恐怖

    514 :殿堂 2010/04/06(火) 20:54:39 ID:wj1soQ+s
    休日の昼間、人通りの少ない道を歩いてたら
    前方からえらくガタイの良い黒人男性.が歩いて来た。
    すれ違う瞬間ガシっと手を掴まれ「どこいくの?」と聞かれた。
    家に帰る所です。と答えると一緒に何処か行こうと言われ凄い力で手を引っ張られた。
    帰らなきゃならないからって言って手を振りほどこうとしても全く聞く耳持たない

    周りに誰かいないかと思って見回すと男の人が一人居たけど
    案の定見てみぬフリ。
    誰も頼れないし、力では絶対勝てない・・・どうしようと思って
    オロオロしてたら視界に病院の看板が!
    「私病気!病気!病院行く!」と凄く具合悪そうなフリをして叫んでみたw
    すると外人は「!?」って感じで急に手を離してくれた。
    「病気・・?」
    「うん、病気・・・病院行く」
    「バイバイ・・」
    「バイバイ」
    何故かこれで解放されたw今までの強引っぷりがウソみたいにw

    名前聞かれた時、焦って本名を名乗ってしまったのが今でも悔やまれる。
    常にもう一つの名前を用意しておくのも用心のうちだと思った

    357 :殿堂 2011/07/30(土) 15:41:02 0
    嫁の修羅場。

    小学校から帰ってきたら、知らない男が家にいた
    嫁は怖くて自分の部屋に隠れてた。
    帰ってきた両親は男にペコペコして、ごちそうを食べさせ、
    酒を注いだり、お世辞を言ったり、世話をしたりする。
    嫁も呼ばれて、男の世話をさせられた。

    そのまま男は家に居座り続けて、何日経っても帰らない。
    次第に男は嫁一家に暴力を振るいだしたり、
    物やお金を取り上げたりするようになったけど、両親は完全に言いなり。

    一ヶ月ぐらいしたら帰ったけど、その後も男が家に数週間から数ヶ月滞在したり、両親が呼び出し受けたりしてた。
    一家で旅行にいく時は必ず男がついてきてたし、
    男が買い物に行く時に嫁や両親がお金を払わされたり荷物持ちさせられたりもしてたそう。

    67 :殿堂 2009/02/11(水) 01:51:29 ID:UEmhtlzH
    数年前の話。友人の運転で出かけた帰り道の出来事。
    時間は深夜2時くらいだったと思う。

    民家が数軒しかなく街灯もないような
    狭くて暗い道をゆっくり走っていた。
    二人でたわいない話をしながら、ふと前方を見ると、
    道路の、センターラインの真ん中に
    人間らしきモノが顔を伏せて土下座みたいな格好でうずくまっていた。
    「う、ぅううぁああああ!!!」
    恐怖の余り二人して叫びながら車を停止させたが、
    その人間らしきモノは微動だにしない。
    最悪の状況を想像してすでに友人と自分は涙目になっていた。
    しかしとにかく車外に出て、
    何が起こっているのかを確かめようということになった。
    警察や救急車を呼ばなくてはと思ったから。

    恐る恐る近付くと、
    その人は若い女性.で、怪我をしてる様子もなく
    息も普通にしていた。
    友人「だ、大丈夫ですか・・・?」
    女性.「・・・・・」
    自分「どうしたんですか?!」
    女性.「・・・・・・轢き杀殳してくれればよかったのにいぃぃー!!!(絶叫)」
    友人&自分「!!!(恐怖で声も出ず)」

    友人と二人、底知れぬ恐怖で動けずにカクガク震えていると、
    その女性.はやおら立ち上がり、フラフラと蛇行しながら歩いて、
    路面裏に消えていった。
    友人と自分は速攻でその場を離れた。
    しばらくは夜の運転ができないくらいの衝撃的な体験でした。

    895 :殿堂 2017/07/12(水) 18:31:25 ID:E4aRRaAs0.net
    甘い奴らが多いな。俺の話を聞いてくれ。

    俺  自営(建設系)  550万
    腐れ 名前だけ役員  500万(節税のため)

    間男 会社員     600万ぐらい

    腐れ嫁は俺の会社の『名前だけ役員』実態は専業主婦。

    俺と腐れ嫁の給料はまとめて俺が管理し、生活費25万と別途嫁小遣い10万
    家賃なし・光熱費・通信費等はすべて会社の経費で落としている。

    要するに腐れ嫁は毎月35万を自由に管理している専業主婦。
    しかしそれが悪かった。

    659 :殿堂 2013/04/19(金) 16:56:12 ID:A5kfWcF40
    個人的には肝が冷えたんだが、客観的に聞いたら
    そうでもないと思うので、ここに書き込ませてくれ。

    三日前の夜中、八尺様関係の話をネットで漁ってたんだ。他の家族は皆寝てた。
    そしたらいきなり部屋もPCも真っ暗になった。
    不意打ちだったんで、一時思考停止でフリーズ。
    部屋開けたら八尺様がいるんじゃないか、
    とか思ったら怖くてブレーカーも確認しにいけない。

    625 :殿堂 2011/05/17(火) 17:22:49 ID:lOmnQ4H+O
    看護士の母から聞いた話。

    勤め先の小児科で、来た瞬間から待合室でずっと泣き叫び、
    医者が聴診器をあてるだけなのに暴れまくり、
    予防接種なんかになるとタヒにものぐるいで、それはもう杀殳されようとしてるかのような悲鳴をあげて暴れ、
    看護士二人がかりで押さえ付けないと何も出来ないくらい病院を怖がる、ある意味名物男児がいるらしい。
    母もたまに「今日○○君が来てね~もう大騒ぎよ!」とこぼしていた。

    しかし、こないだ軽い風邪でその○○君が来た時、
    待合室では涙をこらえ、ギュッと目をつぶって必タヒに恐怖に堪え、
    初めて暴れずに診察が終わった。

    母が○○君のお母さんに
    「今日は偉かったですねえ」
    と話しかけると、実はお母さんが妊娠していた。
    「お兄ちゃんになるんだ!って張り切って、最近はお手伝いもよくしてくれるし、
    今日頑張ったのも、まだ弟か妹かわからないけど、赤ちゃんの前でカッコつけたいみたいで」
    とお母さんは笑っていたらしい。

    いいお兄ちゃんになるだろうな、○○君。

    80 :殿堂 2014/03/24(月) 19:30:18 ID:7EaLKhS21
    大概どのバイトにも、仕事できて社員にもバイトにも親しまれてるバイトリーダーみたいな人いると思うんだけど
    俺が学生時代にしてたバイト先にもそういう人がいた
    名前はKさん
    Kさんは仕事できる、顔はイケメン、いい大学いってて、更に性.格も良くてほんとみんなに親しまれてた
    俺もバイトしてる時は何度も助けてもらったし、バイト以外でも色々お世話になったりしてKさんが大好きだった
    バイト先での飲み会や忘年会でもKさんは常にみんなの中心にいて、場を盛り上げてた
    飲みつぶれた奴の介抱や、熱くなって喧嘩しそうな奴らがいたら止めたりと面倒なことも率先してやってくれた
    Kさんは正にみんなの憧れだった

    そのバイト先には俺と同期のSって奴がいた
    Sと俺は同い年で同期ということもあって仲が良かった
    けど残念ながらSはあまり仕事ができるほうでは無く、よく社員に怒られていた
    そんなSだからしょっちゅうKさんに助けてもらってた
    勿論SもKさんのことが大好きで、よく三人でバイト後にラーメン食いにいったりしてた

    309 :殿堂 2009/03/17(火) 08:46:48 ID:PwpP4gS+
    泥未遂だったけど怖かったので厄落としに。

    先日図書館に行った時、
    全ての手荷物をロッカーに預けて自分は鍵だけを持って本を読んでいた。
    3人がけソファ(背もたれなし)の一番端に座っていたのだけれど、
    突然斜め後ろからにゅっと手が伸びてきて、
    横に置いておいた鍵を鷲掴みにして持って行こうとした。

    驚いてそっちを見ると、2歳くらいの子供を連れた女の人が本が大量に入ったカートを押しながら、
    鍵を手にすーっと歩き去ろうとする所だった。
    「あの、その鍵…」と言おうとすると遮るように「さっきこの鍵無くしたんです。私のです」と言う。
    あまりに自信満々なので、自分のは持ってたっけ?と慌ててポケットとかソファとか確認するけど、
    他に鍵は落ちてない。
    その女の人がそのまま鍵を持って行こうとするので、鍵のナンバープレートを見ると、私のロッカーナンバーだった。
    「これうちのロッカーの番号ですよ」と言うと「違いますよ」と即答され怯みそうになったけど、
    偶然その日はしっかり番号を覚えていたので(語呂が良かった)「いえ、絶対にうちのです」と言い返すと、
    すっと鍵から手を離し、今度は何も言わないままふら~っと歩いて行ってしまった。

    相手の態度に本当に自分のロッカーか不安になり、ロッカーに確かめに行ったけど確かに自分の物で安心したけど、
    女の人も子供も終始能面のように無表情で、しゃべり方も独特の抑揚の無さだったから、本当に怖かった。
    たったこれだけで心臓ドキドキしていたから、泥と戦える人は本当に偉大だ、としみじみ思ったw
    本当に鍵なくして困ってたのかも知れないけど、一言声掛けてから確認してくれればいいのに…。

    886 :殿堂 2013/06/07(金) 17:12:32 ID:KRucE57G
    新婚半年ぐらい経った頃のこと。
    その日、旦那は出張中で晩御飯を作らなくても良かったのと、
    前日なんだったか忘れたけどすごく疲れる行事があったので
    パジャマのまま、ベッドの上でゴロゴロして過ごしていた。
    するとピンポォォォ~ン♪とチャイムが鳴った。
    当時はシンプルなチャイムで、モニターみたいな豪華なもんはついてなかった。
    居留守を決め込み音を立てないように無視していたら
    またもやピンポォォォ~ン♪と鳴った。・・・でも無視。
    数秒経ってからまたピンポォォォ~ン♪と鳴ったので
    しつこいなーと思いながら、足音立てないように抜き足差し足で玄関に向かい
    ドアスコープから何処のどいつか見てやろうと静かに近づいたら
    突然ガチャガチャガチャと鍵を回す音が!
    いや音だけでなく、鍵がカチャっと回った。
    何が起こったのか分からなかった。
    頭が真っ白になって固まっていた。
    勢いよくドアが外側に開かれ、ドアチェーンが突っ張って
    ガッチャン!!と大きな音がした。
    それで我に返って悲鳴を上げた。
    同時に階段を駆け下りていく音が聞こえた。
    私は玄関にへたり込んでしまって、しばらく震えてた。
    どれぐらいそのままだったのか覚えてない。
    結構長いこと震えてたと思う。
    気が付いたら泣いてもいた。

    379 :殿堂 2016/10/30(日) 00:44:58 ID:e1y7YWqu.net
    仕事で夜中に呼び出しくらって疲れてフラフラになって明け方家に帰ると、リビングのソファで知らないババアが寝てた。
    ソファの前のローテーブルにはビールの缶が3本もあるし(私はアルコール飲めないからうちのじゃない)、テレビはつけっぱなし。
    意味わかんなすぎて自分ちじゃないかと思ったけどどう見てもうち。
    どう見ても知らないババア。
    叩き起して「お前は誰でなんでここにいる」と聞いたら「あらあら初めまして、あなたが(私)さんね?Aの母です。Aと住んでるお家なら私の家でもあるでしょう。」

    私は彼氏いないしもちろん誰とも同棲なんかしておらず一人暮らしだった。
    Aと言う名前は知っていて職場の部署も職業も違う1つ先輩だった。
    このAは飲み会で少し話してからやたら連絡してきて食事だの飲みだの誘ってくる人だった。
    Aは母親に私のことを結婚前提で付き合ってる彼女だといい、飲み会中に私のカバンから鍵とって合鍵作って元に戻していたらしい。
    (その時の飲み会の会場のビルの1階に合鍵屋があった)
    その合鍵を母親に彼女と住んでいる部屋の鍵だと見せた。
    母親が彼女を見てみたくて上記の思考回路で夜に家に訪れるも誰もおらず帰ってくるまで待とうと待っていてそのまま寝たらしい。

    警察呼ぶと言ってババアを追い出し、会社の上司に全て伝えAは本当に妄想こじらせておりクビではないけど仕事は辞めた。

    家に知らない人がいるなんてすごい衝撃的だった。

    このページのトップヘ