彼氏・彼女・恋人・パートナー

    633 :修羅場まとめの殿堂~離婚・復讐・不倫・浮気まとめ~ 2019/04/20(土) 17:42:19 ID:1++kmhgb0.net
    彼が「◯◯へ旅行したい」って言うから
    「仕事が落ち着いたら行こうか」って返事をすると
    話題を変えてくる。

    別の日に「××へ旅行したい」ってまた言うけど、
    前述の事もあるから「良いところだよね」とか
    「行っておいでよ」って言うと今度は無言。

    後日、またまた同じ事を言うから
    今度はこっちが話題を変えたり放っておくと
    何回も「行きたい」って言う。

    ただの希望なのか、独り言なのか。
    こんな事が多々あって、ちょっとイラッ。

    407 :修羅場まとめの殿堂~離婚・復讐・不倫・浮気まとめ~ 2015/12/23(水) 04:56:04 ID:h2B8LfIL.net
    学生時代の話。
    ある時、付き合って半年位の同大学同学年の彼と一緒に学生にもお手頃な値段のステーキ屋さんに行った。
    そこで二人とも同じメニューを頼んだ。
    そのメニューは「特製ソース」が美味しそうで、楽しみだねって話してた。
    やがてステーキ×2と大きめのソースポットが一つ運ばれてきた。
    さあソースをかけて食べようと思った瞬間、彼がポットのソースを全部ステーキにがばちょした。
    びっくりして固まる私と、ん?という笑顔の彼。
    2人分のソースでひたひたになった彼の鉄板はジュォォォォォォ鳴ってるけど言葉がでなかった。
    その時テーブルの近くにウェイターさんがいて、それをばっちり見たウェイターさんも一瞬だけ驚愕の表情浮かべてた。
    彼がこちらを気にせずステーキを食べ始めたところで我に返り、
    「ソースかけすぎじゃない?」と言ったが
    「いやソースはたっぷりがいいww」
    「でもこれ2人分のソースだよ」
    「うんでも俺は大丈夫wwwうまいwww」
    なにも大丈夫じゃねえ、と思ったけど覆水盆に返らずだし、卓上にはハーブソルトとか特製スパイスとかあったからそれで食べることにした。お店で才柔めたくなかったし、ドン引きしてたのもある。
    そしたら申し訳ないことにウェイターさんがまたソースを持ってきてくれたので有り難い事に私もソースをかけて食べることができた。
    しかし私がポットを置いた瞬間、ソースは小さめのポットに1/3残っていたのだが、彼はそれをライスにがばちょした。
    無理だと思った。
    確かに特製ソースはもう本当に素晴らしく美味しかったけど、それはないだろと思った。
    今まで彼と食事した時はそんな事なかったから、ステーキが彼を狂わせたんだと思う。肉にテンション上がって周りが見えなくなってたんだと思う。
    肉の魔力って怖いね。

    18 :修羅場まとめの殿堂~離婚・復讐・不倫・浮気まとめ~ 2019/03/04(月) 14:21:26 ID:uiO.7b.ts
    今日突然、彼氏が無職になりたいと言い出した。
    彼氏は転職してプログラマーになりたいと勉強を頑張っているのだけど、今のバイトをやめて勉強に集中したいと。
    前から最近集中できなくて悩んでると言っていたし勉強してるところを見なくなったけどそこまでとは思わなかった。
    ちなみに今私達は同居していて、私はまだ学生の身分のためバイトで稼げる量に限界があり、かつ学費も自分で稼いでいるので生活費、家賃、光熱費は社会人である彼氏が払ってくれている。
    彼氏の転職を応援したいけど、私には貯金がないから無職になりたいと言われても助けられない。
    「これから家賃どうするの?」と聞いたら、役所の家賃補助を受けるから大丈夫って。
    前から思ってたけど、彼氏バカな気がする。家賃補助で何とか生活できるとは思えないし、無職になりたいっていう考えも極端すぎる。
    家事は全部引き受けていたけど、やっぱり大事なのは金銭面でのサポートだったのだろうか。
    そもそも彼氏の人生計画に私がいないんだな...と思ってめちゃくちゃ落ち込んでる。
    私もバカだけど今より彼氏へのサポートを強化して、金銭面でも助けれるように扶養外そうかな...私も大学の勉強したいんだけど、彼氏はもう限界みたいなんだよね...
    私は何をしてあげられるんだろうか

    986 :修羅場まとめの殿堂~離婚・復讐・不倫・浮気まとめ~ 2016/03/01(火) 06:00:21 ID:HGE
    ほんとただの愚痴だけども。
    幼馴染みとも言える彼氏と付き合って1年以上経つ。
    お互い気心も知れてるから、変に気を使う必要もない。
    2人ともインドアだし、一緒にだらだらできる関係は恵まれてると思う。
    でも、やりたいことがあって1人がいい日でも、呼び出されたら会わないとものすごく不機嫌になる。
    あたしの希望はあまり通らない。
    今日これ食べたいっていうと、えー…俺いい店知ってるよ!って自分の行きたいところに連れていかれる。
    もはや慣れたし諦めてるからいいけど、最近虚しさを感じるよ。
    ところ構わずべたべたしてくるのもやめてほしいなあ。

    48 :修羅場まとめの殿堂~離婚・復讐・不倫・浮気まとめ~ 2019/02/05(火) 19:31:37 ID:ku2.i3.6p
    勢いが怖かったのだけど追っかけてこないので、無事に彼氏と別れられたのだと思う

    振ったのは私なのに、傷ついてる自分がいる

    「それは嫌だからやめて」を「同じことをされても俺は平気だから大丈夫」で打ち破ってくる人で、
    耐えられなくなったから別れを切り出したのだけど、
    「言ってくれてありがとう。これからもよろしくね」しか返されず、話が通じないことに目の前が真っ暗になった

    あんまりにも彼氏が動じないので、私が悪いのか、説得できない私がおかしいのか、とずっと悩んでいた
    結婚話がトントン進められていって、一つ屋根の下で毎日こんな気持ちを味わうのはごめんだ、と振り切ったのだけど、
    「嫌だからやめて」や「別れたい」という私の気持ちを相手に伝えきれなかったことに傷ついてる

    私ってわがままかもしれない
    今後、お付き合いとかできない気がする

    366 :殿堂 2014/03/14(金) 20:27:36 ID:3nm4zwne.net
    墓場まで持っていくっていうか・・・・
    自分昔9歳年上の女性.と付き合ってたのね。趣味の集まりで出会って、仲良くなって
    そのまま流れで。
    けっこう優しい女性.で、自分が仕事で失敗した時とかもアドバイスくれて励ましてくれて
    居心地良かったのね。
    でもそのころ2ちゃんとかでは35過ぎたら羊水腐るとかババアの劣化とか
    そういう話が多かったんだよね。
    無意識に感化されたんだと思うんだけど、だんだん彼女が疎ましくなってきたんだよ。

    153 :修羅場まとめの殿堂~離婚・復讐・不倫・浮気まとめ~ 2011/11/02(水) 16:18:42 ID:TsU1ZSdz
    昔付き合っていた人で、イタリア海外旅行をしていた彼氏から疲れてるし眠いからお土産だけ先に渡したいと言われ、
    すごい不味いから食べてみて!と言うお菓子をお土産として渡された。
    日本の和菓子?でも似た様なものを見た事があるが、りんごとすももの形をしたカラブルで小さなお菓子が2つ。
    それは旅行中にも写メで「超マズイ!吐く!食べ物じゃねぇ!」と送られてきた物。
    日本のジンギスカンキャラメルや北欧のサルミアッキ等の不味さを売りにしている食べ物じゃなくて、
    たまたま入ったカフェで食べたお菓子がものすごく不味かったと言う事らしい。
    で、ゲロ吐く程不味いから!とか言いながら食べさせようとしてくる。
    いやなんでゲロ吐く程不味い物を食べなきゃいけないんだよ…。
    メール貰った時にそれ食べてみたいとか、買ってきてなんて言って無いし、不味い食べ物フェチでも無い…。
    そんな吐く程不味い物なら食べたくないんだけど…と言っても、
    いいから食べてみろって、マジ不味いから!マジ吐くから!と押し付けてくる。
    しかもお前への土産はこれなんだから!と…私へのイタリア土産はこのゲロを吐く程不味い菓子2個らしい。

    私の家の前で食えやだ食えやだを繰り返してうざいこいつ…と思い結局受取りすらせずに家に入った。
    その後すぐに大きな口をあけて食べようとしている彼の写メと「腐っちゃうだろー、食べろよー」とメールが来て更にイラッとした。
    そんな写真撮るくらいなら自分で食べれば?と返したら、
    「なんで俺がこんなゲロ不味いもの二度も食べなきゃいけないんだよ!(怒りの絵文字)」と来たけど放置。
    翌日郵便物の確認でポスト覗いたら輪ゴムで止めた紙ナプキンの包み(そのお菓子)が入ってた。
    別れた。
    友達に別れた理由を聞かれたので答えたら一口くらい食べてあげても良かったんじゃない?と言われので、
    自分の心が狭かったのかもしれないが、どうして食べなきゃいけなかったのか…とずっと思ってた。
    そもそもその不味い物をわざわざお土産として買ってきた事も意味不明だし、
    そこまで不味いと言う食べ物を執拗に食べさせて何をしたかったのか今でも謎。
    ちなみに彼が旅行先で食べた他のイタリア料理やイタリア菓子はすごく美味しかったらしい。

    538 :修羅場まとめの殿堂~離婚・復讐・不倫・浮気まとめ~ 2010/09/06(月) 06:47:19 0
    エネとは少し違うし長いので、叩かれない間にこっそり書き込み。
    出てくる関係者にはすべて元がつきます。

    夫とは見合い結婚。
    条件も良いし、こちらにも彼はいない時期。
    何度か会う間に、話は合うし、誠実でクソのつくほど真面目でウブな性.格が気に入って、
    とんとん拍子に話が進んで結婚した。
    交際中はキス止まり、新婚旅行中も抱き合って寝ることはあっても最後まで致らない。
    で、それとなく夫を誘ってベッドイン。
    結果から言うと、夫婦関係ができないわけじゃなかったが、
    最後まではムリ、どうやっても夫がイカない。
    それからまる2年、回数がかなり少ないし、イカないので子供はできなかった。
    その間、義実家からは孫催促がきつく、最初こそ夫は諌めてくれたが
    徐々にその話題になると青ざめるようになり、最後には「孫・・・」の
    言葉を聞いただけで吐くようになった。

    781 :修羅場まとめの殿堂~離婚・復讐・不倫・浮気まとめ~ 2019/02/10(日) 04:30:40 ID:jc2sCvvZ0.net
    学生の時に付き合ってた彼氏が自分に酔うタイプの男だった
    何の勘違いか私をどこぞの少女漫画みたいな「普段は無理して明るい性.格をしてるけど本当は繊細な女の子」だと思い込んでいた
    どれだけ違うと訂正しても俺はわかってるからの一点張り
    二人きりになるとあの時はつらかったな俺だけはわかってたから…と勝手な妄想
    現実で「大丈夫。本当のお前を俺だけはわかってるよ」とか言うやついるんだなって引いた
    しかもこの男、つらかったという場面で私を庇ったりしたことが一度もないから本当につらいときも何もしない口だけ野郎と気付くと無理だと思った

    722 :殿堂 2017/06/28(水) 21:44:18 ID:8HT
    結婚式直前まで行って破談になったことがある。
    当然ながらこちらから破談にしたのでキャンセル料はこちらが持ったし
    結納は倍返し、慰謝料もわずかだが支払った。
    弁護士さんは戦えばイーブンにできるかもと言ってくれたがもう面倒臭かった。

    きっかけは本当にくだらない小さなことだった。
    披露宴に関して、私より彼の方が夢見てて
    入場曲からケーキカットから何から何までBGMを指定してきた。
    「てんとう虫のサンバ」で入場、「エンドレス・ラブ」でキャンドルサービス、
    「秋桜」で両親へのお手紙、「愛と青春の旅立ち」で退場 etc.
    それがもう嫌で嫌で。
    特に「てんとう虫のサンバ」って古すぎるし可愛らしすぎる。
    でも彼はその歌に合わせて、ふんわりした可愛いドレスを着てほしいっていうんだ。
    そんなこと言っても最初の入場は和装なんだけど。
    お色直しそのものだって5回もやるって言いだして、3回にしてもらうのに説得大変だった。
    第一私は可愛らしいキャラじゃない。背も高いしふわふわ広がるようなドレスを着たら
    身長にあまり差がない隣の彼は貧相に見えるだろうし。
    ケーキだって芸能人でもないのに2mもあるようなのを希望してもうね。
    それ以前からロマンチストな人だとは分かってたけど、
    まさかこんな夢を描いていたとは思ってもみなかった。
    披露宴に関してことごとく意見がぶつかり、それだけでもキツイのに
    費用はお互い衣装代等はそれぞれが負担して、それ以外はトータル額を
    それぞれの招待者の割合で負担するって約束だったから
    自分で負担する衣装ぐらい自分が着たいものを着させてくれって言ったら
    じゃあ衣装代も俺が持つから俺が選ぶとか言い出して。
    私はこの人の着せ替え人形か?と思ったらもうダメだった。
    この段階にきて彼への気持ちが嘘みたいにスッと冷めて
    それどころか気持ち悪くなった。
    先方の両親は当然ながら憤慨したが(彼母にビンタも食らったw)
    幸い私の両親は「冷めたもんはしゃーない」ってスタンスで寄り添ってくれた。

    その後彼は「綿の国星」のチビ猫みたいな雰囲気のふわふわした可愛い女の子と結婚したし
    私もガテン系の頼り甲斐のある男性.と結婚した。
    あの時の私の決心のおかげでお互い幸せになれたんだから感謝してほしいぐらいだw

    このページのトップヘ