嫁・嫁の浮気

    596 :修羅場まとめの殿堂~離婚・復讐・不倫・浮気まとめ~ 2018/09/17(月) 20:46:53 ID:KsrgNsFz0.net
    嫁「一人でずっと考えて・・・悩んだんですが私と離婚してください」
    俺「理由聞いてもいいか?」
    嫁「好きな人ができたとかじゃないんです、ただあなたに対する愛情が無くなってきました」
    俺「そうか・・・人の気持ちは誰にも止められないからな。また束縛なんてできやしないからね。
    仕方ないな・・・・」
    嫁「・・・・ごめんなさい」
    俺「じゃあそのまますぐに出て行ってくれないか?」
    嫁「え?どうして?」
    俺「離婚と決まったからには一緒にはいられないだろ?」
    嫁「でもこんな時間だし、交通機関も終わってるし・・・明日じゃダメですか?」
    俺「このタイミングで言ってきたのは君だろ?その責任も取れないで軽はずみなことを言うなよ」
    嫁「でも・・・」
    俺「俺は君の申し入れを受け入れたんだ、次は気の番じゃないのか?
    それと俺が買い与えてやったもの全て置いていけ」
    嫁「あんまりです。それはDVじゃないですか!」
    俺「なら一回だけ電話することを許す、義両親なり義妹なり、もしくは○○君なり電話して
    迎えに来てもらえばいいだろ?まあ○○君は一家団欒中だろうけどな」
    嫁「!!!!!!!」
    俺「とにかく今来ている服はそのままでいから、着の身着のまま出て行け
    離婚についての協議は後日弁護士交えてするから」
    喚く嫁を無視して、腕引張て追い出した
    よく考えたら嫁はネ果足だったので、可哀想に思ってビーチサンダルだけ放り出してあげた

    853 :修羅場まとめの殿堂~離婚・復讐・不倫・浮気まとめ~ 2016/07/12(火) 21:47:24 ID:uTu
    嫁は「冷房=害悪」という思考の持ち主で、とにかくエアコンをつけたがらない。
    マンションの部屋が南西向きで、今の季節は部屋が地獄のように
    暑くなるんだけど、それでも「電気代がかかるから」と言って、
    冷房をつけようもんなら烈火のごとくキレる。
    別段生活がカツカツってわけでもないんだけど、
    とにかく冷房にかかる電気代を嫌がる。

    嫁が暑さに我慢できなくなった場合のみエアコンをつけて、
    10分ほど経ったら消す。その繰り返し。
    「頻繁に電源を入り切りするほうが電気代がかかる」と言ってもきかない。
    一台しかない扇風機は嫁が占有。
    もう一台買おうと言っても一台で十分だと却下。

    仕方がないので残業を増やしたり、夜ジョギングにかこつけて近所のコンビニや
    ブックオフで立ち読みしたりして、不快指数が高い家にいる時間を少しでも減らすようにした。

    で、ある日の週末。湿度も気温もやたら高い日だったけど、
    嫁が「仕事が休みなら掃除でもして」と言うので、部屋に掃除機をかけることに。
    冷房をつけられないのでテーブルどかして掃除機を持ってきた時点で汗だく。

    終わったら風呂入って、涼しいブックオフでも行くかーとか考えながら掃除機かけてたら
    急に貧血みたいな感じでめまいがして、目の前が真っ暗になった。

    立ってるのが辛くなってきたので部屋の隅に座り込んだら、
    今度はだんだんと意識がもうろうとしてきた。

    夢うつつに嫁が「ちょっとどうしたの!!」とヒステリックに叫んでるのが聞こえた。

    続きます

    579 :殿堂 2016/10/09(日) 00:29:09 .net
    同級生の家に突然お邪魔したらカレーが出てきたんだけどこれがめちゃくちゃ美味くて、具材も豚バラとトロトロのジャガイモだけだったんだが最高に美味かった
    レシピ聞いたら飴色玉葱に市販のルーだけだって言われてなんかもう色々ガッカリした
    うちで出てくるカレーも市販のルーの筈なのに酸っぱいし苦いし具材も生煮えだし、なのにこの差
    それを嫁にさりげなく言ったら感想が具材がそれしか入ってないとか貧乏臭いwだけだった、もうガッカリ

    13 :殿堂 2015/06/24(水) 22:35:37 .net
    嫁浮気→発覚→離婚前提の話し合い→子供(上娘/下息子)の親権でもめる。
    間男は、嫁がパートをしていたスーパーの店長。嫁が浮気したのに
    親権=母親という形勢には納得がいかない。

    間男(独身)も子連れ了承。汚嫁も強気。調査の中でわかった間男の
    住まいを子供に見せる。ここがお前達の家になるかもね。

    間男の住まいは、アパート住まい。しかも、父さんへの慰謝料支払いで
    超ビンボーな生活になるし、転校もあるよ。とわざとらしく言う。

    我家は築浅の戸建。子供には自分達の個室もある。転校もない。
    しかも、俺実家は都区内にあって、娘が志望する高校の近く。
    さぁ、どうする!!

    さすがに中学生の娘。小学生の弟を言いくるめてあっさりと嫁を裏切る。
    親族会議の中で「私たちはパパと一緒にいる」宣言。嫁が必タヒに
    説得を試みるが、そもそも浮気した嫁に説得力なし、親族の援護も無し。
    義父の「お前にはその資格は無い」でジエンド。

    慰謝料もらい、親権も取れて、汚嫁と縁が切れたことはよかった。

    52 :殿堂 2008/05/07(水) 01:25:45
    旅行から戻った隣人に鯵をもらった。
    「鯵の叩きにするとおいしいわよ。」と言われた妻。

    とりあえず肉叩くハンマーで鯵惨杀殳。
    さらに、目玉も鱗も全てポテトサラダ作る時の
    芋を潰すやつでグチャグチャに、、、

    こんな料理だったか?

    942 :殿堂 2006/12/10(日) 23:56:45
    毎晩、二人仲良くダブルベッドで寝ているが
    この時期、夜中に寒さで目が覚める。
    羽毛布団をかぶっていたのに、どこにも布団がない。
    横を見ると、どうやったのか嫁が布団に360度ぴっちりとくるまっている。
    巨大ロールケーキのような嫁。
    ぬくぬくと心地よさそうな寝顔がかわいい。

    1 :殿堂 2019/05/13(月) 16:29:17 ID:xuFstiPIH
    今日旦那がいきなり離婚を言ってきた。
    興信所の名前の入った茶封筒を持って離婚を切り出された。
    どうしよう……。

    448 :殿堂 2010/08/22(日) 08:57:28
    妻の不倫を知り、悲しく、虚しく、そして怒り、いろんな経験をした
    今年の夏。今週15年の夫婦生活にピリオドをうった。
    胃の痛みに耐えながら二人を追い詰めていった。こんなみっともない話は
    誰にもできない。一人でココを見て勉強し実行した。復讐は完璧だった。
    手抜きしなかった。実際自分は一度だけ話し合いに同席しただけだった。
    間は一生立ち直れないと思う。すぐ先にあった部長の席どころか解雇だよ。
    離婚され、絶縁され、さらに妻の前に手をだしていた女の関係者からも新たに
    制裁されている。妻もまた華だった職を失い親からも見離され毎日自分に許しを
    請うにくる毎日。間もなく風イ谷だろう。
    ここに書いたのはお礼のつもり。自分みたいに苦しんでいる人間にはほんとうに
    ありがたい。だからこそ相談者を追い出すことは止めて欲しい。心からお願いする。

    792 :殿堂 2017/08/03(木) 00:30:51 ID:1hDvSPGq0.net
    我が家は毎週金曜日はカレーとなっている
    それは嫁が「海軍カレー」の言葉が好きで嫁提案からそうなった
    もうこの風習は結婚してから4年続いている
    金曜日の朝出勤時に
    俺「あ、今日はカレーだったな」
    嫁「はい、金曜ですからね」と何気ない会話して俺を見送ってくれた

    そして10時頃に嫁からメール(嫁はスマホではないのでメール)が来た
    嫁「今日はなにが食べたい?リクエストあればなんでも作ってあげるよ(ハート)」
    俺は「????」となり「今日は金曜だろ?」って返信
    嫁「ああ、そうだった。じゃあ美味しく作るね」と返ってきたが何か違和感があった

    結婚4年の間で夕食のリクエストなんて聞かれたことなかったしね
    それに朝はカレーと確認していたのにこのメールはおかしいと思った

    904 :殿堂 2017/08/23(水) 02:24:47 ID:6ocVFWtb0.net
    最初に言っておくます
    俺は頭が悪いです。文章は苦手。考えること苦手です

    で、本題
    嫁が浮気のカミングアウトしてきた。2年も不倫していた
    間男と一緒になりたいから離婚してくれと言われた
    慰謝料は嫁と間男がかき集めて170万もってきた
    財産分与も辞退するとか言われてね
    俺は目先のお金に目が眩み離婚承諾した
    喜び俺に感謝する嫁と間男がさ、なんかいじらしくってね
    祝儀に10万包んで渡してやったんだ
    更に2人は涙顔でお礼言ってたな。それ見て何か俺、いいことした感じになって
    俺満面の笑顔で「幸せにな!」とか言ってさ、円満離婚したんだ

    このページのトップヘ