方言

    803 :殿堂 2016/08/22(月) 00:50:56 ID:LOE
    出身地など若干フェイク有り
    年の離れた兄
    その兄の結婚相手、兄嫁の口調がとても凛々しい
    俺たちは標準語しか話せないけど、兄嫁は生まれも育ちも訛りが強く残る地方の人で、親は北の人と関西の人
    三種の方言を混ぜたような変な訛り方をしてると聞いた
    時々単語の発音などがおかしいそうだ
    いつも兄と家に来るときは標準語を心掛けているみたいなんだけど、無理に標準語にするせいでたまに喋り方がややカッコイイ
    「じい(俺と兄の祖父)、魚は味噌煮か姿焼きか何方がお好みか」
    時代劇で長老を呼ぶ感じ?呼び捨て感が無い
    「ポチ(飼い犬)は利口な犬だの」
    「次郎(俺)さん、出かけるが何かご入用か?ついでに用立ててこよう」
    「太郎(兄)、卓を片付ける、お前さん寝てるだろ、怠けは許さんぞ、手伝うのだ」
    兄が言うには方言だと訛りが強すぎて俺たちに伝わらないが、標準語とその発音を無理に意識するとうまく話せなくなるのでこうなるそうだ

    今年兄と兄嫁が帰ってきたとき、秀才な兄嫁に勉強を教えてもらいたくて夕食後に2人の部屋をたずねたんだけど
    兄嫁は兄と二人だけのときは普段のしゃべり方をしているらしく、部屋から宇宙語のような言葉が聞こえてきた
    テレビでたまに訛りすぎて何喋ってるか解らない人をネタにしているのがあるけど、まんまそんな感じ
    ノックして兄嫁に声をかけたら、「何っす?ちょち待つっす」と慌てて言葉を切り替えようとして変な日本語が飛び出していた
    その後何度か試し喋りし発音を標準語に戻し、「いかがした?」と返ってきた
    兄嫁にとって標準語で喋るってのは俺達が英語をうまく発音できないのと同じで、大変なんだということを理解した
    それにこうやって気を使ってくれてたんだなと改めて思って深く感謝した
    後日兄嫁に改めてお礼をしようと電話をしたら、兄嫁の母親が電話口に出た
    俺の言葉を聞いて兄嫁の母は俺に理解できるようにと標準語で喋ろうとしてくれてたんだけど、それでも俺にはさっぱりわからなくて困惑した
    兄が言うには兄嫁の母世代(4、50代)はそれでもまだ理解しやすいそうで、兄嫁の祖母世代になるともう何を言っているのか皆目見当がつかないらしい
    俺、標準語って当たり前に誰でも使えるものだと思ってたよ

    24 :殿堂 2019/12/05(木) 12:13:46 ID:FM.yr.L4
    何かする行動を「〇〇かた」するって言い方は方言なのかな?
    片付けする事を、片付けかたしよーとか、片しかたしよーとか
    物をまとめる事を、まとめかたしとくね、とか
    着替える事を、早く着替えかたしなきゃ!とか
    私のイメージだと、漢字は「方」
    まとめ方しとくね、着替え方見てあげて、などなど
    昔から使ってるからもう染み付いてしまってて、旦那にも付き合ってる頃から
    こういう言い方をしてきたから方言だと思ってほしいと言ってる
    言ってるんだけど、つい口をついてでてくる私の〇〇かたするという言い方に
    旦那がいちいち首傾げたり「??」みたいな疑問は飛ばして書き直したりしてくるのが嫌だ
    動詞は頭についてるし、文脈でわかることばかり
    大掃除の予定の話をしてて「じゃあ私は冷蔵庫の掃除とか片付けかたするね」
    みたいな流れなのに、かたづけかたって何?とでもいいたげな顔をする
    自分の中では話すときに収まりがいいし、自然と出てしまう
    でも聞く方はなんか嫌な感じがあるんだろうか
    わかってて首傾げられるの本当に嫌だ
    でも何度言っても旦那は???な雰囲気を出すこと止めない

    627 :修羅場まとめの殿堂~離婚・復讐・不倫・浮気まとめ~ 2009/04/13(月) 18:18:33 0
    弁当で思い出した新婚当時のDQ返し。

    夫と息子(夫連れ子)の3人で動物園に行こうと弁当を作ってたら
    トメがその弁当をのぞき込んで来て
    「コゲナ マムニャ ベントウ アバカンワー」と言われた。
    方言がさっぱり分からなかったので、
    「おまんじゅうは入ってませんよ。あつかんも。」と返したら黙ったんで
    気の毒なことをした、日曜だからいいかと思って、
    トメの前に朝食の代わりに日本酒の熱燗とまんじゅうを出したら
    一部始終を見てたダンナとウトが爆笑してた

    あれから10年、トメの方言がわかるようになった今でも、
    あんなことを言われたらいつでも饅頭入りの熱燗を出してやる用意はある。

    387 :殿堂 2015/03/18(水) 17:46:27 ID:I6x
    中学時代、遠くの県から引っ越してきた同級生Aがいた。
    俺はAとあまり交流は無かったのだが、Aが医者を目指していて、県内一の進学校もしくは他県のもっとレベルの高い学校への進学を希望しているということは知っていた。
    ただ、田舎の、正直学力が高いとは言えない中学だったから、それを実現するためには相当の努力が必要だった。
    いつ頃だったかは記憶が定かではないが、受験前、志望校について担任とAが話してる場に遭遇したことがある。
    ちょうど話終え、担任がAにあきらめるなと言って肩をぽんと叩いているところだった。

    それからAは何かに取り憑かれたように勉強を続け、県内一の進学校に合格した。
    当時はその学校への合格者が数年前に一人出たきりだったため、学校中がお祭り騒ぎになった。
    担任を始め何人ものクラスメイトが祝福の言葉を口にする中、Aの表情は晴れなかった。
    そして、突然、Aが乱暴に机を殴り立ち上がった。
    「皆して散々人をバカにして、笑いながら諦めろって言っておいて、ふざけるな!」
    わけがわからなかった。
    皆、Aの事を応援していて、誰も諦めろなんて言っていなかったのに。
    半ば半狂乱になりながら暴れるAをどうにか制止し、よくよく話を聞いているうちに担任気がついた。
    方言の所為だと。
    地域が特定されそうだが、俺の地元では「~するなよ」を「~しなよ」と言う。
    極力他県から来たAと話す時は皆、標準語を使うようこころがけていたのだが、これを方言だと理解している奴は少なかった。
    普通、会話してるうちに気づきそうなものだが、Aはおそらく偶然にもその言い回しをされずにいたんだろう。
    で、誤解したまま、自分に諦めろと言った皆を見返す為に、それだけの為に猛勉強をしたとの事だった。

    誰も諦めろなんて言ってなかった。
    それを知った瞬間、Aは力なくその場にへたり込んだ。
    これ以上重苦しい空気に耐えきれなくなったのか、誰かが「そんな事で誤解してたのだったら、もっと早く打ち明けてくれたらよかったのに」と笑いながら言って、他の皆も自分達の言葉って変だったんだ、誤解させてごめんと、なるべく明るく振舞っていた。
    だが、それが火に油を注いでしまったんだろう。
    Aはそのまま教室を飛び出した。
    そして、その日から学校を休み、卒業式にも来なかった。
    成人式にも、その後何回か行われた同窓会にも姿を見せなかった。
    Aの話題はタブーのようになってしまい、その後Aがどうなってしまったのか、誰にも聞けないまま今に至る。

    このページのトップヘ