嫁いびり

    390 :殿堂 2006/09/23(土) 18:51:05
    義実家でトメ製メンチカツの夕飯を食べたら
    私のはご丁寧にも中身かまぼこだったよw
    配膳まできっちりやってハイドーゾと言ってきたから珍しいなと思ったら
    「お肉足りなくなって誰か一人はかまぼこフライよww」と。
    いかにも「さー誰が当りを食べるかな~?」的な言い方だったが

    「あ、それきっと間違いなく100%私のがかまぼこですよね。
    違ったらウトさんが今度お買いになる車の代金を払います。
    もし夫のがかまぼこだったら実家の駐車場の名義、トメさんに書き換えますよ。」

    夫ウトメ硬直、止められる前に
    「いただきます」って言ってメンチを一口。
    そして「あーやっぱり。ミエミエって言うか単純で分かりやすいというか…
    ご苦労様ですね、かまぼこフライをメンチと同じ大きさにしたんですか~。
    これなら言い訳できますもんね。お疲れ様です。」
    って言ってやったw
    「偶然よ!最初から誰に当たるか分からないって言ったじゃない」
    と、半泣きで言い張るトメに
    「偶然が多いですねーしょっちゅうですねー、
    オカアサマ強運の持ち主ですね。宝くじでも買えばいいんじゃないですか?」

    391 :殿堂 2011/03/03(木) 17:09:17 0
    私に罪をなすりつけるのが好きなトメ。
    自分でわざとコップを落としては
    「嫁子さんにはたかれたから落とした」
    嘘泣きしては
    「嫁子さんに意地悪言われた」

    夫も嫁姑問題として最初はあまりとりあわずなあなあにしてた。
    そのうち、やってもいない意地悪を
    「嫁子さんにされた」
    がどんどん酷くなってきた。
    「ちょっと嫁子さん・・・」
    とウトに注意を受けたが、
    「私してないのに・・・嘘だと思うなら隠れて見ててください」
    と言ってみた。

    ウトが有給とってこっそり隣にいるとは知らないトメ。
    花瓶を落として
    「これも嫁子さんがやったことにしようかしらねえ。あなたまたお父さん(ウトのこと)に怒られるわよ」
    とニヤニヤしながら言ってきた。
    ウトはショックを受けたようだった。
    でもショックのあまりトメに何も言ってないようだったので
    DQN返し決行。

    840 :殿堂 2009/06/02(火) 13:24:23 O
    私をいびるならまだしも、実母のこともネチネチといびっていたトメ。夫もウトも実父もその度に〆ていたが学習能力の欠如のためこりない。

    ある日、実母のバックにコーヒーをぶっかけ(中にも流し込んだ)、悪気なかった人を怒れないわよね~と発したんで、私がキレた。今までは実母のケアにまわりシカトに近い良い嫁。

    風呂掃除中に文句つけてきたトメに、振り返りただひたすらガン見&薄ら笑い。案の定、キレて押してきたのでこれ幸いに力を抜き、風呂場に倒れた。

    逃亡したトメに構わず、私は倒れたまま。冷えてく体にもまけず倒れてたらウトが私発見。「…お義母さんが…」と呟く私。

    「ちょっと貧血も併発しちゃって」で済ませ病院には行かず、たっぷりと〆られるトメを横になりながら鑑賞。その日のうちに絶縁決定。

    家族心配させちゃったあたりがドキュだよね…w

    33 :殿堂 2008/07/01(火) 00:41:30 0
    昨日、子供と七夕飾りを作っていたら隣町のトメが来た。
    「私も孫ちゃんとたんざく書こうかね」と子供の隣に座り、
    『嫁子の不細工が治りますように』
    『嫁子がまともな料理ができるように』
    『嫁子が親を敬う常識を身につけるように』
    等々、一枚書くごとにニヤニヤ見せ付けながら嫌味ばかり書いていた。
    子供の前で喧嘩したくないから昨日はスルーした。
    (子供が字が読めたらそうもいかないけど、
    子供は輪飾り作ってただけでまだひらがなも読めないし)

    で、今朝早く、隣町の町内で飾ってる、
    誰でもたんざくくくっていい笹飾りに全部つけてきた。
    隣町の井戸端会議の今日一番のネタはトメの嫁いびりらしい。

    965 :修羅場まとめの殿堂~離婚・復讐・不倫・浮気まとめ~ 2008/11/13(木) 13:00:50 0
    トメと義兄嫁へのDQN返しがあるんだけど、投下していい?

    118 :殿堂 2006/05/24(水) 09:22:29
    近距離別居のトメは、ウトや夫ですら呆れるほどのバカ。
    最近の趣味は嫁いびり、というよりも
    「鬼嫁にいびられ、でも息子夫婦の幸せの為に我慢するけなげな私」ごっこ。
    ウト夫にどれほど怒られようと、それを吹聴する事が生きがいだから止められない。
    むしろ例えば「嫁子が何したって言うんだ!」と怒られると
    その場ではごまかしつつ、ちょっと嬉しそう。
    そして近所に
    「嫁ちゃんはきっといい子なのよ、だって夫も息子もいい人だって褒めるから。
    きっと私の捉え方が悪いのね…」って感じ。
    「冷蔵庫の中の食材が無くなるけど、きっと腐る前にと思って持って行ってくれたのよ。
    出前にすれば私の仕事も減るしね」
    (トメは料理嫌い、持って行きたい食材なんてない)
    「孫のお祝いを渡したらその場で開いて少ないって言われちゃった。
    お祖母ちゃんなんだからもっと上げるべきだったわ。私は至らないから…」
    (初節句で貰ったのは30万、あまりの厚みにびびってこんなに頂けませんと言った)
    書いてるときりがないけど、
    それを言われた近所のババが伝書鳩で
    「トメさんがああいう人だから私が代わって言うわよ!!」
    とばかりに乗り込んでくる。
    このババがまた細木みたいなババで、こっちの話なんてなんも聞きゃしねー。
    旦那が怒ってこのババの家に文句を言いに行ったが
    後で「旦那さんは丸め込むの楽だったでしょ、優しくていい子だったからね」と言う始末。
    トメも細木を当てにしてやってる所があるんだけど、
    あんまりウザいので言われた事を全てやる事にした。

    243 :修羅場まとめの殿堂~離婚・復讐・不倫・浮気まとめ~ 2010/10/07(木) 17:14:25 0
    知り合いのお姉さんの話だけど。

     付き合っていた彼氏の家に遊びに行った時、まだ婚約もしていない段階から、
    「将来はうちに住んでね」
    「仕事はやめてね」
    「男の子産んでね」
    「母子家庭なんだってね。大変ねpgr」
    土産に持っていった、ホールのバームクーヘンを見て、
    「安物ね。個包装のものが高いのよ。けちったの??」
    と、かましたトメ・コトメズ。

    彼氏も「母さんも姉さんも妹も、口が悪いだけで、悪気はないんだ」
     その後も強制義実家参り続き、テンプレ一通りかまされる。(割愛)

     しかし、そのお姉さん転勤でその彼氏と遠距離になり、義実家のこともあって別れを切り出す。
    義実家に招集掛けられ、「あんたみたいなみなしごもらってやるって言ってるのにふじこふじこふじこ」
    「婚約破棄慰謝料よこせふじこふじこ」と大合唱。

     そんな中「お土産をどうぞ。」と渡したのが大量に買い占めたハッピーターンwwww
    「こんなもん土産に持ってくるなんて、やっぱり育ちがふじこふじこ」
    「だって、個包装のがいいんでしょ??○○のバームクーヘンより、個包装のハッピーターンがあんたらにはお似合い!!」

    と、トメたちが投げつけたハッピーターンをハッピーターンなだけに投げつけて帰ってきたらしい。


    545 :修羅場まとめの殿堂~離婚・復讐・不倫・浮気まとめ~ 2010/02/12(金) 13:24:41 0
    自分の不幸語りを利用したDQ返し。

    生焼けのハンバーグを出された。
    「いいんです。私の母は凍ったままの刺身を食べさせ、吐くと食事抜きにする人でした。それに比べたらお義母さんは優しい人です…」

    嫁子の分だけお寿司を取るのをうっかり忘れた。
    「いいんです。私の母は私の分だけ食事を出さない事がよくありました。慣れてます…」

    あんたが着なさいと、変色してシミだらけの服を持ってきた。
    「いいんです。私の母もそうやって私にボロを渡しました。でも、男の人がいるところで着替えろと言わないだけお義母さんは優しいです」

    できが悪いと罵られる。
    「母と同じ事をおっしゃるんですね…お義母さんも『氏ねばいい』と言って階段から蹴り落とすんですか?」

    私の物を捨てられた。
    「いいんです。お義母さんのなさることって私の母と同じ…私を本当の娘として扱ってくれてるんですよね?」

    義実家一同のいる席で。
    「お義母さんといると、母と暮らしていた子供時代を思い出します」
    旦那、トメ睨む。
    トメアワワワワ。

    トメがお母さんはどうしてそんな事をしたの?と聞いてくる。
    「親戚が言うには、嫁いびりされておかしくなったみたいです」←嘘
    トメアワワワワワワワ。


    ありがとう毒母。テメーのおかげで少しのイジメじゃ動じないぜ!

    このページのトップヘ