新幹線

    162 :殿堂 2011/11/15(火) 15:36:51 ID:i6wAkGV9
    武勇伝、と言えるほどのもんじゃないけど、
    他に該当スレが考えつかなかったので。

    高校三年生の夏休み、前半でアルバイトして貯めたお金で、
    後半、福岡から神奈川に越してしまった友人に会いに行った。
    その帰りの新幹線で。

    席の隣には、朝丘雪路からケバさを削いで、さらに上品にした
    ような40代後半くらいの奥様が。
    小説を読んでいるようだったけれど、小説を持っている手が、
    ずっとぶるぶると震えている。

    確かに、新幹線車内は冷房効き過ぎで、冷蔵庫並に寒かった。
    ふと、荷物の中にかっこつけ用の無駄ジャケットが入っている
    のを思い出し、それを出して「よかったらこれを着てください。
    席も替わります。そちらの方が冷房が直接当たって寒いですし」
    と言って渡した。

    奥様はびっくりしていたけれど、素直に受け取って羽織ってくれ、
    席も私の窓側と替わった。
    そこへちょうど車内販売のワゴンが来たので、熱いお茶をふたつ
    買い、ひとつは奥様に「これ飲んだら暖まりますよ」と渡した。

    141 :修羅場まとめの殿堂~離婚・復讐・不倫・浮気まとめ~ 2017/03/26(日) 18:15:15 ID:KwH
    愚痴らせてください
    弟が結婚するんだけど顔合わせがGWにあって日程も場所も決まってから結婚の報告がきた。
    その日はバイト先が休出予定で無理って言ったけど来いって言われた。
    それならこっちにも予定聞いて欲しかった。思わず親になんでGWなの?って言っちゃったよ。
    しかも新幹線で行くと思われてたから飛行機で行くって言ったらなんで?って反応された。
    5時間も座ってられないよ勘弁してくれ。
    GWってそういう行事って避けたりしないものなのかな?こう思うのは私が非常識なのかな

    929 :殿堂 2015/04/12(日) 01:33:47 ID:f7b
    痴/漢を捕まえた時は色々と衝撃だった
    仕事で新幹線に乗って席に座ったら、なんか浮浪者っぽいおっさんがワンカップ片手に通り過ぎて行って
    何であんな感じの奴が新幹線に?と思ったけどあんま気にせず車内販売の人を探しに前の車両に行ったらさっきのおっさんが隣の席の女の人の太ももやら尻やらをベタベタ触っていてまず第一の衝撃

    大人しくて気の優しそうな女の人で、震えながら「やめて下さい…」と涙溜めて言っていたので堪らず
    「ちょ、おっさん何してんの?嫌がってんじゃん」とちょっと無理やり手を引き剥がして立たせた
    酔っ払ってる上に頭がちょっとイかれてるらしく会話は成り立たないし何を言ってるのか全く聞き取れない
    訳の分からんことをブツブツ言いながら逃げようとするのを抑えて周りの男(女の人の周り男しか居なかった)に「すみませんけど車掌呼んできて貰えませんか?」と頼んだが「いや…ちょっと…」と断られたり無視されたのが第二の衝撃

    結局、大分後ろの方にいた別の女の人が様子を感じ取り車掌を呼んできてくれて、おっさんは3人の車掌に囲まれ女の人には女性.の車掌が付き添い次の駅で降りて行った
    俺も降りなきゃならんのかなと思ったけど簡単に事情を話したら「そうですかありがとうございます、では後はこちらで処理致しますので」と放置されたのもちょっと衝撃
    女の人には何回も「ありがとうございました、ごめんなさい」と頭を下げられた、その時初めてちゃんと顔見たけどすごい美人では無いけど可愛くて電車男的展開を期待して名刺渡したけど連絡来なかった
    新幹線ではあんまりアレな奴見たこと無かったけど、やっぱどこにでも駄目なやつは居るんだな

    105 :殿堂 2014/08/24(日) 19:18:50 ID:DhzpufBK.net
    今まさに新幹線のグリーン席クレクレされたところだ
    あんまりびっくりくると声が出なくなるね
    「私は持病があって立ってると発作を起こして倒れるわよ!あなたのせいよ!」
    とまくしたてられて膝の上に荷物置かれた
    ずっと見ていた車内販売のお姉さんにはスルーされて泣きそうになりながら
    「私だって持病はありまぁす!」
    と訴えたら、斜め前にいた中年のサラリーマンが強く注意してくれて助かった

    131 :殿堂 2018/08/08(水) 19:09:06 ID:3EB9pZTe.net
    パックンフラワー

    その日、俺は休みだったので三島駅のホームで新幹線を撮影していた。

    で、たくさん撮って疲れたのでベンチに座り酒を飲んだ。

    こだまが定刻通り到着し、ドアが開く。
    高校生くらいの男の子が電車からかけ降りてきてベンチのちかくにある公衆電話に駆け込んだ。

    発車ベルが鳴り始め、ドアが閉まる。が、男の子はハッチが閉まりきる直前に指を挟む。

    チッ、ギリギリ指挟んだから乗り遅れずに済んだのかと見ていたら新幹線はそのまま発車。

    途中までは挟まれながら新幹線と伴走してたが途中で転んで引きずられていった。そしてホームの端から転落。

    野次馬根性.で見に行ったら頭部を

    915 :殿堂 2015/04/23(木) 18:11:06 ID:XXQl7zdu.net
    新幹線の2人掛けの席で通路側に座りふと見ると、たまたま隣の乗客が幼馴染み(男)だった。
    10年くらい会わなかったので久しぶりだね、と近況を話し合っていると通路挟んだ向こうから視線を感じる。
    振り向くときれいな女の人がこちらを見ていた。
    幼馴染み曰く「あれ彼女」彼女さんに「これ幼馴染み」と紹介された。
    通路挟んで「初めまして」と挨拶したが、その彼女さん目が笑ってない。
    かなり鈍い私でも明らかに怒っていると分かる。
    しかし幼馴染みは全く気づかないのか、
    「懐かしいな。お前変わってないな~。会えて嬉しいよ。そうだ。アドレス教えろ。今度みんなで会いたいし」
    とか言ってくる。
    指定席なのだが仕方ない、と「席変えない?通路挟むけど彼女さんと隣の方がいいでしょ」と言うと
    「大丈夫。別にいいよ」
    いや、彼女さんがものすごい睨んでるのが視界に入る。
    結局、目的地が同じなので彼女さんに延々睨まれながら、幼馴染みの会話に付き合ってました。
    駅降りたと同時に逃げたけど

    昨日、その幼馴染みより「束縛うるさいから別れた」メールが来たので書きます。
    アドレスしつこく聞かれたので教えたんです。
    「さっぱりしたから今度みんなで飲もう」とか来たけど、正直あの視線を思い出すとぞっとするから、彼とは飲みたくない

    110 :殿堂 2014/04/16(水) 20:34:17 ID:???
    怖くない方の衝撃体験w
    10年ぐらい前、帰省先の博多から名古屋の自宅に帰ってくる途中の新幹線車内での話。
    二人掛けの指定席の窓側に座ってた。
    乗車したときは通路側は空いてたんだけど、途中の広島から男の人が座ったので
    ちょっと落ち着かない感じだった。
    で岡山に到着した時、下車するお客さんの中に知り合いがいて
    知人「わー久しぶりー!どこ行くの?」私「これから名古屋に帰るのー」
    という短い会話を交わした。
    その後姫路城を見たところまでは覚えてるけど眠りこけてしまったらしい。
    しばらくして肩を誰かにトントントンと叩かれて
    隣の男の人が「あのー名古屋で降りるんじゃないんですか?」と。
    ビックリして一気に目が覚めたら名古屋駅に入る寸前ってところだった。
    慌てて隣の男性.に「有難うございます!」ってお礼を言ったら
    なんとその男性.が江頭2:50さんだった。
    更にビックリして「助かりました。ほんとにありがとうございます。応援してますっ!」って言ったら
    妖しい笑みを浮かべて「おっ・・・応援はしないでください・・・」と言われた。
    以来、大ファンです。

    32 :修羅場まとめの殿堂~離婚・復讐・不倫・浮気まとめ~ 2015/05/29(金) 22:28:48 ID:EPt79DTo.net
    今新幹線で起きた話


    窓際の指定席に座ってたら隣に子供座ってきた。
    母親とは別なのかと思いその場は無視した。

    次の駅でサラリーマンが来た。俺に向かって子供が座ってる席私が取ってるんですがと言われた。

    親と間違えられ親じゃないことを説明し子供に母親は何処にいる?とやんわり聞いたら前にいるとのとこ。子供とサラリーマンが母親に私が指定してる席だと説明。

    母親発狂し、子供がうんたらかんたら。

    サラリーマンが席を譲るから定価の3倍だせ。と要求。母親は出すわけなく更に発狂しこりゃダメだなと思ったら今まで穏便にしていたサラリーマンが激おこ。

    邪魔だどけ。キチ外消えろ。周りの迷惑考えろ。などなど

    駅員が来た頃には母親しょんぼり、サラリーマン激おこ。

    とりあえず一部始終見ていたので駅員に事情を説明。

    駅員は母親を連れてどっかいった。その後何もなかったかのように座っていたサラリーマンが怖かった。

    このページのトップヘ