修羅場

    603 :殿堂 2012/12/05(水) 21:01:08 ID:HvNWynx4
    自分は目撃しただけなんだけど、当事者とその家族にとっては最大の修羅場。

    家にいたら物凄い叫びが外から聞こえてきて、
    外に出たらお向かいさんの娘さんが庭に出した車の横でのたうち回っていた。
    そして片足が真っ赤で、よく見るとそれは血だった、足は甲の途中でぐにゃぐにゃしてるように見えた。
    ご主人と奥さんも飛び出して来て絶叫、奥さん卒倒。
    私が呼んだ救急車に娘さんは乗せられ運ばれて行った。

    後から聞いた話と見た状況を総合すると、

    娘さん、彼氏に触発されて自分でスタッドレスタイヤに履き替えようと挑戦

    作業し易いように庭に車を出す

    庭は芝生だが娘さん危険予知出来ず作業開始

    ジャッキをセットし何故か目一杯ジャッキアップ

    ジャッキを置いた場所も当然芝生、バランスを崩してジャッキが倒れて外れる

    目一杯ジャッキアップしていた事が災いし、車体は勢いを付けて着地、
    タイヤを外していたところのブレーキディスクが地面にめり込みそうな程の反動

    そのブレーキディスクが落ちた先に有ったのは娘さんの足(素足にサンダル)

    えらい事に

    という事らしい。
    娘さんの足が無事くっついたのかどうかとか聞ける筈も無く。
    どっちにしろ物凄い修羅場だったしこれからも修羅場なんだろうな。

    908 :修羅場まとめの殿堂~離婚・復讐・不倫・浮気まとめ~ 2010/09/04(土) 14:50:35
    微笑ましくもあるけど、雰囲気が微妙だった式

    うちの職場の女上司(当時36歳)の結婚が決まった。
    招待されたのは上司の上司以外は同じ係の私と私の先輩だけだった。
    …が、突然隣の席(=隣の係)にいるA君が「いいなー。俺も結婚式いきたいなー」と声かけてきた。
    上司が苦笑いしながら「A君は隣の係だし、人数制限もあるからごめんね」と言ったのに
    「えええええ。俺もお祝いしたいっすよ。上司さんのこと好きだったから、諦めるために招待してくださいよー」
    さすがに無理だよ、と笑い飛ばしたんだけど、このA君、直接新郎(同じ職場の違う部署)のところにまでいって
    何と新郎側招待客名簿に加えてもらった。
    (余談ですが、A君は確かによく上司のことをタイプだ、結婚したい、いや、結婚してください、と
    飲み会の席なんかで言っていて、ちょっと本気なのか?と思う部分はあった。)

    当日、式場にいってタヒぬほど驚いた。
    何とA君、白のタキシードで登場。
    「似合いますか?」とか聞いてきたけど、それはダメだろ、と思わずマジで説教した。
    先輩も合流して「それはヤバイよ」「どこかで普通のスーツ調達できないの?」といったんだけど
    「欧米じゃ普通っすよ」「まぁ、俺も花婿みたいなもんだし(?)」と聞く耳もたず。
    親族の人が「何あの男?」とヒソヒソと言っていたので、他人のふりしたかった

    しばらくして、新婦が控室にはいっていくのを見かけたA君は
    「上司さーーん!!」と叫びながら走って追いかけ、「俺今日男前っすか?超男前っすか?」と声をかけると
    上司も目をまん丸にしながら「え・・・うん・・なんか、凄い格好だね・・・」と目をぱちくりさせて答えていた。
    「やった!俺今日男前だって!すっげ!新郎なんて目じゃないっすよ!
    あ。私さん!先輩さん!俺の鞄もってきて!写真とって写真!新郎新婦っすよ!!」と大はしゃぎ
    さらに親族の「何あの男」度数は高まる一方。
    「お姫様抱っこしてとりましょうよ!」と後に回り込もうとするのを必タヒで阻止しながら
    「ドレスがシワになるから…ね。疲れたし、ちょっと座らせてね」と控室に逃げ込む上司。
    その後、控室に入る新郎をみかけると「新郎さん!今日俺も新郎っすよ!ガチ〇コですよ!(?)」と新郎を苦笑させた。
    もうこの時点から嫌な予感しかしなかった。

    479 :修羅場まとめの殿堂~離婚・復讐・不倫・浮気まとめ~ 2016/03/29(火) 01:22:50 ID:NlS
    うちの会社で昔「卵焼き杀殳人事件」と言うのが起きた
    毎年新人の研修合宿で話される。同じ悲劇を繰り返さないために。

    その男はとにかく優秀だった。 大抵のことは一度説明すれば出来たし少し頭がアレな社員ともうまく付き合えた。
    どこのお客さんとも才柔めることなく確実に仕事をこなした。
    やさしく温厚で誰とでも打ち解けて本当に良いヤツだった。

    その男はとにかく卵焼きが大好きだった。
    うちの会社の食堂では定食、麺類、カレー、丼とメインを選択後に副菜を一つ選ぶのだが
    その男は毎日必ず卵焼きを食べていた。副菜に卵焼きがない日は午後からドンヨリするほどだった。
    飲み会では必ず出汁巻き卵を頼み、途中で「卵焼きもう一個頼んで良いっすか?」と聞いてきた。
    そして土曜日は食堂が営業してない為、弁当持参かパンを買うのだが彼はいつも普通のご飯とおかずの弁当箱ともう一つ小さめの卵焼きだけが詰まった弁当箱を持ってきていた。

    そして事件の日、無能なくせにプライドだけ高いバ課長が食堂に来てクソくだらない話をしてきた。
    適当に流していたところ、彼の弁当の卵焼きに気づき「おっ美味そうな卵焼きだな、一個もらうぞ」と言いながら素手で直接、卵焼きを一個つまんだ。
    瞬間、彼はバ課長の腕を掴み「その汚い手を放しやがれこのクソ盗人野郎が!」と見たこともない修羅の形相で叫んだ。
    バ課長も素直に卵焼きを離せばいいのに意地になって離さなかったために大騒ぎになった。
    激しい罵り合いの末、バ課長の「たかが卵焼き一個に何をムキになってるんだ。頭おかしいんじゃないか?」のセリフに切れた彼は
    「人の卵焼きを盗むのは、杀殳人よりも罪が重いだろうが!」と叫びながら、バ課長の腕をへし折った。

    結果として、バ課長は始末書書いて減俸くらい、彼は会社を去った。
    正直、バ課長クビにしろよと思ったが、残念ながらクソが残って有能なのが去った。
    これが我が社に伝わる「卵焼きを盗むのは杀殳人よりも罪が重い事件」略して「卵焼き杀殳人事件」の全容である。

    何が衝撃かって窓際に追いやられて毎年新人の巡回で「ああ、あれが卵焼き杀殳人事件の」と後ろ指刺されてるのにいまだに辞めないバ課長が衝撃。

    100 :殿堂 2015/02/04(水) 00:46:55 ID:mKo
    後悔してもしつくせない私の修羅場

    昔4歳の頃、家のお風呂が壊れたので銭湯に行ってた
    4歳でもう一人でお風呂に入れるので、お気に入りの金魚とアヒルの玩具を持って、父や祖父と別れて女湯へ
    そこに私より少し背の小さい、言葉もたどたどしい子がいた
    その子は私のおもちゃに興味津々だったので、貸してあげた
    でもその子、左手の指が無かったんだ
    右手だけだとうまく2つの玩具が持てなくて、私が片方運んで洗面器に浮かべたりしてた

    家はどうせだから建て替えようという話になっていて、それから半年は銭湯に通い続けてたと思う
    時々左指の無い女の子とも会った
    その子の左手は指がある場所がぷっくり丸くなっていて、私はこの子は成長したら指が伸びてくるんだと信じて疑わなかった
    だから言っちゃったんだ
    ある日「私はなんで左指無いのかな」ということをたどたどしく聞くその子に
    「大きくなったら生えてくるよ」って
    その子は嬉しがってぴょんぴょん跳ね回った

    でも次にあった時、私とは目も合わせてくれなかった
    当然だよね、適当なことを言って期待させたんだから
    そして絶望のどん底に叩き落としたんだから
    その子は母親と祖母と銭湯に来てたんだけど、母親に涙目で怒鳴りつけられた
    あの子はやっと指を諦めたところだったんだ、それを期待させるようなことをして、と
    その後は話しかけても答えてくれなくて、母親も話しかけないでと強く言ってきたのでちゃんと謝ることもできなかった
    そうこうしてるうち、新しい家ができたので引っ越すことになった
    私は銭湯のおばちゃんに、その子と遊んだおもちゃと手紙を託した

    あれから20年たって記憶も風化して、その子の名前も思い出せない
    おかっぱ頭の笑顔が素敵なあの子
    あの時の手紙を受け取っていてくれたらなと思う

    422 :殿堂 2015/06/16(火) 21:15:32 ID:MzM
    5~6年前の話。
    当時ちょっと色々あって古いオフィスビルに住んでいた。
    すごく住みにくかったが、当時不景気で家賃が安く、その時していた仕事の移動にとても便利だった。
    自分の事務所を構えるまでの数か月の辛抱だし、とのんきに構えていた。
    自宅として住んでいたというより、仕事の拠点についでに住んでた感じ。
    トイレとガスはあったけど料理禁止だったんで不便だったけどね。

    当然夜になると人はいなくなるので、女の一人暮らしだし、と鍵は3つつけていた。
    ある夏の日、他のフロアの廊下を人が歩いてる音がすることに気づいた。
    オフィスの人が残業してるんかなーって思ってたが、どうも人数が多い。
    でも話声はしない。あれ?窃盗団?と怖くなり明かりを消して携帯握りしめてた。

    結局何事もなかったが、そういうことが何度か続いた。
    でも何か盗まれたら警察来るよなぁと。やっぱり残業だったんかなと納得した。

    そしてある日、物音もすっかり気にならなくなったころ。
    電気スタンドだけつけて仕事をしていると、私の部屋のドアをガチャガチャやる音が。
    管理人がくる時間ではないし、やっぱり窃盗団?と思っていると
    「ここ誰かいる」というような声が聞こえて、走り去る音がした。
    腰が抜けつつ朝になるのを待って管理人に連絡。

    管理人が部屋を調べると言っていたが、そこでそのオフィスは半分以上空き室だと知った。
    空き室に忍び込んで住み着く人がいるらしく、それじゃないかと。
    でもそういう場合はガスコンロやトイレが酷く汚れるので、すぐ気付くんだそうだ。
    今回はそういうことが無かったので発見が遅れたと。
    案の定というか、あるフロアの部屋が侵入されて、中はかなり散らかっていたらしい。
    「でもねぇ」と管理人は首をかしげていた。
    「お菓子とか、そんなののゴミばっかりで。普通はね、もっと生々しいものがあるもんなんだけど…」と

    警察に通報し、張り込みの結果侵入者はあっさり確保。
    なんと小学生の集団だった。
    オフィス街の隣が塾がたくさんあるエリアで、そこの子たちだった。
    夜になると無人になるオフィスビルを見て「これ忍び込んでも分からないよな」と盛り上がったらしい。
    空き家の多いビルを選んで、外壁を乗り越えて侵入してたそうだ。

    でもさ、私が物音を聞いてたのは夜の10時過ぎ。ドアをガチャられた時は23時過ぎてた。
    そんな時間に子供たちがうろついてて親は何も言わないもんなの?とすごく疑問だったよ。
    塾にやらせるレベルの家庭の子が。
    空いてる部屋だから当然電気も来てない。蒸し暑い真夏の夜に、真っ暗の部屋でその子たち何してたんだろうなって。

    とりえずドアノブガチャガチャの時は「ころされるーーー」と腰が抜けた修羅場でした。

    778 :殿堂 2007/08/03(金) 03:36:40 0
    夫が、昨日今日知り合った女の子と恋愛したいから離婚してくれって言って
    親とか呼んで話し合ったけど、全然気持ちは変わらなくて
    「とりあえず明日会う約束してる」と言うので、
    話し合いたいから、私も連れて行ってくれと頼んだ。

    駅地下の寂れた喫茶店で、私と夫と浮気相手の子と2時間くらい話した。
    不毛な話し合いだった。人生最大の修羅場。

    132 :修羅場まとめの殿堂~離婚・復讐・不倫・浮気まとめ~ 2011/10/06(木) 21:09:43 0
    20年前の横浜馬車道付近(多分)で。
    何時だったかは忘れたが、冬の日。辺りに人気はなくて真っ暗だった。

    車道の向こう側の歩道を歩いていたカップル(水系のお姉さん&お兄さん)がいきなり走り出したらしい。
    私は何も知らないままぼーっと正面を見て歩いていたら、彼氏が急に肩を引き寄せて
    「見ないほうが良い」と言い出した。

    見ないほうがと言われると見たくなる性.分。
    見れば女性.がドロップキックされて倒れた。携帯なんてない時代。通りには植え込みばかりで電話ボックスもない。
    止めに行こうよ、せめて騒ごうよと言う私に、彼氏は「いいから、とにかくここから離れよう。通報はそれからでも遅くないよ」

    髪の毛をつかまれて引きずられている女性.をみて思わず大声で「もう、そんなことできないよ~!」と
    声色だけは明るく叫んでみたら、お兄さんがこちらに気がついて、白々しく女性.を立たせて肩を抱くのが見えた。
    お姉さんもこっちを見たけど、リアクションなし。明るい通りに出るまでこちらもわざとゆっくり歩いていたら
    明るい通りで、お姉さんだけタクシーに乗せられているのが見えた。

    とたんに走り出した彼氏に手を引かれながら「君は電車に乗るからいいけど、相手に目をつけられて俺に何かあったら困る」と言われて
    喧嘩別れしたのが、最大の修羅場。

    355 :修羅場まとめの殿堂~離婚・復讐・不倫・浮気まとめ~ 2015/01/21(水) 20:55:17 ID:FFWDoiwg0.net
    見なかったことにしても事実は変わらなかった

    K子とは小学校からの同級生で家族ぐるみのつきあいがあった
    中学生の頃にはいつの間にか交際
    勘違いしてたわけではなくて告白のシーンがないまま一線を超えたコース
    大学二年の時にK子が妊娠して俺は勿論大喜びさ
    両家親は休学などもさせなければならないため
    避妊失敗について俺とK子をこっぴどく叱りもしたが
    次第に孫はよ生まれんかなムードで円満結婚へ向け準備
    そんな中K子は上の空や乾いた笑いが増えていった
    付き合い長い分妙だなと気づいてはいた
    そのタイミングのそれが暗示する内容に恐れをなして口に出せなかった

    妊娠判明から二ヶ月程して学生寮にいられなくなるので二人して新居へ移った
    その頃からやたらサークルの先輩であまり話さない院生のT司さんが新居に遊びに来たいというようになり何度か招待した
    出産予定日まであと一月という頃
    サークル会長のM実さんに話があると呼び出された
    待ち合わせのカラオケボックスの大部屋には
    サークルの大半のメンバーや俺と仲良い連中が揃っていた
    「痛々しくてみてらんないから言うけど
     あんたこのまま結婚してたって幸せなんか絶対なれないよ」
    からはじまってT司とK子が関係してる事を主張する
    「そんなわけあるか余計なお世話なんだよ!」
    今思えば怒鳴るってことは聞きたくないってことだった

    生まれた子供は子供はK子似の男の子
    K子は出産後から人が変わったかのように俺との接触を露骨に避けた
    出産したら男から子供へ大事な対象が移るというやつだと言い聞かせていた
    やたらと一旦家に帰ってサークルに子供を連れてきてT司に触れさせるところも見ていた
    気づきたくないなんて逃げを打っていたのは大間違いだった
    M実を始めとした一同は手遅れになる前にと何度も時間を作っては諭そうとしてくれていた

    946 :修羅場まとめの殿堂~離婚・復讐・不倫・浮気まとめ~ 2018/03/14(水) 08:33:42 0.net
    自分の兄がくそ過ぎた修羅場。

    ホームパーティーやるからきて!とラインがあって兄夫婦の家に私夫婦で招かれた。
    私にとっての兄は真面目で運動音痴なのと音痴なの以外は本当に優秀な人だったのでその日までは尊敬していた。
    兄嫁さんは結婚以来会ってない。

    兄宅に入るともうすでに騒がしい。
    タバコ臭いわ、まだ夜7時だっていうのに男6から7人がもう酒で出来上がってる。
    何だこれ!?となって兄嫁さん見ると忙しそうにキッチンから出てこない。
    追加!だの酒がねーぞダメ嫁!だの飛び交う野次。
    兄嫁さんに聞くと、兄が同僚を月に2、3回つれてきていつもこんな感じなんだと。
    兄嫁さんの分の食事を私が作ってべろべろの兄をひっぱたいて
    夫はとりあえずぐでんぐでんになった兄の同僚をまかせた。
    自分の兄が、「俺の言うことを聞く嫁」を周りに見せつけたい(手間は全て嫁)のくそ旦那なんてショックだった。
    モラハラ元彼のことを相談したときに親身になってくれた兄はどこ行った…

    エネme気味でこれも嫁の勤めだから…なんて言ってた共働きで兄より稼ぐ兄嫁さんは
    後日兄夫婦を我が家に招いてホームパーティーやったときに
    積極的に食器を下げたりせかせか動いてくれるうちの夫を見ていろいろ思うところがあったらしく実家に帰って兄に離婚を突きつけてた。

    まさか兄がこんなド地雷だなんて思いもしなかった。

    615 :修羅場まとめの殿堂~離婚・復讐・不倫・浮気まとめ~ 2015/01/13(火) 23:19:11 ID:6Jz
    小学生の時の修羅場。当時5年生ぐらいだったと思う。
    1階に衣類売ってたり百均があって地下1階に食品を売ってるスーパーが近所にあるんだけど
    1人でそこに買い物に行ったときのこと。

    百均になにか買いに行ってしばらくうろうろ見て、そのあと喉が渇いたから地下の食品売り場に行ってジュースを買った。
    ジュースを買うときも優柔不断だったので、20分ぐらいうろうろしてたと思う。
    スーパーを出て自転車に乗りかけたときに知らないおじさんに声をかけられた。

    「ねぇ君なにか忘れてない?」と聞かれて、万引きしたと思われた!って思ったので
    「ちゃんとレジに通しました。レシート見ますか?」と少し慌てて言ったら
    「いやいや違うよ。君が百均にいたときに近くに万引きしてるおばさんいたでしょう?見た?見たんならお話聞かせてよぉ」
    と言ってきた。私はなーんだと思って「見てません。すみません。」と言うと「ほんとは見たんでしょー?大丈夫だよー」と言う。
    なんか気持ち悪くて「見てません!!!」と大声で言って自転車で急いで帰ったんだけど
    よくよく考えてみたら百均行ったあとにジュース買うのにも時間かかったし、もし仮に万引きおばさんがいたんだとしても
    なんで自分で捕まえないんだろうとかいろいろ考えて怖くなった。

    今になって思えば「話を聞かせて」と言って変なことや誘拐されてたんじゃないかって考えてしまう。
    なんにせよあの時ダッシュで逃げてよかったーっていう昔の修羅場です。
    大したことなかったり自意識過剰だったらごめんなさい。

    このページのトップヘ