叔父

    230 :殿堂 2020/07/30(木) 03:19:20 ID:79.xr.L4
    叔父が熟年離婚することになったらしい
    まあ離還暦過ぎても長男教の祖母を妻子より優先して生きてる人だから離婚は残当
    でも叔父嫁さんが踏み切った理由が想像してた定年を契機にってのではなかった
    従姉の結婚が祖母のせいで潰れたからだった
    今月初めに従姉が婚約者さんを叔父一家に紹介したんだって
    そしたらその婚約者さんを相手に祖母がいつの間にか入信していた新興宗教へ勧誘したらしい
    しかも勝手に婚約者さんの実家を調べて従姉に隠してアポ無し勧誘に行きやがった
    当たり前だけれどそれが原因で従姉の結婚は破談
    すると祖母は気落ちする従姉に対して良縁に恵まれるからと宗教への入信をしつこく勧めた
    当たり前だが叔父嫁さんが祖母に「孫娘を追い詰めて楽しいのか!?」と詰め寄った
    そしたら叔父が「母さんに当たるな!」と叔父嫁さんと従姉をビンタ
    この一連のやらかしに叔父嫁さんがブチ切れて病んだ従姉を連れて出てった
    今は行方もくらましてて連絡は弁護士経由だからどこにいるかわからないらしい
    恩知らずな嫁と孫だなんだと祖母が今朝からうちに押しかけて延々と愚痴ってる
    ちなみに今現在進行形で母相手に愚痴ってるからよく続くもんだなと父も俺もびっくりしてる
    母がそろそろぐったりしてきてるから止めないとなあと思うけど祖母に話しかけたくねえ…

    736 :殿堂 2009/09/17(木) 01:42:23
    ここのスレでいいのか迷ったのですが、結果友やめなので吐き出し。
    長くなります。すみません。

    まだオンが今ほど気軽ではなくて、主要都市の大きなイベントは地方住みにとって一大行事だった時
    同人を始めたばかりだった私は、共通の友達の紹介でAと知り合った。
    Aは正直、あまり絵はうまくなかったが(はっきり言うと小学生の落書きレベル)、とにかく人脈が広く、当時の自ジャンル神サークル複数にゲスト稿を毎回貰っていた。
    商業で描いていたりする複数の神に、毎回交代で表紙を描いて貰ったりしていた。
    私は神レベルには遠く及ばないまでも、近しい人たちの中では比較的絵が描け、固定の読者さんもそれなりにいたので、毎回Aの企画本にゲストしたりしていた。
    神の原稿と一緒の本になるのが嬉しかった。

    が、ある時、完成した本を貰ってみたら、私が寄稿したイラストは元とかけ離れたものが私の絵として載っていた。
    寄稿した元の絵を勝手に縮小や切り張りされて、トーンを被せられたり白黒反転されたり、コラージュになっていた。
    しかも、コンビニで縮小コピーや反転をとって、それを手作業で切ったり貼ったりしているから、線も粗く、元々のトーンも潰れ、カッターの切り口もガタガタ。
    切ったところを普通の澱粉のりで貼っているから、はみだしとかがこすれて汚くなって、印刷に黒く出てしまっている。
    (指紋ぽく指や作業の跡が汚れとして出てしまっている。ありえないアナログさ。仮にアナログだとしても、こんなに不器用なのも才能だという冗談のようなレベル)
    聞いたら、「見栄えがしないから、ちょっと手を加えました」とのこと。
    ちょっとじゃないよ!全然違うイラストになってるよ!
    しかもすごく汚いアナログ作業…。
    それが私の絵として載っている。しかも、手を加えたことは一切描いてない。
    見た人は、私がもともとこういう雑な絵を作ると思ってしまうだろうなぁ。
    さすがに怒ったけれど、「じゃあもっと見栄えする絵を描いて」と言われ、神に比べたら精進の余地アリだしリア友だからその時は飲み込んだ。
    が、さすがにそんなことが積もり積もってFO気味に。
    (後から聞いたら、神々に原稿依頼する時も、些細な遠いコネを誇大して、断らないだろう優しい人を選んで依頼していたらしい)

    89 :殿堂 2017/01/12(木) 11:02:33 ID:gL+wFw7M.net
    叔父が寄生虫(トキソプラズマ)で脳をやられてると知ったとき
    もともとズレてるなと思うところはあったんだけど
    仕事については辞めついては辞めを繰り返し、離婚したり、遺産を全部持っていこうとしたり(無理なのに)etcが発覚して父親が「あいつは実は…」とこぼして知った
    教育が行き届いていない田舎で、祖母(おじの母親)が生肉を食べたのが原因らしい。
    叔父にも息子がいるんだけど、何を吹き込まれたのか理由もなしに大学を辞めて今フリーター。
    社会生活はできるし普通の人にしか見えなかったから寄生虫本当に怖いと思った。

    512 :殿堂 2016/07/16(土) 16:53:59 ID:liX
    現時点で自分自身が修羅場真っ最中の話を投下します。
    自分が子供だったから起こっちゃった感じなんですがフェイクは入れます。

    登場人物
    私  (19歳 修羅場まっただ中
    叔父 (私のお父さんの弟で、お父さんより10歳下
    叔父嫁(叔父より年上

    私はお父さんが23の時の子供で、お父さんの弟は13歳で叔父になった。小さい頃からすごく可愛がってくれて私は大好きだった。
    やがて叔父さんも当たり前で成長して彼女とかできたけど、私は叔父さんをとられたくなくて連れてくる彼女全部が大嫌いだった。
    仲良くしようと話しかけてくるけど、全部無視したりいじわるされとか嘘を叔父さんに言ったりしてた。
    私が彼女を完全拒否態度を崩さないから、やがて叔父さんは彼女とは別れてくれてた。
    私は彼女に勝ったという優越感と、誰にもとられたくないって気持ちですごく嬉しかった。

    でもそんな叔父さんも私が15歳の時に突然結婚した。
    それまで彼女とか全然連れてきてなかったのに、知らない間に交際してて同棲までしてて結婚までしちゃった。
    私にはまったく情報がなくて悔しかったしだまされたって思った。

    だから叔父嫁がすごく憎くて仕方がなかった。
    叔父さんより年上っていうのも気にいらなかったし、叔父さんが叔父嫁を最優先にするのも許せなかった。
    だからいままで連れてきた彼女と同じようにすっごい意地悪とか一杯言ってやった。
    ブスやデブって暴言はきまくったし、叔父さんには叔父嫁にいじわるされたって泣きついたりした。
    でもいままでは彼女と別れてくれてたのに、叔父嫁さんに関しては「そんなことするはずないだろ!」って逆に私が怒られた。

    信じられなかった。すごく優しくて大好きだった叔父さんをとられたってマジで思った。
    それでもなかなか会える機会は少ないし、直接叔父嫁に何か意地悪してやる機会がなくてすごくイライラした。
    そんなときすごいチャンスが来たんだよね。
    叔父さん夫婦はずっと子供ができなくて3年位立ってたんだけど、妊娠したよって報告に来たんだ。
    すごくむかついたし叔父嫁見るのも嫌だったんだけど、その時は表面上は「おめでとうございますー♪」とか言っておいた。
    で、たまたま叔父嫁がトイレに立った時に私が付きそう形で付いて行ったんだよね。
    我が家のトイレって変わってて、階段登って付きあたりにあるんだ。私は後ろから叔父嫁支えるつもりで階段を一緒に登って
    登り切るあたりで後ろに軽く引っ張ってやった!

    ちょっと体勢が崩れて怖い思いをさせてやろうって程度だったんだけど、叔父嫁は足を踏み外して下まで落ちてしまった。
    私はとっさによけていたので階段途中で無事だった。
    すぐに叔父さんが駆け付けてきて叔父嫁を見た後、私の姿を見つけて「お前また!」って怒鳴られた。
    私は勝手に落ちたんだって言い訳したけど父親や母親にめっちゃ怒られて、叔父は叔父嫁連れて救急車で病院へ行ってしまった。 

    このページのトップヘ