アルコール

    403 :殿堂 2018/04/01(日) 20:49:34 ID:rtddBp6d.net
    離㲗食がもっぱら取り分けになってきたから最近料理酒が使えない
    …で思い出したけど、少し前に料理酒使った料理で酔ったという乚スあったなぁ
    私は妊娠中実母にそれやられたんだよな。つわりで具合悪いし味覚もおかしくなってて分からず完食しちゃった後で、帰宅して同じ料理食べた旦那が「…お義母さん、コレ何入れました?」となって発覚
    料理酒=アルコール という認識ない人結構いるのか

    14 :殿堂 2019/05/22(水) 08:08:54 ID:dVx.bp.vv
    成人してからずっと、自分はアルコールに弱い体質だと思っていた。
    初めて飲んだビールは、コップ一杯も進まないうちに具合悪くなってリバース。
    日本酒も、数回コップに口をつけて飲んだだけで悪酔いしたみたいになりダウン。
    女忄生に人気な甘口ワインや、乾杯のシャンパンも、一口飲んだ瞬間、激しい吐き気に襲われてその後はずーっとお腹の調子が悪い。
    どれだけ銘柄を変えても同じ症状なため、自分は弱いんだと思い込み、以降酒の席はソフトドリンクでしのいできた。

    そんなある日、友達ととあるケーキ屋にいった。
    そこで頼んだケーキに、かなり強いブランデーが使われていたのだが、うっかり気付かず(花粉症の時期で匂いが分からなかった)完食。
    ところが体調は悪くならない。
    ケーキに使われてる程度じゃ大丈夫なんだなと油断して、次回、別のアルコール入りケーキを頼んだところ、半分も食べないうちに具合が悪くなってしまった。
    食べたのはスポンジ生地にシードルが染み込んだケーキ。
    ここらで自分の体に疑問を感じ始め、色々調べてみて分かったこと。
    私はどうやら、醸造酒にトコトン弱く、蒸留酒はいたって平気な体質だったらしい。
    ビールも日本酒もワインもシードルも醸造酒だった。
    これらを飲むとてきめんに吐き気をもよおす。
    一方、ブランデーや焼酎やウォッカなどは、飲んでもまったく問題ない。
    度数に関係なく、ただ醸造酒か蒸留酒かが私の体調の分かれ目だった。
    これに気づいたおかげで、飲み会でもお酒を飲めるようになったし、むしろアルコール自体には割りと強い方だと判明して、我ながら衝撃だった。

    148 :殿堂 2015/02/20(金) 17:47:20 ID:0oB
    元旦那が酷かった。
    元旦那は結婚前はそれはそれは優しくて周囲からの信頼も厚く、私の両親も信じきっていた。
    温厚で話も面白いので友人も多く、元旦那との交際期間中に共通の友人がどっと増えていった。
    結婚して息子を身篭ると今まで隠してきた本忄生を現した。
    妊娠6ヶ月から臨月まで同僚や友人と飲み歩き、帰宅しないことがしばしば。
    共通の友人に旦那を誘うのは控えて欲しいと伝えるが、「えっ、あなた産まれるまで実家に身を寄せるんでしょ?」と頓珍漢な返答をよこしてきた。
    いやいや実家は遠いし頼らないと言ったら「自分勝手に意見を二転三転させて元旦那君を困らせちゃいけないよ」と切れられ、大勢いた共通の友人と誰とも連絡が取れなくなるという超現象に見舞われた。
    元旦那と話し合おうとするが、妊娠して気が立ってる女はろくに話し合いができないじゃんwと逃げ回ってた。
    予定日が近づいているというのにアルコールを摂取し、万が一に備えられないほどしっちゃかめっちゃかになる毎日。
    もう離婚が頭に過ぎっており、息子を出産してから離婚を言い渡した。
    元旦那はそれきた!!と録音機をどや顔で取り出し、
    今まで私が元旦那と話し合おうとしてかけあってきた言葉や、飲み歩きをやめて欲しいと訴えている言葉が再生された。

    このページのトップヘ