地獄

    162 :殿堂 2008/01/21(月) 05:34:02
    おお、ス㋣ーカーで思い出した!

    私の知り合い(友達レベルではない)の、不幸だったらしい結婚式。
    新郎ウッキウキな表情、新婦はどよーん。
    新婦の仲のいい友達から事情を聞けば、
    新郎は新婦のものすごいス㋣ーカー。
    挙式当時新婦は29歳だったのだけど、新婦が17歳のころからストーキングされ
    もうとにかく地獄の果てまでついてくる状態だったらしい。

    それにとうとう耐えられなくなった新婦が新郎との結婚を決意。
    「結婚すればストーキングされなくなるかもしれない」
    という理由だった。
    周りはそんな理由で自分の戸籍を汚すなんてと反対したけど
    新婦はもう、そんなことはどうでもいいくらい疲れ果てた様子だったそうで。

    私にも結婚しましたハガキが来たけど、一枚のハガキに
    何種類もの写真(どれも新郎ごきげん、新婦不機嫌)が散りばめられ、
    気の毒に・・・と思っていたけど、4年後くらいに離婚した。

    一緒に住んだらス㋣ーカー新郎が新婦に飽きたらしい。
    新婦の離婚の申し出を普通に受け入れ、離婚。
    子供もおらず。

    「もっと早くにこうしておけば良かったーー!」と新婦の表情は
    見たことのない晴れ晴れとしたものだった。
    私が新婦と出会ったのは新婦が20歳超えてからのことだったので
    彼女の本当の笑顔というものを初めて見た気がしたよ。

    617 :殿堂 2013/12/05(木) 09:50:26 0
    前の会社にいた時の話だけど、社長の愛人が会社に入社してきてそれはもうやりたい放題だった。
    仕事なんか何もできないのに指図なんか当たり前。
    休憩時間は社長室に篭ってイチャイチャ。
    気に入らない人がいれば社長に耳打ちして即クビ。
    7人いた女性.事務員は半年程で私と愛人の二人だけになった。
    愛人はまったく使えないし辞めた人の仕事がどんどん回ってきて毎日地獄だった。
    そんな時、愛人と些細な言い合いをしてしまい、私にも退職勧告がでた。
    こんな会社に未練も何もなかったのでありがたく承諾した。
    自分の席に戻ると愛人が横でニヤニヤしながら「あなたの仕事くらい私一人で出来るから♪」と言うので
    自分のPC内にある仕事を効率良くする為に作ったデータやシステムを全部消し、「じゃあ頑張ってくださいね☆彡」と言った。
    それを当てにしていたのか愛人は発狂し私をブン殴った。痛かった。
    次の日から退職日まで有給消化したので会社には1度も行ってない。DQかもしれないが後悔はしていない。

    900 :殿堂 2013/06/07(金) 17:12:46 ID:+ewrcekB
    かなり前にいたゲーム会社で経験した修羅場。
    ちょっとフェイクあり。

    その前にいた会社が潰れることになって、
    その業務清算中に高校時代の先輩に相談したところ、
    「だったらうちに来ればいいじゃん」と言われて、
    まだ出来たばっかりのエ□ゲー制作会社に誘われた。
    まずは会社説明ってことで、社長と副社長が
    直々に自分と3人を高級そば屋(上は数千円、
    下でも千円前後ぐらい)に招待してくれて、
    福利厚生社会保険その他はしっかりしているのと
    基本給は20万円前後と説明してくれたし、
    先輩もいるからと安心して他何人かも含めて
    いい印象を持っていた。
    元映研でシナリオも興味あったし。
    今思えば、それが地獄への入口だったと思う。

    その後、会社でさらに詳しい説明をするということで
    車で会社まで連れて行かれた。小さいマンションか
    どこかの一室だと思ったら、ボロボロなアパート。
    それぞれプログラム、シナリオ、CGの部屋が
    台所まで使って3部屋に詰め込まれていて、
    隣の部屋が宿泊所がわりの仮眠室、
    さらに隣の部屋が社長の自宅で、開発室と宿泊所は
    トイレと風呂が壊れていて、台所含めて
    社長宅でしか使えないというシステム。

    14 :殿堂 2008/03/15(土) 10:29:07 .net
    離婚して1年
    元の主人は、年収3000万
    自宅と別荘があり、結婚後8年は
    何不自由ない暮らしをしていました。
    今は、毎日が地獄です。
    正直タヒにたいと思うことも何度もあります。
    でも、子供の為にタヒねません。
    パートと実家からの援助で何とか生きています。


    このページのトップヘ