田舎

    621 :殿堂 2015/05/20(水) 20:40:50 ID:tHG
    小学校高学年の時、悪戯された。
    ひとつ年上の近所のお兄さんで、今でも悪戯されている間眺め続けてた体育館の用具室の天井を覚えている。性.的に知識がなかった頃だけど、自分が理不尽な被害に遭っているのだけはさすがにわかった。

    田舎の哀しさで、そのあとも中学高校とずっと一緒。悪戯はたった一回だけだったけど、
    その時に着ていたお気に入りのワンピースは二度と着られなくなった。
    おなじ格好をしたらまた餌食に遭うような、あいつが勝手にOKだと勘違いする
    んじゃないか、そう考えると怖くてタンスの抽斗の奥に仕舞いこんだ。
    一度だけ、母になぜワンピースを着ないのか聞かれたけど、
    なんて受け答えしたのか覚えていない。

    687 :殿堂 2009/09/18(金) 09:44:02 ID:+Cbcjdor0
    先祖が地主だったせいか、田舎の実家には蔵がある。
    古い物をいろいろ放り込んでいるので、夏休みに遊びに言ったりしてた時は
    「危ないから蔵の中には入るなよ?」と爺さん達から口うるさく言われてきた。

    その爺さんがタヒんで、遺品整理という事で蔵を掃除する事になった。
    俺も掃除を手伝うために初めて中に入ったが、確かに子供が遊ぶには
    危険なところだった。なにせ、いろんな物を無造作に積み上げているので
    ちょっとした衝撃で崩れ落ちてきそうだったからだ。
    そんなわけで慎重に荷物を外へ運び出しつつ、掃除を開始。
    そんな折、俺は小さな箱を見つけた。筆で「開封厳禁」と書いてある。
    黄ばんではいるが、ちゃんと紙で封印されている。
    箱の浦には爺さんの名前が書いてあった。…という事は遺品だ。
    何が入っているんだろうと思い、紙を破って開けてみた。

    干からびた親指と中指が綿の上に並んで入ってた。

    俺はしばらく絶句した後、あわてて箱を閉めて他の荷物の中に紛れ込ませた。
    誰にも言わず、その荷物と共に蔵の奥の方へと仕舞い込んで、遺品整理は終了した。
    10年前の話。婆さんもタヒんで、今は伯父夫婦が実家に移り住んでるが
    蔵はまだある。

    349 :殿堂 2015/06/07(日) 09:13:37 ID:Q2D
    スレチでしたらすみません
    吐き出しで書き込み

    久しぶりに恋人と会い東京の某所のかっぱ寿司に行ったときのこと
    田舎住みで近所に寿司屋がない自分は小さい子みたいにルンルンだった
    アボカドサーモン頼んで食べたらアボカドからメロンの味が…
    もしかしたら自分だけそう感じたのかなと思って恋人に食べてもらったら恋人も「メロンの味がする」と
    メニューにもメロンがあったけどまさか同じ包丁で切るはずないだろう…と思ったけど、自分はメロンが本当に苦手で我慢してもさすがに食べれないと思い店員さんに「アボカドからメロンの味がするのですが…」と伝えたら新しいものと変えてくれた
    でも、変えてくれたアボカドサーモンのアボカドから舌を刺激するような酸っぱい感じ(酢やレモンとは違う酸味)でアボカドの味がしなかったけど、また店員さんに言ったらこいつまたかようぜーみたいに思われるのが嫌で我慢して食べた
    恋人も「アボカド大丈夫?美味しい?」と聞いてきたので「美味しいよ」と嘘をついて必タヒで食べてた

    もうアボカドサーモン怖くて食べれない

    199 :殿堂 2011/10/07(金) 15:42:19 0
    従兄弟は田舎の落ちぶれた旧家の跡取り。妹は早くに嫁にでした。
    父親はDVもある典型的勘違い親父で数年前に愛人の上で腹上タヒした。
    母親は病弱で家で寝たり起きたりで、家業ができないので従兄弟が一人で
    頑張っていた。

    従兄弟はまあいまどきの女性.に嫌われる容姿で、ずんぐりむっくりで
    顔はビートたけしもどき。大人しくて、もくもくと家業に励んでいた。
    親戚中が心配して見合いをさせるけど、どうにもまとまらない。
    三十回はしたんじゃないかと、うちの父親が言っていたがすべて断られた
    ようだ。

    あんまり断られるので従兄弟も嫌になったのか、見合いをやめて三十後半になった。
    ずっと入退院を繰り返していた母親がどうしても孫を見たいと言いだして
    また見合いをすることになったけど、普通のお嬢さんじゃうんと言ってくれまいと
    遠縁の都会で不倫をして、不倫の子を身ごもって故郷に帰ってきて子供をおろして
    実家に住んでいる遠縁の女性.に親が言い含めて見合いさせ、やっと結婚する事に
    なった。

    259 :殿堂 2014/07/03(木) 11:41:57 ID:sBaLgoeoX
    小中とオレをこってりいじめてくれたAが嫁を連れてUターン転職で戻ってきた
    オレんちはクソど田舎でガソリンスタンドを営んでいる
    ガソリンの給油もするが、冬は灯油の宅配もする
    こっちは雪国なんてエアコンやコタツだけではしのげない 灯油最強の地

    冬になって案の定Aから灯油の注文の電話が来た
    しかもまだオレをなめくさって値切ってきやがる
    オレは「値切るようなお客さまはウチではお客さまとみなしません、お断りさせていただきます」
    とガチャ切り
    すぐに発狂電話が折り返しかかってきたが「クレーマーの対応はいたしません」とまたガチャ切り
    ウチの親父は電話が嫌いで電話番はほぼ100%オレなのでAからの電話はすべてクレーマー扱いで切った

    ちなみにクソど田舎なので、大き目のガソリンスタンドはウチしかない
    つまりA家を宅配地域に入れているスタンドはウチのみ
    何度目かの電話で隣町のスタンドの番号を一方的に唱えておいた
    宅配地域外だから断られたか割増料金をとられたかどっちかだろうがそこまでは知らない

    とにかく冬の間中オレはAの灯油注文を受けなかった
    アパートだしエアコンついてるから寒さは厳しいだろうが凍タヒすることはないだろう
    嫁さんには悪いが

    さすがに陰険な仕返しだと自分でも思ったのでこのことは誰にも言わずにおいた
    まあAが言いふらしたかもしれんがオレからは言わなかった
    そして先週、Aが春になってすぐ離婚されたことを知った
    もともとAはモラハラ気質で(昔からそうだったが)20代で結婚し今30代になった嫁さんに対し
    もう羊水腐ってるだの産廃だの普段からいろいろ言ってたらしい。ちなみにAと嫁は同い年

    そこへ灯油の件が決定打となって
    「生活必需品も売ってもらえないなんて、地元でいったい何やらかしてきたんだ」と
    怖気をふるった嫁さん、雪がとけてすぐ実家へ逃亡、そのまま離婚になったそうだ

    嫁さんまで巻き込んでDQNだったと思っていたが結果的に嫁さんを救えたらしいので
    胸のつかえがおりた
    ほっとしたので書き込んでみた

    455 :殿堂 2018/12/17(月) 00:16:51 ID:HSbO0qNN.net
    幼馴染の女の子が世話焼きで、何度もその子に助けてもらった
    気がついたらその子に初恋をしてた
    その子は中2で中3のチャラ男先輩の子供を妊娠した
    先輩と肉体関係を持っていたこと、それを自分が知らなかったこともショックだったが
    それを俺に相談という名の可哀想な私アピールをしてきて冷めた
    親に打ち明けて堕胎するしかないだろうと説得しても聞く耳持たなくて冷めた
    自己中な言い訳をしながら泣く顔がブタにしか見えなくて冷めた
    「アンタなんかにはわかんないよ!」と捨て台詞を吐いて立ち去り、完全に冷めた

    結局堕胎し、その子は中卒になって疎遠になった
    チャラ男先輩は俺が高2の時にバイクで事故ってタヒんだ
    成人式で地元に帰ってきたら、その子が実家の前で待ち構えていた
    親同士の繋がりで、俺が帰ってくるのを聞き出したということだった
    馴れ馴れしく身体に触られた時、冷めるの通り越して嫌悪感があることに初めて気が付いた
    成人式の日、その子は着物を着て見た目だけは立派になっていたが、何とも思えない事にびっくりした
    打ち上げの同窓会では俺の隣に陣取り、俺にしきりにお酌しようとしてきた
    周りの同級生はいいぞそのままくっつけと煽ってきた
    次第に気分が悪くなってきて、途中でトイレと嘘ついて抜け出して、そのまま社会人で一個上の彼女に迎えにきてもらった
    帰路に助手席で、彼女におごってもらった缶ビールを飲みながら、どうしてこうなったんだろうと愚痴を吐いた
    底辺には底辺の世界があって、それに関わるのが間違ってると彼女はバッサリ切り捨てた
    それから大学を卒業して彼女と結婚して、今まで三度同窓会の誘いが来たが全て不参加にしている
    そんな治安の悪い田舎で育った俺の思い出話

    387 :殿堂 2015/03/18(水) 17:46:27 ID:I6x
    中学時代、遠くの県から引っ越してきた同級生Aがいた。
    俺はAとあまり交流は無かったのだが、Aが医者を目指していて、県内一の進学校もしくは他県のもっとレベルの高い学校への進学を希望しているということは知っていた。
    ただ、田舎の、正直学力が高いとは言えない中学だったから、それを実現するためには相当の努力が必要だった。
    いつ頃だったかは記憶が定かではないが、受験前、志望校について担任とAが話してる場に遭遇したことがある。
    ちょうど話終え、担任がAにあきらめるなと言って肩をぽんと叩いているところだった。

    それからAは何かに取り憑かれたように勉強を続け、県内一の進学校に合格した。
    当時はその学校への合格者が数年前に一人出たきりだったため、学校中がお祭り騒ぎになった。
    担任を始め何人ものクラスメイトが祝福の言葉を口にする中、Aの表情は晴れなかった。
    そして、突然、Aが乱暴に机を殴り立ち上がった。
    「皆して散々人をバカにして、笑いながら諦めろって言っておいて、ふざけるな!」
    わけがわからなかった。
    皆、Aの事を応援していて、誰も諦めろなんて言っていなかったのに。
    半ば半狂乱になりながら暴れるAをどうにか制止し、よくよく話を聞いているうちに担任気がついた。
    方言の所為だと。
    地域が特定されそうだが、俺の地元では「~するなよ」を「~しなよ」と言う。
    極力他県から来たAと話す時は皆、標準語を使うようこころがけていたのだが、これを方言だと理解している奴は少なかった。
    普通、会話してるうちに気づきそうなものだが、Aはおそらく偶然にもその言い回しをされずにいたんだろう。
    で、誤解したまま、自分に諦めろと言った皆を見返す為に、それだけの為に猛勉強をしたとの事だった。

    誰も諦めろなんて言ってなかった。
    それを知った瞬間、Aは力なくその場にへたり込んだ。
    これ以上重苦しい空気に耐えきれなくなったのか、誰かが「そんな事で誤解してたのだったら、もっと早く打ち明けてくれたらよかったのに」と笑いながら言って、他の皆も自分達の言葉って変だったんだ、誤解させてごめんと、なるべく明るく振舞っていた。
    だが、それが火に油を注いでしまったんだろう。
    Aはそのまま教室を飛び出した。
    そして、その日から学校を休み、卒業式にも来なかった。
    成人式にも、その後何回か行われた同窓会にも姿を見せなかった。
    Aの話題はタブーのようになってしまい、その後Aがどうなってしまったのか、誰にも聞けないまま今に至る。

    336 :殿堂 2012/02/11(土) 00:36:00 ID:Aa3KhkBm
    とれたてホヤホヤの泥話です。
    野菜の値段が高騰している今日この頃ですが、我が家は家庭菜園で白菜や大根、コマツナ、じゃがいも
    その他いろいろな野菜根菜豆類を植えています。
    ここらあたりは冬は鮟鱇鍋が名物で、鍋にいれる野菜を育てたいというのがそもそもの始まり。
    以前はご近所にも配ったりいもほり会をやったりしていましたが、昨今は放射能を気にする人もいるので
    最近では自宅で消費するのみでした。
    しかし価格高騰の折から、近所の奥さんが我が家の菜園に侵入し、野菜を盗っていたことが発覚。
    なんでも白菜の間に虫がはさまっていたそうで、文句を言いに来ました。アホか。
    この奥さん、半年ほど前に引っ越して来ましたが、町会にも入らずひたすら無愛想に徹していて
    練馬ナンバーの紫色のエルグランドを乗り回すご一家。
    かかわり合いになりたくないタイプだと思っていたらやはりDQNでした。
    こんだけ野菜育ててるんだから1つぐらいいいでしょ!とか喚いていましたが誰が余所者にやるか。
    田舎をバカにする者は田舎に泣く、味わってもらおうじゃありませんか。
    子供同士の交流も禁止、連絡網も回らなくなり、回覧板も飛ばされています。
    田舎が嫌なら出ていけばいいんです。
    白菜ひとつでせっかくのマイホームでの暮らしが地獄のような生活になってお気の毒です。

    822 :殿堂 2015/02/07(土) 00:53:47 0.net
    うちは義弟夫婦が義実家同居なんだけど、義弟嫁が田舎の慣習を受け入れられなくて
    近所の人の要望を拒否したら村八分状態になったんだって
    若いんだからあれしろこれしろっていう、「そりゃ拒否するよ」って言いたくなるような事なんだけどね
    しかしこれでトメが
    「村八分になったんだから義弟夫婦はすぐ出て行くと思う。そうしたらまた年寄りだけに…(チラッチラッ」とやりだした
    旦那はまだ実際に義弟夫婦が出て行ったわけじゃなし、と呑気だったけど不安だった
    そのまま義弟夫婦が出て行くという話も一向にないので
    旦那が義実家に様子を見に行くと言い出し、私も先が見えない不安が嫌だったので一緒に行った
    ちょっと不謹慎だけど、ナマ村八分ってどんなのだろうと興味もあった
    しかし義実家近所でいきなり義弟子が数人の友達らしき子と仲良く遊んでるのを発見
    あれ?村八分って言っても子供はお咎めなしか、マナーのいい村八分だなあ、とちょっと感心したんだけど
    義実家に着いて義弟夫婦に話を聞いてお茶噴きそうになった
    村八分なんて時代錯誤なことに加担しているのはほとんどジジババの高齢者家庭で子供なんていない
    逆に子供がいるような若夫婦のいる家はくだらない田舎の風習についていけなくて村八分にされる側
    よって子供たちは人数的に 村八分にされている家の子>>>>>>>>>村八分している家の子 で
    子供のいる家が集まって何かイベントする時は「村八分している側」が「村八分されてる側」に
    「うちの子も入れてください」と頭を下げに来る状態なんだそうだ
    な、何じゃそりゃーーーーー!
    義弟にも話を聞くと
    「田舎の人はすぐ集まって呑むからねえ。それに誘われなくなって、僕は下戸だから助かったよー」
    「それに若いからっていう理由だけでこき使われることもなくなったし」
    と、快適な様子
    共用の農機具や用水路が使えないとかもあるらしいけど、会社勤めには関係ない
    トメが言うには、若い人がいる家がどんどん村八分になっていってるから
    力仕事とかをしてくれる村の労働力が足りない、早く「村八分を解いてください」と謝罪に来てくれないと困ると
    集落の有力者に言われたらしい
    ほんとに意味不明

    311 :殿堂 2015/08/15(土) 02:35:31 ID:0N7
    因果応報かわからないけどこちらに。
    このあたりはちょっと田舎なもんで、近所には同じ幼稚園に通う子供が多かった。
    その中に母親(Aさん)が17の時に産まれた子(A息子)がいた。
    Aさん妊娠結婚と同時に旦那の実家で同居。
    そんなAさんは自分で元ヤンと言うだけあって口が悪い悪いw
    でも口は悪いけど人の悪口は絶対に言わない。聞いたことない。
    同居してる姑と全力でぶつかるけど「ばーちゃん(姑)と私は口から産まれたんかっちゅーくらい口が減らんw」「ばーちゃん!夕飯は筑前煮にしてー、筑前煮はばーちゃんの方がうまいから!」ってな仲。
    姑さんも「まったく…若いから口が回るのも早いわ!」と言いながら息子家族を見守る感じ。
    私はそんなAさんやその家族が好きだったし、A息子もいつもニコニコしてるいい子だったから仲良くしてくれて感謝すらしてた。
    でもやはり若くして結婚出産に元ヤンという理由でAさんを避ける人はけっこういた。
    付き合うのやめなと言ってくる人すらいたし、Aさんは言わなかったけど、直接Aさんにあれこれ言ってくる人もいたみたい。
    子供が言葉を理解しだす前にと自分の言葉づかいを意識し始めたAさんがある時「息子が他の子と違う気がする」と言ってきた。
    「やたらと没頭しすぎる」「友達とうまく遊んでない!」「言葉や理解が遅い!」と。
    姑さんに相談すると「他人が言ってくれる「大丈夫」よりも母親が感じるほんの少しの違和感を信じろ」と言われ、電車で一時間近くかかる都心の病院に何度も足を運び、その結果は発達障/害。
    今みたいに各地域に発達支援のデイサービスなんてなかったから、毎週のように療育に通ってた。
    療育がない日は変わらずうちの子とも遊んでくれた。
    それを知った意地悪ママの悪子さんが「A息子くんは数字わかるの?うちはもう漢数字も読めるよ!あ、なんかごめ~ん」みたいな言い方。
    私が思わず「だから何なのさw何に対するごめんなのか意味不明ww」と言った記憶がある。
    AさんはそんなのスルーでA息子から得意分野である電車について真剣に学ぶw

    このページのトップヘ