ほのぼの

    839 :殿堂 2020/01/11(土) 15:14:55 ID:L3B
    昨晩、旦那は会社に泊りでひとりだったんだが、
    夜中に台所の方からさんまの引き笑いみたいなのが突然聞こえてきた。
    怖くて布団の中で震えてた。
    泥棒だったらどうしよう、寝室に武器になるものないだろうか、
    でも音たてたら拙いし、などなど考えてたら治まったので
    静かに布団から出て、音立てないようにクローゼット開けて
    使わずに立てかけてあった突っ張り棒を取り出し
    それを武器にして寝室内で構えていたら
    また、ひゃーーーーーひゃっひゃっひゃーーーーーーー!!!って聞こえてきた。
    しばらく考えて思い出した。
    暮れの大掃除で、不燃ごみ最終日に間に合わなくて
    次の収集日に出すのを忘れないように台所に置いておいたファービーだったw
    電池抜いておくの忘れてた。
    教えてくれてありがとう、ファービー。

    47 :殿堂 2020/02/10(月) 18:39:46 ID:5Do
    義実家とはスープの冷めない距離で住んでるんだが、
    半年ほど前に義父がまだ70になったばかりで心筋梗塞で急タヒした。
    あまりに突然だったので義母が心配なぐらい落ち込んでた。
    すごく仲の良い夫婦だったんだ。
    義父は定年退職後に再就職した会社を昨年退職したばかりで
    義母はこれからふたりで沢山旅行するんだって嬉しそうに話してた。
    昨年は初めて熊野古道に行って初心者コース歩いてきて、
    次は中級コース、その次は一番長いコースを歩くんだって
    楽しそうに話してたんだよね。
    写真も沢山見せてもらったけど、本当に楽しそうに
    少女のような笑みを浮かべてて。
    なのに突然・・・。
    もう見てられないぐらい気落ちして、心配だから私と夫とで
    交代で義実家で寝泊まりしてる。
    子供もばあちゃんのこと心配して顔を出してくれる。
    前は孫がくると嬉しそうに応じてくれたけど
    声を掛けても目に入ってないような感じ。
    本人も元気出さなきゃって思ってるみたいだけど
    何をやってても義父のことを思い出してしまうみたいで
    ふいに涙ぐんだりして見てらんない。
    それで私も知ってる義母の趣味仲間に連絡とって
    今の状況を話して相談したんだ。
    そしたらその人が、他の趣味仲間を集めて励ます会をしてくれて。
    中には旦那さんをもう亡くしてる人もいたみたい。
    おかげで少しずつだけど元気になってきた。
    一周忌が終わったらその趣味仲間と熊野古道を歩きに行くんだって。
    その仲間ってのが健康体操の仲間だけあってみなさん健脚で
    熊野古道は一度は行ってみたかったとか言ってくれてる。
    なんか感動しちゃったよ。
    あんな年になっても、あんなに夫のことを愛せるって素敵だな。
    あんな年になって、あんなに素敵な仲間がいるっていいなぁ。
    自分が70になった時、どんなふうだろう。
    夫のことは変わらず愛していたいと思うけど
    あれほどの仲間に恵まれるだろうか。ちょっと自信ない。
    でも義母にはまだまだ義父の分も生きててほしいし
    少しでも義母に近づけるようにお手本にさせてもらいたい。

    45 :修羅場まとめの殿堂~離婚・復讐・不倫・浮気まとめ~ 2018/01/18(木) 11:51:46 ID:4f8
    昨晩、車に置き忘れた荷物を取りに外へ出た所、「ニャー」と上から猫の声がする
    見上げると屋根の上に飼い猫がこちらを覗いてた
    「なにしてんの?」と声かけるも、ひたすらニャーニャー鳴くだけ
    「遊んでんの?でも寒いから荷物とったら戻るよ」と荷物を取りに動くと
    私の後を追うようにして屋根の際から追いかけてくる
    私が右に動けば右に、左に動けば左に…
    その間もずっと鳴き続けているのだが、元々そんなに鳴く猫ではないので
    なんかおかしいなと思ったのだが、ひょっとして屋根に上がって下りられなくなったのでは…と思い直した
    屋根の下辺りに、それなりに大きいな石があるので、それに上ってどうにか手が届くか届かないかだったので
    近寄ってきた猫に「○○(猫の名前)こっちゃこい!」と声をかけ、足を出してきたら捕まえようと思った
    そうしたら猫のヤツ、遊んでると思ったのか、私の手を猫パンチしてくる
    「お前ッ!何してんだッ!こっちこいッッ!」と怒るが、猫はますます調子に乗り(?)
    あっちへ行ったりこっちへ行ったりしながら猫パンチを繰り出してくる
    5分ほどそれを続けたが、荷物を取りに行くちょっとの間と思って薄着だったので、いい加減寒くなり
    「お前もう知らないからな」と手を伸ばすのを諦めた途端に、遊び終わったと思ったのか
    屋根から側の木の枝に飛び乗って普通に下りてきた…
    猫ーーーーーーーッ!!!w

    188 :修羅場まとめの殿堂~離婚・復讐・不倫・浮気まとめ~ 2014/02/12(水) 18:46:57 ID:AHTDZ2v8
    数年前の話。フェイクあり。
    A子は幼い頃母を亡くしており、A父が男手一つでA子とA妹を育てあげた。
    幼いころから助け合ってきたおかげか、姉妹はとても仲がよかった。

    そんなA妹が交通事故で亡くなった。これが第一の修羅場。
    A父とA子はとても可愛がっていたため、日に日にやつれていった。
    特にA父の憔悴ぶりはひどく、最終的に働けない状態になってしまった。
    その頃A子は就職して一人暮らしをしていたため、
    父に対し一緒に住むことを提案していたが、父は拒否。
    だが日に日に減っていく退職金。
    A父のプライドは高く、「娘に(金銭的に)頼るくらいならタヒぬ」という考えで、
    A妹のタヒから2年後に自杀殳を図るも、間一髪でA子が発見、救出。第二の修羅場。
    泣いて説得し、二人で暮らしていくことを決意。

    一方A子には5年ほど交際してるBがいたが、結婚を考えたとき、
    A子は父親の面倒一生みるつもりでいたため、結婚はできないと判断。
    Bの性.格的に「私よりももっといい相手がいる」と言っても反対するだろうと思い、
    「浮気相手がいる。別れてくれ」と別れ話を切り出す。
    だがBは「今日夢にA妹が出てきた。嘘をつくな」と一蹴。
    そこでひと悶着あったが、BはA子にプロポーズ。
    B両親も暖かく迎え入れ、最終的にBは三男のため婿養子となった。

    Aが私。数ヶ月夢で妹が私のお腹を指差して「その子女の子だよ」と言っていて、
    翌朝なんとなく予感がして検査へ行ったら妊娠発覚。
    先日の検診で女の子だと分かったので書き捨て。
    お腹の子が妹みたいに優しい女の子になるといいな。

    726 :殿堂 2018/02/15(木) 18:45:06 0.net
    友人が美人で金持ちと結婚して今幸せみたい
    寄ってくる男がクズばかりで金持ちとかイケメンってだけで結婚する人が分からないって言ってる人だった
    旦那さんとおつきあいする時に某飲食店のバイトをしてるけど収入は無い良いのか?っていわれたんだけど友人はOKしたんだって
    人柄が温厚で素直で優しい人だったからこの人と結婚したいって思ったらしく…
    私は内心大丈夫かなーなんて思ったけど、結婚式の時にバイトの割には良い結婚式するなと思って参加してきた
    友人が新婦の待合い室で泣いてて、旦那が今日の日の為にお金貯めててくれてたみたいなの、私一生あの人と一緒に頑張って支えて暮らすって泣いてた
    私も泣いたわ
    でも結婚式の時に旦那さんがいきなり某企業の社長だと発表
    花嫁パニック。滅多に見られない結婚式を見せて貰った
    隠された事に腹を立ててたけど今は幸せにやってるみたい
    あとから聞いたけど旦那さんは金目当て権力目当ての寄ってくる女に嫌気がさしてたらしい、騙していて心苦しかったけど、職業をバラしたら目の色変えられたらと怖かったみたい
    こんな結婚もありだないいなぁと思う

    414 :殿堂 2015/08/18(火) 17:19:05 ID:riBYf26T.net
    30年くらい前、夜中に仕事に行っていた父が、動物を拾ってきた。
    聞けば、
    「国道のど真ん中でウロウロしてた。あのままだと轢かれてしまう。」
    で、持ち帰ってきたんだけど、その動物はジーっとしてるだけで、うんともすんとも言わない。
    でもめちゃくちゃ可愛い。
    柔らかいごはんをあげたら、もぐもぐ食べた。
    我が家では、これはタヌキだろ?
    って結論になり、次の日、誰にこのことを相談すべきかの話し合いが行われた。
    タヌキって飼えるのかなぁとか。
    あまりの可愛さにノックアウトされた父が「うちに住みたいよなぁー」と聞いた。
    そしたら、そのタヌキが一言
    「ワン」
    って言った。…犬だった。
    家族みんな、椅子から落ちるくらいビックリした。

    44 :殿堂 2014/07/07(月) 19:27:13 ID:???
    この時期になると思いだす話
    もう10年くらい前

    近所のねーちゃんが外人の旦那連れて帰ってきた
    旦那は身長2メートル近い白人
    ねーちゃんはとあるオタ系在宅自由業
    東京の気候がイヤになって田舎に戻って畑でもしながら
    仕事するべと旦那と話し合って戻ってきたらしい
    ちょうどネットやメールも普及しきった頃だったし

    田舎の年寄り連中はゲージンだ、ゲージンだと
    白人旦那にびびったが、旦那が気のいい人なのと
    畑仕事を熱心にやってる姿に打たれてか
    だんだんみんなに溶け込んでいった

    余談だが白人旦那は回覧板を回すのがなぜか好きで
    回覧板が来るといつも大喜びで「ボクが回す!」とすぐ
    隣に回しに行っていた(読めよ
    あと日本の犬が大好きで犬がいる家に回覧板を回したがった
    いや順番があるんだよ
    しょうがないから旦那のために次を犬がいる家にしてやった

    18 :修羅場まとめの殿堂~離婚・復讐・不倫・浮気まとめ~ 2010/07/03(土) 20:54:48 ID:1S6GtgZ7
    家では、夏のこのごろになると冷やし飴の原液をつくる。冷やし飴はぐぐってもらえばわかるけど、
    生姜湯の冷たい版だと考えてもらえばOK。
    しょうがすりおろして(大量)、砂糖とはちみつ入れて(大量)煮詰め、とろっとした液をさまして、
    ペットボトルにつめ、冷蔵庫保管。一月ぐらいもつけど、普通に水で割ったり、ソーダで割ったり、
    焼酎割り、ハイボール割り、麦茶割りなど飲みまくるので、2週間ぐらいでなくなる。

    家にきた子どもの友達にも飲ませる(子ども用にしょうが控えめで甘い)とおいしいと好評。
    なので、希望者の子どもたちに生姜のすりおろしを手伝わせ、翌日小さなジャムの瓶に入れて
    手伝い分として分けた(だいたい4人家族で8杯分ぐらい)

    はい、湧きました、セコケチw 子どもの友達でも何でもないけど、分けた友達のところで飲ませて
    もらい、それをセコママが聞いて、うちに来た。
    インターフォンの画面越しに満面の笑顔で「分けてもらえるんだって?」
    はい、分けてあげますよ、労働してくれたらね。ということで、冷やし飴作り第3回目。しょうが1キロ
    のすりおろしを手伝ってもらいました。途中で音を上げたら分けてやらんといっておいたので、
    ひいひい言いながらすりおろしてくれました。おかげで3リットルできたよ、あんがと。
    翌日500ミリリットルに入れて渡してやったら、足らないといったので、レシピもつけてやった。
    セコママ、冷やし飴作りにハマったらしい。素直なセコママでよかったよ。

    614 :殿堂 2017/08/10(木) 16:31:42 ID:yzD8RkQud.net
    今晩頑張る。
    嫁と結婚して数ヶ月後に転勤の辞令が下りた。その転勤は出世に必要だったから蹴る訳にはいかずに嫁に話すと仕事を辞めて着いていくと言ってくれた。
    でも嫁は転職してやりたかった職に頑張って就いて、やっと一人立ちしたようなところだったし、数年で戻ってくるのも分かっていたので、話し合って単身赴任を選択した。
    幸い入籍と結婚式を同じようなタイミングでしていたから、そういった面で我慢を強いたりすることはなかった。
    それでも新居に一人きりだし、子供に関しても一人で全部背負わせる訳にもいかずに待ってもらってるし、嫁が描いていた人生設計から大きく外れることになったと思う。
    それでも仕事頑張ってだとか、遠距離恋愛みたいで楽しいとか言ってくれたり、したことがなかった一人暮らしも楽しんでいると言ってくれていた。その代わりに中間地点で旅行に行ったりしていた。
    もうすぐ戻れるはずなんだけど、この前嫁と一緒にいるときに偶然携帯が見えちゃって、友達に「旦那に嫌われたくないし、めんどくさいって思われたくないから、とりあえず現状維持」みたいなことを書いていた。
    やっぱり我慢させたり寂しかったりしたんだろうなと思った。きっと早めに子供も欲しかっただろうし、俺と結婚してなかったら今頃子供がいたかもしれないとか思うと申し訳なさしかなかった。30も越えたし。
    お盆休みはそれなりに長いので、無理を言って今日は半休を取らせてもらった。嫁には明日の朝一で帰るって言ってある。

    486 :殿堂 2015/02/17(火) 18:41:59 .net
    いい話の途中で おじんの話を少しだけ。

    第三者の立場になるのかもしれないが、ご勘弁を
    息子が結婚して、息子夫婦はたまに遊びに来るぐらいで
    息子の嫁も気立て良く、明るい子で良かったと思っていた。
    よく私の妻と嫁姑の茶飲み話(愚痴こぼし)が出来るので
    そっちの関係も良好みたいだった。

    息子が出張から戻る日、嫁さんが実家から貰って来た到来物のおすそわけがあり
    それならば、こちらで晩御飯を食べて、帰ったら寝るだけにすれば?
    の流れで、夕飯 息子も俺もアルコールはダメダメだが、嫁姑はけっこういける
    らしい。スーパーで買ったチュウハイを飲むとおしゃべりも饒舌になる。

    息子嫁「息子くんはあたしによく『愛してる』って言ってくれるでしょ。嬉しいし
    幸せなだなーって思ってるの。その話を嫁友3人とお茶した時にしたら、
    3人ともそれなりの会話はあるけど、『愛してる』は言ってくれた事がないって
    それが寂しいっていってた。」

    俺妻「うちなんて、何年か前からそれこそ毎日のように言ってくれるけど、最初は
    嬉しかったけど、マンネリよねw。でもこの年になっても(色々とw)
    仲良くできるんだから幸せなのかしらね。」

    俺「・・・・冷汗」まさか2chを見てなんて言えなかった。
    「まあ、愛してるという言葉が大切だと会社の若社長(先代の息子)が
    言っていて俺たち年配者に実践を強要したんだ。(と嘘のいいわけをした)」

    息子嫁「息子くんと共通の友人たちなんだから、一度義父さんから説教して
    やって下さいよ。w」
    冗談とも本気ともつかないまま、その日はお開き。

    このページのトップヘ