お疲れ様

    484 :修羅場まとめの殿堂~離婚・復讐・不倫・浮気まとめ~ 2018/10/31(水) 20:23:46 ID:YrUyPV/5.net
    仕事帰りに惣菜買うのを我慢して、家にある食材で夕飯作った 独身のときはいつも惣菜買ってたからこれでも自分比でかなり頑張ってる
    頑張って節約して結婚式資金貯めてるけどとてもしんどい
    あと2ヶ月弱で式でダイエットしないといけないのに仕事も家事もしんどくて運動する気力も出ない
    昼食だって本当は週末に弁当まとめて作りおきしといた方がいいのはわかるけど、週末はゆっくりしたいし平日朝は必タヒで起きるから時間も心も余裕がない
    わかってるただぐだぐだ言い訳してるだけだって
    自分より遅くまで働いてる旦那の方がずっとしんどいのだってわかる
    だからできない自分がしんどくなる
    子供の世話して、家のことして、仕事も頑張ってる人って本当にすごいよ超人だよ
    子供は欲しいけど自分ができるとは到底思えない…悲しい

    85 :修羅場まとめの殿堂~離婚・復讐・不倫・浮気まとめ~ 2019/02/09(土) 19:45:03 ID:SDi
    旦那を15年ほど前に亡くして、以来娘と息子をひとりで育ててきた。
    幸い家と仕事はあったので、蓄えと保険金でどうにかこうにかやってきて
    二人とももう結婚し、一人暮らしになって2年。
    仕事は定年まで勤めるつもりで、そうして退職金を満額貰ったら
    あとは短時間のパートでもしながら老後に備えようと思ってた。

    昨晩、息子夫婦がやってきて同居を打診された。
    そのつもりはないと即答したら「言い方が悪かった、同居させて下さい」だって。
    言い方を変えようがどうしようが、同居するつもりはない。
    理由を聞かれたので「今の生活が気楽でいい」と。
    本音は嫁が苦手だからだが、さすがにそれは言えなかった。
    嫁はとにかくガサツで、色んな所に色んなものをぶつける。
    うちに来た時もバッグを置くだけですら、放り投げるんだよ。
    バッグの金具で家具に傷がついたこともある。
    洗面台に化粧クリームの瓶を落としてヒビも入れられた。
    宅配便が届いた時に私の手が離せなかったから代わりに開けて貰ったら
    ガムテの所にカッターの刃を深く刺し入れてシュッ!って勢いよく切ったもんだから
    せっかく買った衣料を着られなくしちゃったし。
    食事の支度でお茶碗とか出して並べてもらう時もガチャガチャと乱暴で
    いくつかの食器が欠けた。
    別に高価なものじゃないからいいけど、欠けた食器は嫌なのでいくつ処分したことか。
    それで「物をもっと大事に扱いなさい」と注意したら
    「うひゃー怒られちった(テヘペロ」ってその態度もムカついた。
    あの時、あとで息子に話をしたんだよね。
    あの子は注意されて謝るってことをしない子なの?って。
    そしたら「頼むから嫁いびりとかしないでくれよ」って言われてカチムカ。
    あの時に、息子はもうあの子の夫であって私の息子じゃないんだと諦めた。
    だからまさか同居を打診してくるなんて思わなかった。

    96 :修羅場まとめの殿堂~離婚・復讐・不倫・浮気まとめ~ 2017/02/14(火) 18:17:13 ID:wZO
    数年前に体験した事。大した事じゃないけど少しだけフェイク入れます。

    第1の修羅場。
    面識のなかった元同僚にス㋣ーカーされ、家凸、会社凸、挙げ句には子供の学校にまで凸された。
    何度も話し合いの場を持ったがまるで話にならず、最後には「俺の言うことが聞けないんだったらコロす」とまで言われ警察へ。

    しかし
    警察は糞の役にもたたなかった。これが第2の修羅場。
    当時はまだス㋣ーカーがそこまで問題になっていなかったからか対応はひどいものだった。
    「つきまとわれてる?いいじゃない、モテて~」
    「最近多いんだよね。痴話喧嘩の仲裁に警察を使う人。うちらもそんなに暇じゃないのよ」
    「てゆうかまだ相手と付き合ってないんでしょ?1回だけ試しに付き合ってあげたら?」
    そしてトドメに
    「ス㋣ーカー規制法ってのは恋愛関係にあった男女に適用されるものなの。あなた達付き合ってないでしょ?」
    「自分でもっと解決する努力をして、それでもダメならもう1回相談にきたら?」
    で、追い返された。
    この時ほど警察の無能さを感じた時はない。
    私は、自分で何とかするしかない、と覚悟を決めすぐにICレコと日記帳を購入。
    更に携帯のメールが全てPCに飛ぶように設定。
    とりあえず警察のアドバイス?どおり、まずは元同僚の親に事情を説明し元同僚を説得してもらう事に。
    で、単身元同僚実家に乗り込んだ。
    実家には元同僚母が1人でいて、母は元同僚に席を外すように言い私と母2人きりの話し合いが始まった。
    もちろん会話は全部録音。
    で、この話し合いが第3の修羅場だった。

    以下、私と元同僚母の会話
    母「初めまして、ムチュコタンの母です。主人は〇〇生まれの〇〇育ちで今は〇〇で部長をやっておりますのよ~」
    私の話も聞かずひたすら「うちは名士」自慢を聞かされる事1時間。
    その後
    母「そんな我が家に、あなたみたいなどこの馬の骨かも分からないような子供に嫁に来てほしくないけど、でもムチュコタンがどうしてもって言うなら仕方ないわね。しっかりうちの家訓を私に習って精進しなさいね」
    といきなりの嫁イビリ宣言。
    そうか!元同僚母は私が結婚の挨拶に来たと勘違いしてるんだ!と気付く。
    私「いえ、今日はそういうお話ではなく。お宅のムチュコタンにつきまとわれて迷惑してるので止めさせて頂きたく相談に来ました」
    母「あら!そうなの?じゃぁあなたはムチュコタンとはお付き合いしてないのね?」
    私「してません」
    一瞬喜んだ風に見えたけど、すぐに不機嫌そうな顔になった元同僚母。
    母「今、あなた何て言ったの?迷惑って言ったの?」
    私「はい、言いました。迷惑です」
    母「あなた!何様のつもりなの?!うちのムチュコタンに好かれて迷惑だなんて!有難いと思いなさいよ!謝りなさい!」

    すみません。長いので次に続きます。
    ??

    このページのトップヘ