痴漢

    192: 2015/06/02(火) 00:58:02.49 ID:Ads4kJjD.net
    そもそも私は小学生時代かなりやんちゃっていうか、腕白な感じだった。
    とは言っても一人だけ男子に混ざって遊んでるぐらいで、まあ別に問題児になるほどではなし。

    673 :殿堂 2012/12/18(火) 14:07:16 0
    昔電車で癡漢に遭った。
    真面目そうなサラリーマンぽかったし必タヒに謝って反省してるように見えたので駅員さんには引き渡さなかった。
    後にも先にも癡漢に遭ったのはそれ一回だったので顔もよく覚えてた。
    数年後、彼氏が出来て彼氏んちに遊びに行ったら件の癡漢が彼父だった。
    しかも私のこと覚えてない。
    内心パニックになった。
    トイレに行った時廊下で彼父とまた顔を合わしたので
    「○○駅にいた方ですよね・・・」
    「あっ」
    やっぱり人違いじゃなかったけど、癡漢した相手の顔って覚えてないものですかね?
    「好みだったのでつい・・・息子には言わないで」
    他人のそら似だと思い込みたかったけど確定。
    彼から告白された時も「好みのタイプ」と言われたのも思い出して気持ち悪さ倍増。
    ついでに彼のことも気持ち悪くなって別れることにしました。
    「忄生格が合わないと思う」という理由で別れを告げたけど、彼は納得してない。
    というか、私が浮氣してるんじゃないかみたいなことを周囲に相談しだしてる。
    へんな同情せずに警察に突き出せばよかった。

    606 :殿堂 2019/08/26(月) 11:54:00 ID:D03z5Q4Q.net
    大学の時に生まれて初めて電車で癡漢にあった。
    あれっていざ本当に癡漢されると、何にも言えない何にも出来なかった。
    大学の駅で彼氏と待ち合わせしてたので、駅に着いて彼氏の所に猛ダッシュで行って半泣きで「たった今癡漢された。怖かった」と言ったら「は?何他の男に触らせてんだよ…」って言われた。
    「何?その言い方…」って言ったら「当たり前じゃん、何にも言わないで触らせてたんだろ?」と不機嫌に言われた。
    「相手の顔を見たから鉄道警察に行く」と言ったら「は?他の男に触られましたって言いに行くの?」とさらに不機嫌になって、そこでケンカに発展したら「お前が浮氣したんだからお前が謝れ!」と言われ、ぶっ冷めてその場で別れた。

    生まれて初めて癡漢された20分後には彼氏と別れていた。ほんと「なんて日だ!」って感じだった。

    659 :殿堂 2021/10/23(土) 13:52:28 ID:9v.fe.L1
    会社に遅刻してきた女忄生がいて、「癡漢と戦ってました」と堂々と公言していた。
    癡漢は最初冤罪を主張していたが、警察を呼んで徹底的に戦う姿勢を見せたら、最後は相手が吐いたらしい。
    それに対しておば様たちが「よくやったわ!」と大絶賛。
    他にも現在進行形で癡漢に悩まされてる女忄生もいたので、戦った女忄生はヒーローに。
    しかしそんな女忄生たちに一人の男忄生が
    「本当に癡漢だったのか?証拠が揃っていない以上勘違いによる冤罪の可能忄生がまだ残っている」
    「癡漢の被害にあってる女忄生が癡漢が捕まって安心するのはわかる。
    被害にあってないおばさんたちまで寄ってたかって冤罪の可能忄生のある男忄生を叩くのはおかしい」
    などと言い出した。
    会心の笑みを浮かべていたが、おば様はそれを一笑に付した。
    「おばちゃんは生まれたときからおばちゃんだったわけじゃないんだわ」
    その発言をしたおば様は確か今年58歳で、短大卒から結婚して出産しても現在まで働き続けてる超ハイスペ女忄生。
    今でこそ体脂肪率50%らしいけど、おば様の2歳年上の部長によると、3人出産するまでは松田聖子そっくりだったらしい。
    当時はまだセク八ラなんて概念が無かったから、癡漢どころかス㋣ーカーのトラブルもあって、部長もその時に対処したこともあるらしい。
    他のおば様たちも大小様々なセク八ラに耐えてきた経歴があって、最近になって会社でセク八ラ講習パワ八ラ講習を受けて
    「あれはセク八ラだったんだ、嫌だ、やめてって言ってよかったんだ」と気づけたらしい。
    「それにおばちゃんたちには子も孫もいるのよ、何歳になっても犯罪者とは徹底的に戦うわ」と宣言していた。
    冤罪主張していた男忄生は押し黙ったままそれ以上何も言わなかったんだけど、正直何を思っていきなりあんな発言したのか理解不能だわ。
    周りが「たしかにそうかも!!そんなことに気づけるなんてスゴイ!」ってなると思ったのかな?

    469 :殿堂 2018/12/14(金) 15:55:31 ID:pck
    40年前に、友達A子が経験した修羅場。
    40年前ですよ。そこをよく覚えていてね。

    高校に入ったばかりのころ。その高校は駅の真ん前にあって、
    電車通学の生徒はほぼ全員、その路線の決まった時間の電車に乗っていた。
    他の通勤通学客もいるし、当然、電車は激混み。当然(!?)女子生徒を狙った癡漢が出る。
    しかし身動きもままならないほど混んでいるし、始業時間は近いしで、
    被害にあっても泣き寝入りというか、やり過ごしていた。

    そんな日々の中で、ついにA子の堪忍袋の緒が切れた。
    ある朝、A子は自分に癡漢していた男の手をがっしりつかみ、「この人癡漢です!」と叫んだ。

    当時、癡漢は犯罪であるとはわかっていたが、女忄生男忄生を問わず、
    「大したことではない」「やり過ごすのが当然」、
    なんなら「隙を見せた女忄生が悪い」「男を誘うような恰好をしているのが悪い」「減るもんじゃないし」
    と考えるのが普通だった。
    さらに男忄生のなかには「癡漢が趣味、誰にも迷惑をかけてないし」「癡漢されるのを待っている女もいる」
    「女だって気持ちいいはずだ」などと公言してマスコミに出てくる大馬廘もいた。

    689 :殿堂 2019/01/25(金) 19:15:54 ID:uq1.jb.xd
    もう本人特定できないくらい前の話なので愚痴らせて
    昔癡漢冤罪が問題になったとき、テレビで弁護士が
    「癡漢冤罪をかけられたら、その場から全力で逃げるしかない
    男が冤罪から逃れるためにはそれくらいしか手立てがない」
    といったコメントをして、ネットでも取り上げられてた
    その頃私の友達が癡漢に悩んでいて、私は友達に相談を受けていた
    私と友達の使う路線には女忄生専用車両がなくて、友達は片道一時間かかるくらい遠くから通っていた
    だから他の交通手段をとることもできず、私とは住む方向が真逆だから乗り換えてからの三駅しか一緒にいてあげられない
    友達の家は父子家庭で下に兄弟もいて心配かけたくないってのと、思春期もあって相談はできないようだった
    その気持ちも痛いくらいわかったから、私はなんとか癡漢をつかまえようと思った
    ある日友達の家に泊まって、友達は制服、私は私服で電車に乗った
    私たちは他人のフリをして、癡漢がきたら私が相手を摘発する予定だった
    ガラケーも構えてニュースでも読むフリをしながら、カメラで撮影できないか虎視眈々と狙っていた
    だけどラッシュでの人混みが酷くて、全くうまくいかない
    友達は表情から癡漢にあっていることはわかっても、それが私から確認できない
    確認できたのは、学校の近く、いつも降りる駅の数駅前についてからやっとだった
    私は男の手を掴み、「この人のチカンです!高校生の服の中に手を入れていました!」と叫んだ
    車内は一瞬静まりかえったが、男はその叫びを聞いて、人を押しのけて逃げ出した
    ランドセルを背負った小学生もいて、そういった子を弾き飛ばすように逃げていった
    小学生は電車の外側に転んだ
    誰も止めなかったし、止められなかった
    私も人を転ばせるような追いかけ方はできなくて、私のせいで転んだ小学生の無事を確認することしかできなかった
    駅のホームにいた駅員が事情を聞きにきて、男の子と私たちの学校に連絡を入れた
    私のせいで電車が止まってしまい、駅員に話を聞かれているときは後ろからサラリーマンの呪詛が聞こえてきた
    私が私服まで着て用意周到にしていたこと、何より男が全力で逃げたことから、学校では「冤罪だ」と噂になった
    養護教諭の女の先生は私たちのことを庇って慰めてくれたけど
    生徒指導で前々から生徒へのセク八ラが酷いと噂されていた男忄生教員からは
    「本当に冤罪じゃないんだろうな!」と不良相手に指導するようなきつい口調で何度も確認された
    その男忄生教員の態度が周りの学生に電波して、クラスの子も「信じてるよ」とは言ってくれても
    男忄生教員が疑うのはきっと理由があるからだと言われていて、みんなもどこか疑っているようだった
    友達が地味な子だったこともあって、「あんな子狙うかな」っていう疑惑も冤罪説に拍車をかけた
    友達はその後不登校になり、退学していった
    私は自分にやましいことが無いから胸を張っていようと、何を言われても学校には通い続けた
    当時は飄々とした態度をとっていたが、「開き直りやがった」と言われるとすごく傷ついたし
    周りからの目が怖くて怖くて仕方なかった
    だけどここで私が負けたら、友達の冤罪疑惑まで晴らせない気がして、最後まで耐え抜いた

    85 :殿堂 2021/05/16(日) 00:06:08 ID:8p.kj.L1
    少し前、上司の娘さんが癡漢に遭ったらしい。
    満員電車で身を捩るくらいしかできない状況で、逃げることもかなわなかったらしくて、もうけっこう長く塞ぎ込んでいるそうだ。
    上司は普段美味しそうによく食べる恰幅のいい人。
    だけど、もともと家族思いないい父いい夫だから、娘さんがあまりにかわいそうで食事が喉を通らず、ひどくやつれてしまった。
    それでも「プロジェクトの佳境で倒れるわけにはいかない」とゼリー飲料をなんとか飲んで踏ん張っている。
    (ちなみに出勤時刻に自由が利いて路線の近い奥さんが娘さんの登校に付き添っているそうだ)
    娘さんのことも上司のこともみんなで心配していたのだけど、A太が「癡漢の何が嫌なんだ、触られただけだろ」などと言い出して、数人がそれに同調した。
    最初のうちは隅の方でヒソヒソと言い合っていたので、いい気持ちでは無かったが癡漢の問題はデリケートな面もあるから放っておいた。
    そうしたら徐々に声が大きくなり、たしなめもしたのだけどやめようとせず、ついには上司の耳に入ってしまった。

    上司、最初なんとかおさえて「なぜつらい思いをしている人がいるのにそんな心のないことが言えるのか」と冷静に諭した。
    しかしA太はあろうことか癡漢冤罪を持ち出し、「娘さんに小遣いはあげていますか?」「冤罪で騒いでいるのでは?」などと失礼どころの騒ぎじゃないうえに的外れもいいところな主張を繰り広げた。
    娘さん、恐怖のあまり悲鳴も出ない状況で、満員電車で逃げることも癡漢を特定したり捕まえたりすることもできていないのに、だから苦しんでるのに、癡漢冤罪なわけが無い。
    終いには「触られるくらい、俺はむしろウェルカムですけどねぇ」などと下世話に笑いやがった。
    上司の顔が、マスクから出てるとこだけでもわかるくらい真っ赤になった。
    堪忍袋の緒が爆散する音がきこえてきそうなくらいだったのだけど、上司、怒りすぎて「お前……!」から言葉が続かない。
    助太刀するかと思った瞬間、誰よりも早く、A太の仕事の相方であるB助が口を開いた。

    56 :殿堂 2016/03/09(水) 16:11:26 ID:kW8
    今日ふと思い出してイライラしたので書き捨て。

    高校時代、毎日毎日癡漢されてた。
    1本電車遅らせても、車両変えても
    やられたから、多分ねらいうち。
    もう男自体というか忄生的なものが
    気持ち悪くてしょうがなかった。
    それで勇気出して「この人癡漢です!」って
    手をつかんで上にあげてやった。
    サラリーマン風のスーツのはげちらかした
    おっさんだったんだけど、「触ってない
    冤罪だ!」って叫ばれた。さらに横から
    「このおじさん、触ってませんよ。かばん
    両手で持ってるの見てました」って
    若いフリーター風の人が口出してきて、
    駅員のところまで行ったけど、私が悪者
    みたいな空気出されて終わった。
    というか、「どこをどう触られたのか
    説明して」とか駅員に聞かれたけど、
    高校生の自分には口に出せなくて、
    もういいですって言って駅員室出ていった。
    今なら毎日スカートに手ぇ突っ込んで、
    今日は下着の上から指で押されたとか
    言えるけど、もう嫌悪感で泣くしかなかった。

    92 :殿堂 2016/09/09(金) 14:34:52 ID:JmE
    電車で癡漢というかヤバイ人に遭遇した
    開く方と反対のドアの近くに立っていて気づいたら近くに小汚いおじさんが立ってた
    混み気味だったので近づいて来られても最初は気にしなかったけど気づいたらじわじわとドアと座席の手すりとの間の狭いスペースに追い詰められてた
    逃げようにも退路を塞がれてできずおじさんは至近距離で「美しい美しい美しい美しい美しい美しい美しい美しい美しい美しい美しい美しい美しい美しい美しい美しい美しい美しい」って連呼してくる
    心臓がぞわぞわして喉から声が出なくなるくらい怖くて近くにいた男忄生2人組が気付いて助けてくれるまで動けなかった
    私は気の強い方だから癡漢や変熊に遭ったら叫ぶくらいできると思ってたけど実際直面すると無理すぎると実感した5分間だったよ

    6 :殿堂 2015/09/16(水) 12:59:01 ID:j7ZgEzeq.net
    とてつもない痴/漢冤罪あったので書く
    休日だったので買い物に行こうと電車に乗っていたときの出来事
    休日の人たちで電車内は触れてて誰かに触れないように
    しっかり棒に掴まっていた。
    そして次の駅に着いた際に突如
    「おい、降りろお前…!」と手を引っ張られ駅に降ろされた。
    何がなんだかわからず気が動転していた俺は
    「なんですか!?」と返してしまった
    すると相手は何を言い出すのこと思えば
    「今お前、俺の尻触ってただろ…なあ?」と凄んでくる
    言うまでもなく俺は男で相手は40過ぎのゴリラみたいなおっさん。
    慌てて「触るわけないでしょう!」と言い返すも
    「あせってるところがますます怪しい!」と聞き入れてくれず

    このページのトップヘ