墓場

    712 :殿堂 2016/08/01(月) 00:08:37 ID:5aZp4KmB0.net
    十年前、姉が二十歳の誕生日の翌日に首吊り自杀殳したこと
    遺書は「自杀殳。生きるのめんどい。ほんとにそれだけだから気にしないでね!今までサンキュー。一応身辺整理はしといたよ。でも全部は流石に無理だったからゴメンけど後片付けヨロ!」だった。ほんとにこれが全文だった。軽すぎるわ

    こんな遺書残されたら「ざっけんな!」としか出てこず。嘆くことも怒ることも出来ず。残るのはずーっと気持ち悪いモヤモヤだけ
    警察の人もこんな遺書初めて見たって引き気味だった。恐らくこんな理由で自杀殳する訳ないって、我が家の健全性.を疑ったのだと思う。
    両親曰く虐待も疑われたようだし

    昔から無気力の塊みたいな人で、小学校に上がったあたりから「だるーい。何もしたくなーい。小学校行かない!」な人だったし、高学年になったあたりからちょくちょく
    「タヒんだ人はいいなー。何もしなくていいから」
    「子どもとしての義務は二十歳で果たせるから(?)二十歳になったらタヒぬね」と宣言していた
    どれだけ両親や私が、姉が楽しんで不安なく生きることが出来るよう手を尽くしても「いじめとか親が悪いとかそういうことじゃないんだよ。ただ面倒くさいんだよ」と効果なし
    ずっと言い続けていたとは言え、さすがに誕生日の翌日に実行するなんて夢にも思わなかった

    姉の人生って何だったんだろうか
    姉妹仲は普通に良かったし、こんなことがあっても結局大好きな姉だし、タヒんでほしくなかった。けど、本当に理解できない人だったと思う
    そんなに生きたくないくらい、私達家族や姉の周りの人々は姉にとって酷い人だったのだろうか
    それとも本当にただ生きること自体が苦痛で仕方ない人だったのだろうか。未だにわからない

    このことがトラウマで、子供を作りたくないから小梨希望の夫と結婚したけど、夫には子供嫌いが理由と言っている
    子供に産んだことすら否定された上に、私達にとっては理解出来ない理由で自杀殳された両親を見てきたから、もし子供に自杀殳されたらと思うと怖くて怖くて堪らない
    流石にこんなこと誰にも言えないわ
    両親と私だけが墓場に持ってく秘密だ

    230 :殿堂 2016/10/17(月) 02:24:51 ID:MwW88Dtn0.net
    数年前、2人目産まれたとき切迫で仕事が出来ず一旦退職した。
    お金がなかったので子が6ヶ月の時仕事復帰しようと準備をしていた。
    ある銀行で新しく働く仕事の給与振込用に通帳を作りに行った。
    その時、上の子(3歳トイレトレーニング最終段階)がトイレに行きたいと言い付き添った。
    個室に入り子を便座に座らせて落ちないように抑えている時、ふとトイレの真後ろに紙袋があるのが見えた。
    触ってみると固くて四角い。
    恐る恐る紙袋を開けてみると中には帯のついた札束が3つ手紙と入っていた。
    手紙には「私の財産の一部。訳あって相続させたくない。だから拾ったあなたにもらってほしい。」と書いてあった。
    字は綺麗だけど少しヨレヨレしていて、お年寄りが書いたのかなと思った。
    こんな大金いきなり目の前に現れてドッキリなのかと周りを見回してもカメラなどなくダラダラ汗出るし心臓もバクバクした。
    でも、正直本気でお金がなくて困っていた。
    子が2人もいるのにこんなにお金なくてどうしようと本気で困っていた。
    有り難く頂戴することにして、カバンに突っ込み何気ない顔で銀行をあとにした。
    旦那に言おうか迷って金額を300ではなく100と言って、施設にいる祖父母からの孫(私のこと)への生前贈与的なものと話した。
    その残りの200は、こっそり学資保険に突っ込んでおいた。
    あの時の手紙はお守りとして今でも大事に持ち歩いている。
    これって、本人から譲ると書かれていた手紙があってもやっぱり持って帰ってきちゃダメだったんだろうか。
    誰にも言えない。

    134 :殿堂 2014/12/16(火) 13:42:59 ID:zyh
    旦那は元同僚。他部署の社員だった。
    旦那の中では、私が旦那に一目ぼれ、お節介な上司が仲を取り持ち、
    交際から結婚にという話になってる。
    大筋では間違ってないのだが、本当は私が一目ぼれした相手は旦那ではなかった。

    ある社内会合で司会をしてた人に一目ぼれして、上司にその人の名前を尋ねて、
    お節介してくれて忘年会のパーテイーで紹介されたが、会ったら違う人だった。
    恋に落ちてて全く気づかなかったのだが、檀上に司会者は二人いたらしい。

    「私が一目ぼれした」という情報ももう相手に伝わってるらしく、なんだかモジモジとされ、
    正直「うあああああああ」という感じだったのだが、「人違いです」とも言えず、
    とりあえずちょっと付き合ったらイメージ違いましたのていでお断りしようと思って、一度
    デートしたら大変気が合って、そのまま付き合い、結婚した。

    人違いだったと何度か話そうと思ったのだが、旦那は私と付き合うまで喪で、一目ぼれされて
    結婚したというのをどうも心の大事な柱にしているらしく、「君と結婚出来て良かった、神は僕のことを
    忘れてなかったんだ」と度々感謝されていて、なんとなく言い出せずにいる。

    元の一目ぼれの相手はもうどうしてるのかわからない。気になるといえばなるけど、まあその程度。

    旦那が今日ちゃんと傘持って行ったかの方が気になる。

    462 :修羅場まとめの殿堂~離婚・復讐・不倫・浮気まとめ~ 2010/10/10(日) 17:17:09 O
    流れ読まずに投下。
    「色々不便だろうから家事手伝ってあげる」と無理矢理押し掛けて居座っていたトメが私の義足をゴミに出した。
    朝から探してたら「ゴミ捨て場に置いてきた」と勝ち誇って言われた。
    慌てて取りに行こうとしたらトメを巻き込んで転んだ。
    トメが玄関に足を打って出血してるのを無視して義足を取り戻した。
    トメの足は折れていた。
    旦那が怒ってトメを追い出した。
    転んだ時、わざと服を掴んでトメをクッションにした事はタヒぬまで黙っていようと思う。

    このページのトップヘ