もやもや

    139 :殿堂 2019/01/24(木) 02:15:29 ID:uR4.28.ud
    二代目のバカ達に人生を潰された……

    俺は少し前まで映像系の制作会社に勤めていた。
    中小だし面白かったり有名なものを作っていたとは言い難いが
    昔からの仲間と仕事しつつ趣味に勤しむ日々はそれなりに楽しかった。

    ある日、二代目のバカ(社長の息子、肩書だけは立派)が飲み友達から
    紹介されたと、とある人気シリーズの続編の仕事を持ってきた。
    「え?あの作品が?マジで!?」と皆驚いた。
    何せウチは今までは下請け中請けの仕事ばかりで元請けなんてしょぼい仕事ばかりだったから
    そんな人気シリーズの話が何故ウチに……と思ったが理由はすぐにわかった。
    実はその案件、よくある話なんだが人気シリーズを作ったメインの会社が上の事情で外され
    別の会社に続き作らす、というものでその回って来たのがウチだったようだ。
    何でもそっちの方が元の制作会社に続きを作らせるよりも儲かるんだとか。
    主に予算のやりくりで……

    二代目のバカは浮かれまくってたが俺達は当然猛反対した。
    俺も一視聴者としてそのシリーズは知ってたが、一見簡単そうに見えて実はかなり特殊なテクニックを
    駆使してたり業界でも上の方の技術持ってる人が参加してたりして観てて羨ましかったが
    ウチじゃ絶対作れないだろうな~と思ってた、それは皆も同じでウチでそんなの作れる訳が無いと、
    そもそも人気シリーズの続編なんて荷が重すぎるし今ですら人材不足気味なのにどうするんだ?
    って社内でもかなりの人数が反対に回ったんだけど、結局二代目のバカの鶴の一声で、飲み友達(実はまあまあ偉い人らしい)
    から紹介されたというPJは強引にスタートした、では無くさせられた……

    322 :殿堂 2016/06/24(金) 22:20:20 ID:AJD
    私の姉は、離婚話が出ている時に大病を患った為、姉の娘の親権は姉旦那に渡った。
    離婚の理由は姉旦那の過剰なシスコンと趣味没頭。
    シスコンに関しては詳細を省くが、姉旦那は異常に水野美紀にハマり、
    仕事から帰ってくればパソコンを開いて画像を漁り、1台しか無いTVを自分がDVDを見るために独占。
    当然夜の生活も無くなり、姉を疎ましく思うようになっていた。
    ただ、娘のことには金を惜しまない。かなり可愛がっていたらしい。
    水野美紀の為の散財、姉への腫れ物を扱うような態度、姉旦那妹と姉が対立すれば、いくら姉旦那妹が悪くても迷わずそちらに味方する事に疲弊し、離婚話がどんどん進んでいった。
    親権でかなり才柔めたが、前述の通り姉に大病が発覚した為に親権が姉旦那に。
    姉は徐々に身体が動かなくなり、呼吸すら機会を使わなければならなくなる。それを聞いた姉旦那は、
    天罰だの神は俺に俺に味方しただのアレコレ言ってくれた。

    820 :殿堂 2016/11/18(金) 19:12:43 ID:LkgxZmBQ.net
    フェイク入れてる。スレチだったらごめん。数年前、高校受験の時。
    私は身体に障/害があって、それに応じた対応を受験の時に高校にお願いしていた。

    だけど、とある私立高校の受験の時、問題が起こってしまった
    「障/害があるのでそれに応じた配慮をして頂けないでしょうか」とお願いし、その時に使ってもらいたい物の説明をした。
    けど、学校側からはその説明を全く聞いていないかのような対応をすると言われた。母は「どうせ学校側は私子が受からないんだろうから適当な対応でいいと思ってんでしょ。ナメてんのよ」と怒っていた
    元々本命の高校じゃなくて滑り止めだし、そんなにプレッシャーもなかった。
    むしろ「ナメられてムカつく、受験生の中でもトップクラスの点数取ってやる」って思ってたな
    そしてその高校の受験が終わって、合格発表の日
    私はその学校に落ちた

    それが人生で一番最初の受験だったから、かなりショックがでかかった。テストの手応えはかなりあったし、私くらいの成績だと落ちる方がおかしいってくらいの学校だったし。ぶっちゃけ200点くらい取れれば合格の所。何で?って思いが頭の中でグルグルしてた。
    その数日後だったかな、中学校に行ったら学年主任に呼び出された。
    何だろうと思ったら、「実はな、私子さんは○○(受験した私立高校)に落ちるような成績じゃないだろう。おかしいと思って、特別に問い合わせてみたんだ」と言われてビックリ。
    そしてその後の言葉で更にビックリ。
    学年主任「私子さんの試験の成績では、合格ラインをかなり超えていた。けれど、障/害が原因で入学後に問題が起きても学校側は責任が取れないから、不合格としたそうだ」

    正直言って愕然とした
    学年主任と担任にはまだ次があるから気を落とさないでねって言われた


    今思えばお金かかってもいいから裁判に持ち込んで受験料くらいは返してもらってもよかったのかもしれないけど、その後にまだ他の高校の受験があったしそれどころじゃなかった

    家に帰ってその報告したらカオスだった…同居してる祖母は泣きながら「そんな事があってたまるか、学校に電話して怒ってやる」って言い出すし母親も無言の怒り

    結局その私立高校の近くの高校に合格して楽しい学校生活送ってました
    思い出しながらムカついてきたなー。
    長文スマソ。終わりです。

    1 :殿堂 2014/10/18(土) 00:33:48 ID:VlOTuYr6v
    君は常識がわかってない、って度々言ってたけど
    常識ないのはそっちだろ

    534 :殿堂 2018/06/19(火) 20:25:50 ID:l9YeJOxT.net
    妹が高校3年の時に父親はすでに定年してて、25歳で独り暮らしだった俺は実家に戻るよう両親から懇願された。
    通勤時間が7倍になり、毎月家に8万入れることになった。
    その代わり(といっても足りないが)妹が大学を卒業した後はこちらの生活に干渉しない、との条件をつけた。
    妹は無事大学を卒業し、24歳で結婚。俺も独り暮らしを再開してた。
    先日結婚祝いを渡しに帰ったとき

    父親「お前は結婚しないのか?結婚して孫のかお見せろ」
    俺「生活に干渉しない約束でしょ」
    父親「結婚して孫の顔を見せないとはなんて親不孝な息子だ!」

    ここで母親も加わって俺を責める。

    俺「じゃあ息子と思っていただかなくて結構。もう二度と帰らん」

    とそのまま荷物を持って帰った。
    恩を忘れるどころか親不孝とまで言う親にスレタイ。

    219 :殿堂 2016/04/16(土) 19:12:24 ID:Zj1
    二年前まで中距離恋愛で付き合っていた
    元カレ(福岡人)からのメール。
    今日たまたまパソコンメールみたら
    届いていました。昨日の夜の話です。
    不謹慎な文章入ってるかもです(;´Д`)
    君 の部分は私の名前ですが原文ママです。

    久しぶりだね、元気にしてる?
    君と離れ離れになって早2年だけど
    俺は君の事を忘れたことなんて
    一度もなかったよ。
    あの時は君の存在が当たり前になってしまって
    本当に大切なものが何か忘れていたようだ。
    だから君の心も体も傷つける事を
    平気でしてしまったんだよな………
    本当に申し訳ないと思っている。
    でも今残酷な大きな地震が起きているよな。
    俺は今も続く余震に怯えながら生きている。
    君の家は大丈夫か?妹ちゃんは大丈夫かい?
    一人でいる君の事を守れるのは俺だとわかったんだ。
    それはこの地震があったから気づけたんだ。
    だから、もう1度俺とやり直さないか?
    俺はもう2度と君を離さない。
    またやり直して今度こそ結婚しよう。
    そして君と可愛い可愛い子供を作りたい。
    幸せにしてみせる。俺なら出来る。いや、してやる。
    電話で言いたかったんだけど
    電話番号が違っていたから
    パソコンのメールで俺の気持ちを伝えるよ。
    もし俺とやり直してくれるなら
    電話くれないか?080-****-****だ。
    俺は待ってる。君の事を待ってる。ずっと。
    愛しているんだ。君だけを。だから待ってる。
    長ったらしくごめんな!
    またメールするよ!

    テンプレかよと思いましたが気持ち悪かった…。
    ちなみに私は今回の地震の震源地に少し近い場所に
    就職してましたが、大阪に転勤し、
    その後今の旦那と結婚し、息子もいます。
    秋にはもう一人産まれる予定です。
    もちろんこのメール見つけてから
    持っていたパソコンメールはアドレス変更
    もし電話番号何かで知られて掛かってきたら怖いので
    送られてきた電話番号は着拒登録しました。
    こいつと別れた原因は奴の暴力と軟禁生活でした。

    150 :殿堂 2020/01/13(月) 11:28:57 ID:qr.be.L1
    不妊治療中、クリニックで知らない人に声をかけられた
    知らない人じゃなく同級生らしいけど太り過ぎで面影がなくて思い出せない
    相手も不妊治療中らしいけど子連れでクリニックに来てた(入口に控えて下さいってやんわり書いてあるけど幼稚園帰りに連れてきたらしい)
    子供が妹か弟欲しいっていうからと事情を話し出し、でもうちは一人いるからね~!と不妊専門のクリニックでうちの子可愛いでしょ自慢をはじめた。怖いと思って受診の曜日を変えた。
    数年して子供が生まれて、はじめての正月。身内で外食に行くと会計待ちで肩を掴まれた。そいつだった。
    出産を祝ってくれた口でまた同じ話をされた。一人いるから不妊治療は諦めたらしい。またうちの子可愛いでしょ、可愛いよねと詰め寄られて、可愛いけどお前が嫌いだと思って早く帰りたかった。
    同じ市内にいるからまた会うかもしれないけどあっちの顔が覚えられないから避けられる自信がなくて憂鬱

    585 :修羅場まとめの殿堂~離婚・復讐・不倫・浮気まとめ~ 2008/03/07(金) 18:51:28 0
    この間インフルエンザになった時に(子供二人と私)
    そのまま仕事に行こうとするから
    「あの、ご飯は?」
    「俺、外で食ってくからいいよー。」
    「いや、私と子供の。」
    「えー?食欲あんの?食べる気あるの?」
    なんとか買ってきて貰う事は出来たが
    どうやって旦那教育すればいいんだろ。
    元気になった時に
    「あれはひどいよ。君にも同じ事しようか?」
    「えー。自分がやられたら嫌だった事を俺にするの?
     人にやられて嫌な事はすんなよ。性.格悪いね。」
    結婚して15年。
    私が具合悪くなるとこんな感じ。
    言っても上のように言われるだけ。

    527 :殿堂 2014/03/01(土) 06:02:02 ID:3hVKsvhm.net
    書き逃げ

    昨夜、仕事から帰ってきたらうちの前で放置児が血まみれで倒れていた
    さすがに放ってもおけんので警察を呼んだが、
    放置児が「お母さんに・・お母さんに・・」とうわ言を漏らすので
    来たお巡りさんは私を母親と誤解し何やったのと怒鳴りつける始末
    ご近所さんの証言でうちの子ではなく、むしろ近隣が迷惑している放置児だと理解してもらえた
    放置児は救急車で搬送されたが、もちろん親とは連絡がつかなかったので
    警察が小学校の担任と隣の市在住の祖父母に連絡し来させた
    何で私の家に来させたのかは不明だが、うちの前に捨てていったからには
    戻ってくる可能性.もあると言われては反論もできず
    ただし屋内には入れずに、血まみれの玄関先を掃除させていたところ、
    日付が変わったくらいに千鳥足の放置母がヘラヘラ来襲
    「預かってくれる約束をしたのにいなかった(放置児押しつけの常套句)から
    置いていった」とだけ証言し、子供への暴力は否定していたが
    公衆の面前で無関係の私を怒鳴りつけた後ろめたさからか
    お巡りさんは必要以上に叱りつけて現行犯逮捕し連行していった
    担任と祖父母も自分たちの車でついていったので、私たちはようやく解放された

    あれだけの大騒ぎだったのに、親子だからか今朝の新聞には載っていない

    155 :殿堂 2009/11/02(月) 19:40:55 ID:WJT7EI3K
    温泉旅館に行った時の事。
    そこは源泉掛け流しで、硫黄の香りがきつくて湯の花がフワフワ浮いた、いかにも体に効きそうなところだった。
    宿についてすぐに温泉を堪能し、脱衣場でくつろいでいたら、他のお客さんらしき若い女の子が入ってきた。
    その子は服脱いで風呂場に行ったと思ったら直ぐに戻ってきて、
    何故か私を凄い形相で睨んで、服を着て出て行った。
    その着替える間何度も睨まれた。
    え?なんか私、悪いことした?と、訳がわからず、とりあえず風呂場に何か失礼な忘れ物でもしたかと見てみたけど、特に何もなく、
    微妙な気分で部屋に戻る事に。
    途中の廊下で、先ほどの女の子が仲居さんに怒鳴るように文句を言ってるのが聞こえてきた
    「…もう超汚くて!前の人がお湯の中で体こすったみたいで!…」
    で、二人の横を私が通り過ぎる間、また凄い形相でずっと睨まれ、
    通り過ぎたら小声で「…あの人」のような事を言われた。
    仲居さんは湯の花だと分かって、どう説明しようかと考え考え話してる様子だったから特に声をかけなかったけど、
    何より、そんな温泉の湯船いっぱいに白いものが浮かぶほど垢だらけに見えたんかい私は、と思ったらショックで夕飯が喉を通らなかった。

    このページのトップヘ