姉妹達を新婦の友人席に座ってもらうことにしてやっと空席が埋まった。
    従姉妹達の結婚式には弟は出てないので、ご祝儀なしで交通費着付け代持ちの条件で
    着てもらうことに。結局新婦の席は新婦親戚と数人の友達と一人の同僚と一人の上司以外
    うちの従姉妹達ということに。

    254 :殿堂 2016/03/02(水) 13:13:52 ID:w6G
    10年以上昔の話。
    当時付き合っていた彼女がDQN車(当時はVIP車と言っていた)にはまったのが原因で冷めたことがあった。
    彼女は、4歳下で彼女18~24まで付き合っていた。
    彼女が運転免許を取ってから、デートでドライブ行くにも車の車種を当てるゲームをし始めた。
    その時はこっちが運転しているのもあるが、車なんて動けばそれで十分だったので、そのゲームに参加しなかった。
    彼女はそれに飽き足らず、自分で車を購入するといいだした。その車というのがDQN車だった。
    彼女は運転が下手なのを斜め上の発想で、運転していても回りが近づかないような車ということでDQN車が欲しいという発想に行きついたらしい。
    「そんな車でもガードレールや電柱は逃げない」
    ということを懇切丁寧に説明しても、キーキー喚いて話を聞かない。
    そのうえ、こちらが紹介した就職先も勝手にやめて、夜の水商売をするようになった。
    そのころから「100万なんてすぐにできる」っていうようになった。
    でも実際はそんな大金すぐにできるはずもなく、お金で泣きつくようになった。
    「小遣いためて車買うから。でも遊びにも行きたいからお小遣いちょうだい」
    それまでデートもこちら持ちで、そのうえ小遣いをあげていた。
    それを棚に上げての発言だった。
    急速に頭の中の血の気が引いて、それが冷めるということだと気付いた。
    彼女とは別れたが、彼女は念願のDQN車を買って自慢していたが、すぐに事故ったそうです。タヒんではいないが、一生残る障/害持ちになった。
    案の定、電柱にぶつかって…

    この間の梅田の暴走で思い出したのでカキコ。

    436 :修羅場まとめの殿堂~離婚・復讐・不倫・浮気まとめ~ 2014/06/04(水) 12:32:48 ID:???
    自業自得なのに八つ当たりしてくる奴の神経が分からん

    先日、同僚と昼食にラーメンを食べに行った
    そのお店は紙エプロンが用意されていたのでありがたく使ったのだけど
    同僚は「紙エプロンとかダッサwww」とか言って使わなかった
    俺は紙エプロン有り+注意しながら食べたのでシャツへのスープ付着はなかったのだけど
    同僚は紙エプロン無し+気持ちのよいすすりっぷりで見事にシャツへスープ付着
    食べた後に同僚シャツの汚れに気付き教えると「うわっ!最悪!今日合コンやとに!」と怒り心頭のご様子
    「あはは、そりゃ大変だね~w」と返し、ここまでなら和やかなやりとりなんだろうけどそれからが酷かった

    同僚「紙エプロンしとけば汚れんかったとに何で教えてくれんかったと!?」
    俺「いやいやw教えるも何も紙エプロンダッサとか言ってたしwww」
    同僚「ダサくてもシャツ汚さんためならするし!!!」
    俺「知らんしwてか、何のための紙エプロンか見たら分かるやろwww」
    同僚「は!?それこそ知らんし!どこにも説明書いとらんやった!」
    俺「書いてなくても自分で判断出来るやろwww」
    同僚「あーもう、マジムカツク!今日の合コンで(シャツのことで)笑われたら○○(俺)のせいやけんな!」
    俺「知・ら・ん・しwww面白いな△△(同僚)www」

    その後もぶつぶつと不機嫌そうにしてた
    汚れっていっても明るいところで気にして見ない限り分からんと思う
    合コンだって間接照明でオシャンティな所で飲むんだろうし←偏見
    しかしそんな小さなことで腹を立てる同僚は合コン楽しめたんだろうか

    301 :殿堂 2011/10/24(月) 14:40:04 O
    独居のトメが亡くなったあと空き家になった義実家に、義弟夫婦がどうしても住みたいという。
    義実家は築40年のボロッボロな狭小住宅。
    しかも低床雑居ビルに挟まれた間口の狭い細長いくの字敷地。
    売って山分してもたいした金額にならない、夫にとっては正直面倒臭いからイラネな土地だ。
    夫は義弟が住みたいと言い出した時に、
    義弟が独身で義実家にいた15年前とは違い、家の基礎や水回りをやられてるので大修理するか建て直さないと危険な事。
    都心部ではあるけど地価はどん底で値上がりする見込みがとうぶん無い事、パーキングや事務所として土地を貸そうにも変形土地で需要が無い事。生活圏の商店や病院学校などがドーナツ化で撤退しかなり暮らしにくい事など、オススメし難い面倒な状況を細か~く説明した。
    義弟嫁は「こんな街中に一戸建てが持てるなら、我慢は覚悟してます」
    「将来再開発の計画があると聞いてますし、この校区はレベルが高くて理想的な教育環境」と譲らなかった。
    義弟は「兄貴はいつもマイナス要素を並べて自分を否定する」「
    自分がこの家を欲しいんだろ、だいたい昔から金に汚いんだよ」と斜め上暴言を吐いた。
    金に汚いとまで言われカチンときた夫が
    「ならお前が言うように俺は守銭奴だから、寄与分としてトメの代わりに払ってた固定資産税の半分を要求してもいいんだぞ」と言ったら、
    二人でジャンピング土下座の勢いで「言葉の綾で悪気は無かったです」って、二人とも露骨に分かりやすい性.格で見ていてオモロかったw
    その後夫は義弟に何も要求せず遺産分割協議書に判子を押し、三年たった今に至る。
    義実家を解体し新居を建てたのはよいけど、幼児を抱えて生活するには不便な環境で、しかも幼稚園保育園激戦区。
    義弟子二人を高額な無認可保育に預けて、夫婦で働けど働けど手出しばかりで住宅ローンに追われてるようだ。
    先日トメの三回忌で久しぶりに義弟嫁に会ったら別人みたいにやつれてた。
    差し歯が抜けて歯茎まで割れて、どこのお婆さんかと思った。
    「こんなはずじゃ無かった」と愚痴ってきた。
    「だーかーら、言ったじゃないですかー(棒」と言ってしまったが、後悔はして無い。

    245 :殿堂 2018/11/19(月) 11:13:08 0.net
    義両親と同居中
    今我が家には義父がゴルフコンペでもらった炭酸水メーカーがある(未開封)
    昨日遊びに来た義弟嫁がそれを見て
    「なんなんですかこれw意識高い系ですかwwバカみたい」
    と私に向かって言ってきた
    「うちでは誰も使わないから(義弟家に)譲ろうと思ったけどバカみたいならいらないね」
    と義父がひっこめたら義兄嫁涙目
    バーヤバーヤ

    このページのトップヘ