田舎

    482 :殿堂 2015/07/17(金) 15:15:52 ID:cky
    ずーっと昔まとめサイトで見たエピソードの中に、
    「誰かのために金を使って、それがもったいないと感じなければ、そこには愛があるらしい。」って一文があって、
    (これを書くために検索してみたら、「うちの母ちゃんすごいぞ」ってタイトルでまとめられてた。)
    なんとなく記憶に残ったけど、普段はまったく意識せずに忘れてた。
    一時期付き合ってた彼氏が1円単位で割り勘する人で、
    他にも何かって言うと高い!勿体ない!を連呼する人だった。
    だけど私も、驕られるより割り勘の方が気楽で、だらしないよりは細かい人の方がいいと思っていて、
    趣味の話なんかは合って(元々趣味のサークルで知り合った)一緒にいて楽しかったので付き合いを続けてた。
    だけどある時、きっかけがなんだったのか覚えてないくらいくだらない事で大喧嘩して、
    別れる別れないって話しになった時、元彼が「お前に今まで幾ら使ったと思ってるんだ!
    別れるなら耳揃えて返せ!」って言い出された時に、はっきりとこの言葉を思い出した。
    「基本割り勘だったのに幾ら使ったもないじゃない」って反論したら、
    そもそも勿体なくてお金なんて使いたくなかった、だけどお前が俺に会いたい、
    どこそこ行きたいって言うから嫌だったけど仕方なく付き合ってやったって言われて、
    ああ私は愛されてなかったんだなと自覚した。
    元彼は約1年の付き合いで3~40万円使った感覚でいたけど、実際には10万円そこそこ。
    私は家計簿付けてたから、そのコピー見せながら話あったら、
    「あれ?ほんとにこんだけ?」って首傾げてた。
    こういう自分のやった事を過大評価して思いこむタイプの男と、10万で切れるなら安いもんだと思ってたら、
    「やっぱり別れたくない、どうしても別れるって言うなら慰謝料として100万用意しろ、
    それができないなら俺との交際を続けろ」って脋迫されて、
    私一人の手には負えなくなって家族に相談し、そこからちょっと大事になった。
    最終的に元彼は大学辞めて、迎えに来た両親に連れられて田舎に帰っていった。

    48 :殿堂 2018/08/08(水) 23:09:12 ID:VHUdfXVz0.net
    私は漁業が盛んな街育ちの田舎者で、大学進学と同時に東京に出た
    日常的に貝や魚を捌いていたので、そのノリで彼氏に
    「今夜は刺身だけど食べに来る?」とLINEで連絡すると、即答で「行く」との事
    そして新鮮な物を食べさせたいので、彼氏が来てから捌き始めたら
    「ううぇ・・・グロ・・・それ本当に食べるの?・・・やっぱ帰るわ」
    彼のために買った真鯛は干物になる事になりました

    30 :殿堂 2015/06/16(火) 10:19:06 ID:r56
    田舎住みで魚介好きの俺
    ある朝、仕事行く時野焼きの煙にエビ焼きっぽい香りを感じた
    その匂いにエビ食べたい欲が刺激されてランチは奮発して
    大好物だったエビフライを食べて大満足
    仕事を終えてこれまた大好物だったエビチリ購入して帰宅
    エビチリで白飯かっこんでるところに来客有り
    来客はおまわりさん、今朝あった事件について聞き込んでるとのこと
    ほーん、で?と内容を聞いてたら朝にうちの近所で杀殳人、遺体が焼かれてた、と
    はあはあ、大変でんな~、と話が進むうちに朝の野焼きと思ったのは
    その焼いてた煙と気づく、じゃああのエビっぽい香りは...
    と脳が理解した瞬間に無反動の無意識、直立不動のまま胃の中のものリバース
    おまわりさんにもちょっぴりゲロがかかって平謝り
    むしろその事情を聞くとおまわりさんが謝ってくれる謝罪合戦の始まり
    犯人はすぐ捕まったけどそれ以来エビとカニを胃が受け付けなくなりました
    見るだけだと、超うまそー!!って思うのに匂いを感じると
    一気に気持ち悪くなってしまう精神的トラウマを植えつけられたw

    1 :殿堂 2014/08/01(金) 08:55:29 ID:Y7k1SyUcO.net
    結婚10年目に気付いたけど遅すぎた。俺に見る目が無かったと言えば、それまでだが離婚も考えるけど情も有るし、どうしていいか分からん

    書き留め無いが聞いてくれ

    805 :殿堂 2021/02/04(木) 23:06:28 ID:nX.qq.L1
    親友だと思ってた女(A)に彼氏を盗られたことがある。
    彼とは普通に上手くいってて、チラホラと結婚話が出始めていた。
    彼との結婚を望んではいたんだが、彼の実家が遠方で
    (当時首都圏住みで、彼の実家は東北の山間部のフルーツ農家)
    彼は長男であることから、本人は帰る予定はないと言ってるが
    それで済むのかどうか・・・、農家が嫌とかではなく
    都会産まれの都会育ちの自分が、もし彼が帰ることになったら
    ちゃんとやっていけるのかって不安があった。
    それをAに相談していた。
    彼に相談しても「帰るつもりはないから」しか言わないから。
    Aは「さすがにきついと思うなぁ」って感じで
    「せいぜい北関東まで。それ以上北に行くのは私なら無理。
    恋愛と結婚は違うから、冷静に判断すべき」って言ってた。
    Aの言うことも分かるし、でも彼が好きだったから
    もし田舎に行くことになっても付いて行きたい気持ちもあった。
    だから悩んでた。
    そしたらある日突然彼がなんか余所余所しくなって
    そのうち電話しても出てくれなくなって、
    メールしても返事がこなくなって、
    どうしたんだろうどうしたんだろう・・・って不安で一杯になった。
    しばらくして、彼から「今晩空いてる?」って言われて
    久々のデートに喜んで出掛けていったら別れ話。
    理由を聞いたら「Aから聞いた。俺の実家を見下すような人と結婚できない」って。
    私、見下した覚えは全然なかった。
    でもどうやらAは私の不安を改変して、
    実家が田舎なのが嫌だ、農業なんて無理ってふうに伝えていた。

    779 :殿堂 2019/03/10(日) 21:31:26 ID:bD6M49No.net
    昨日、食べ放題に0歳と一歳の子を連れていったんだけど、大人と同じ料金だった
    下の子は離㲗食も食べてないから、この子もですか?って聞いたら、そうですって
    さすがに下の子はないんじゃないのかと、離㲗食の件を伝えたら、なら下の子はいいですって
    しぶしぶ無料にしてもらった
    クレーマーだったかな
    ホームページを見て、三歳以下無料ってなってたから、少食の上の子でもいいかなと思って連れてったけど、それはディナーだけだったらしい
    オーダー前に言われたし、嫌なら帰るべきだったんだけど、事情があってそこで食べるしかなかった
    料金も田舎で三千円だから安いわけでもないし、子どもは半額とかでもいいと思った
    これが子連れ様思考なのか

    117 :殿堂 2020/10/17(土) 10:30:58 ID:FDsdziwF.net
    脱走した犬が赤ちゃん銜えて戻ってきた修羅場。

    30年以上昔の田舎で起きた出来事。
    先に言ってしまうと、その赤ちゃんが私。
    私の地元では「土地」や「畑」の単位はすべて「山」。
    うちは農家で代々秋田犬を多頭飼いしていて、犬用に山の一角をフェンスで囲って運動場を作ってある。当時は老犬一頭含む四頭いた。
    元は雑木林と果樹畑だったところを潰したもので、都会のドックランと違って急斜面と凸凹な天然アスレチック仕様。人間が農業に励む間、犬たちはそこで走り回ったり、穴を掘ったりして自由に過ごしている。
    うちの犬は家族に対しては忠実(絶対守るマン)だけど、猪と喧嘩しても勝つようなコたちだから脱走させないよう日頃から対策しているし、逃げないよう犬の躾もしてある。
    老犬は当時12才。家のなかの階段で「上まで連れて行け」と家族を見上げるようになっていた。
    運動場で走り回る元気はなかったから、畑の周辺を五分くらいゆっくり散歩させるのが常だった。
    いつも軽トラに祖父と父と若い三頭、老犬と祖母、母がワゴンに乗る。
    その日は老人ホームで暮らす曾祖母が一時帰宅してきて、当時6才だった兄も一緒だった。
    車で山に向かう途中、曾祖母の膝に乗ってまったりしていた老犬がいきなり吠えはじめ、元ボスが吠えたことにつられたのか軽トラの荷台につながれた三頭まで吠えはじめたそうだ。今まで見たこともないほど興奮して手がつけられない状態になったらしい。
    犬たちは暴れたわけではなく、何かを必タヒに訴えていたそうだ。
    慌てて車二台を停車させて、犬を落ち着けようとした人間を振り切って、老犬が脱走。一目散に走って行った。
    父と祖父が青くなって追いかけたけど、老犬とは思えない速度であっという間に雑木林に消えて行った。
    残された三頭も興奮したままで、家族は「あいつ走れたのか」と呆然としていた。

    490 :殿堂 2011/04/14(木) 15:14:19 0
    んじゃ自分も伝聞修羅場。数十年前の話。

    実家の地方はど田舎で平和で、交通事故タヒ0人記録が1000日に届いただか届きそうだったか、ともかくそれくらい
    何もない平和な村だった。
    んだが、ある日、近所のおうちに、これはドラマか?現実か!?と思うぐらいのパトカーと救急車とお巡りさんと
    野次馬がやってきて騒然となった。
    まだ小さかった自分はよく解らなかったのだが、あとで親に聞いたところ

    ・村の唯一の交番にいるお巡りさん(若い)は、村出身で、結婚していて子供もいる
    ・毎日パトロールを欠かさず、熱心なお巡りさんとして評判もよかった
    ・ところが、いつの間にやら、一人暮らしの後家さんといい仲になり、パトロールと称しては昼間っから
     後家さんちに上がり込んで(ry
    ・奥さん、なんとなく怪しいと思い始め、旦那を尾行→後家さんの家にはいるのを目撃
    ・奥さんも乗り込んで修羅場
    ・田舎なんで、お風呂は薪で沸かすタイプ だもんで、裏庭には薪割り斧があった
    ・逆上した奥さんが薪割り斧を振り回して(ry

    タヒ者は出なかったらしいが、警察の不祥事&村始まって以来の大事件ってんで、かなーり大騒ぎになったそうな。

    85 :殿堂 2019/09/06(金) 15:28:17 ID:CU1
    私、先々月義母を見送ったよ。
    亡くなる前の日に「ありがとね。あんたが娘になって良かった。楽しかった」って言われた。
    私も義母さん、大好きだった。楽しかった。
    もっともっと一緒に旅行とかしたかった。
    義母の前には義祖母、その前には義祖父、その更に前には義曾祖母、
    みんな見送った。
    みんなみんないい人だった。
    義母だけは病気で亡くなったので、本当はもっと一緒にいれたのにと残念だけど
    最後に言ってくれた言葉で、義母が幸せだったのなら良かったと思うことにした。

    私、子供の頃から引っ込み思案で友達もいなかった。
    何か話しかけられても挙動不審みたいになって、上手く話せなくて。
    ひとりで黙々と何かを作るのが好きだったから短大の家政科に進んで
    その方面で手に職を付けて一人でも生きていけたら~って思ってた。
    自分の容姿にも自信がなかったから、異忄生を好きになることもなかった。
    はなから相手にされると思ってなかったし、
    そんなだから、結婚なんて出来ないと思ってたし。
    たぶん両親はそんな娘をどうにかこうにか結婚させるには
    若さが武器になるうちにとでも思ったんだろう。
    短大を出てすぐに見合い話をもってきた。
    相手は一回りも年上の専業農家の跡取り息子。
    車があれば不便ってことはないけど、すごい田舎で遠かったのが
    私にとっては逆に良かった。
    あまり学生時代の同級生に会いそうにない場所だったから。
    でも写真見たらどうせ断ってくるんだろうなって思ってたんだ。
    ところが、あれよあれよという間にお見合いの日取りが決まって
    会ってみたら、相手も大人しい人でモジモジしてて
    途中からふたりだけにされたけど、ふたりでモジモジ合戦みたいになった。
    そしたら急におかしくなったらしくて相手がプッて噴出して
    それに釣られて私も噴き出して、なんかお互い「こういうの苦手ですね」って言い合った。
    あ、なんかこの人と結婚決まるかもってその時思った。
    そしてそのまま半年後には式を挙げた。
    結納まで一ヶ月ぐらいしかなかったけど、全然嫌じゃなくて
    心地よく流された、って言う表現がぴったりくる感じ。
    不安とか全然なくて、これが“縁”と言うものなのかなと思った。

    67 :殿堂 2009/11/06(金) 16:26:06 0
    前提として私の出身地はド田舎で土地代がやすいのと昔の家をリフォームした家が多いのもあり
    家族1人に付き1部屋は当たり前、余剰の部屋が2~3部屋あるくらいが普通という土地
    どちらかというと貧乏の4人暮らしで近所からちょっと手狭だよね、といわれてた私実家も7LDKあり
    人数的に普通規模の母の実家(祖母と伯父家族の6人暮らし)は11LDKある
    ちなみに我が家が手狭だと言われてたのは各部屋平均8畳なかったからでよその家は一部屋10畳越えがデフォ

    私は長女、夫は3男で将来同居するとしても私父母と、という条件で結婚したのに
    クソウトメが嫁いびりをしすぎたせいで長男次男に逃げられ最近になって3男である夫に擦り寄ってきた。
    ないがしろにされて育った夫はまったくなびかないし、ちくちく嫌味を言われてる私が賛同するわけもないのに
    すでにウトメ脳内では私たち夫婦との同居が進んでいて、二世帯の間取りを持ってきたりうざいことこの上なかった
    そんななか、先日私父母が遊びに来ていた時にたまたまウトメがアポ無し凸してきて
    脳内お花畑同居プランを私父母に披露。曰くいつまでも狭いアパート暮らししてないで
    将来生まれてくる子供のことも考えて広々とした家でゆったり暮らしましょう、だそうだ。
    御宅にこんな家を建てる金はないだろうがうちの息子は自分達のためならこんな家すぐ建ててくれる、と
    鼻高々でウトメが見せた3LDK+4LDKの共用二世帯の間取りを見て、
    「こんな狭い家でゆったり暮らすとか言われても…」と素で失笑してくれました。
    自分の地元の感覚と世間一般の感覚にずれがあるのを承知してるし
    私自身は学生時代の一人暮らしのおかげで4畳半で暮らせといわれても平気なので
    今までウトメ提案の間取りにつっこむことはなかったのですが
    私父母が広々とした…?って心底困惑してるのを見てかなりすっきり。

    ちなみに私父母が我が家に来てたのは私地元で敷地内別居用新居を建てる計画の最終チェックのため。
    旦那の転勤希望が通って本当によかったわーww

    このページのトップヘ