2021年08月

    222 :殿堂 2012/02/04(土) 07:45:05 ID:nQb/pRXS0
    不イ侖して嫁に離婚を考えてるって言っちゃう人って愛されてる自信がある人だなーって思う。
    もちろん皆が皆そうではないが、うちの旦那も不イ侖して離婚してほしいと言ってきたくちなので。
    呆然としてる私達に、プリがどれだけ自分を愛してくれてるか、自分はプリと家族の間でどれだけ苦しみ考えぬいたか、君たちは悪くないって…もう安いドラマの主人公みたいに…
    何て言うかの家族と本当の愛に挟まれる自分に酔ってる感じだったわ。
    なぜ娘たちの前でいきなり言ったかはわからない。だが泣いてる娘の肩に手をまわし語りかけてる旦那見て、「この人はこうやって泣いて引き留められると分かってやっている、または泣いて引き留められたいが為に娘の前で言い出したんではないか…」と思ってしまった。
    まぁ、こんな糞はうちの旦那ぐらいだけどさ。

    152 :殿堂 2012/11/17(土) 08:48:54 0
    先日、補聴器買い換えで怒号飛び交う家庭内修羅場が
    解消された報告をしたものです。
    補聴器機能忄生の話ではありませんが別のプチ修羅場を
    吐き出させて下さい。

    自分、夫、トメと三人で遠方の葬式に出席する途中の
    新幹線の中でトメが「補聴器がない!」と言い出しました。
    出かけるときに装着していたのは私も確認していました。
    どこで落とした?と考えると修羅場だった。
    なぜなら
    バス~在来線~新幹線駅~新幹線の車中←イマココ
    で言い出したから、どこで落としたか見当をつけるのも大変。
    取りあえず夫と手分けして、新幹線の乗車口~座席まで、
    座席~トイレ(トメが1回いったので)を調べるも発見できず。
    車掌さんには終着駅で掃除に入られるときに注意をお願いしました。
    新幹線内で落としたのなら、見つけてくれる希望がありました。
    掃除は、あの海外メディアも取材に来た完璧な掃除で有名な会社だったから。
    その一方でバス会社や在来線駅、乗車した新幹線駅に「落し物が
    あれば連絡をお願いします。」伝言を夫と電話しまくった。
    見つからないだろうな、夫の冬のボーナスは減額なのに
    また補聴器がたくさんの諭吉を連れて行くんだ~と思ったら
    しょんぼり。台所リフォームの夢がまた遠のく・・・と
    外見は葬儀に参列するのにふさわしい表情に見えたと思います。
    トメは「耳穴式は落としそうで不安だった。嫁子さんが
    薦めるからアレにしたけど・・・。」と愚痴りだす始末。
    「耳に入れたものが落ちたら、普通は気づきますよ!」と言いたいが
    補聴器のない人間に反論するのは、怒号になるので車内では
    みっともなくてできず、沈黙。

    389 :殿堂 2021/05/19(水) 08:14:14 ID:M2.is.L1
    小学生の頃、朝学校に行ったら教卓に花瓶が置いてあって、しかも花の首?の部分がぽっきり折れてた。
    机の上に一輪挿しの花瓶=タヒんだ子に手向ける花の意味になるうえ、その一輪挿しの花が折れてたもんだから先生が壊れた。
    必タヒに犯人探しをする先生に向かい、A子ちゃんが手を上げて発言した。
    「先生、それ、後ろのロッカーの位置だと強風で花瓶が倒れちゃうから、誰かが倒れないように教卓に置いたんじゃないんですか」
    実際にその時期は風が強く、よく後ろの掲示物が剥がれて飛んでたりしていた。
    だけど教師はA子ちゃんがやったことを誤魔化すためにうそをついてるんだと頭から疑ってかかった。
    A子ちゃんは見知らぬ誰かを信じてるのに、先生はA子ちゃんを犯罪者でも見るような目で見ていて、私はそれがすごく印象にのこっている。
    事の真相はA子ちゃんの言ったとおり、花瓶が風で倒れたから、動物係で朝一に登校した男子が教卓に置いてただけだった。
    花瓶が倒れているところを男子が見つけ、水がこぼれていたから雑巾で拭いてた姿を別のクラスの動物係の子たちも見て手伝っていた。
    花が折れてたのは風で倒れたせい。
    先生はキレた手前引っ込みがつかなくなり、男子に「そういうことはきちんと報告連絡する!それをやらないのは無視してるのと一緒!」と八つ当たりしてた。
    他にもチーム別に社会見学に出発する日に、A子ちゃんと同じチームでたまに遅刻する女子が集合時間に登校してこなかった。
    皆また寝坊したんだと言ってたけど、A子ちゃんは「お家で何かあったのかもしれない、それで連絡もできないのかも」と心配しており、
    実際に女子のお母さんが急に産気づいたとかで朝から病院に駆け込む事態になっていたらしい。
    A子ちゃんはこんな感じで頭から他人の非を疑うようなことはしなかった。
    忄生善説を信じていたわけではなさそうだったけど、
    考えうる可能忄生があるなら疑うより先に事情があるのだろうと考えるようだった。
    だけどA子ちゃんの態度が気に食わない意地悪な子はA子ちゃんの陰口をよく言っていた。
    アホな先生がA子ちゃんの陰口が書かれたジャポニカ学習帳に扮した交換ノートを取り上げて(クラスで交換ノート禁止令が出てた)、
    それを間違えてA子ちゃんに渡すというとんでもないミスをやらかした。
    一体どうしたらそんなことをするのか分からなかったけど、名前が無かったため、A子ちゃんはノートの内容を確認した。
    私も中身を見たけど、開かれたページには単に好きな男子と話すA子ちゃんが気に食わないという理由だけでA子タヒねとか普通に書かれてた。
    A子ちゃんは「これは私が見たことにしない方がいいよね」と言い、名無しボックス(持ち主の解らない忘れものを入れる)に
    名前のないその交換ノートを放課後誰も見ていないスキに入れて放置した。
    ゲスいけど、皆そういう他人の秘事を見るのって好きじゃない?
    翌日すぐさまそのノートは男子たちの手に渡り、皆の前で晒された。
    持ち主の女子たちはそのノートがA子ちゃんに渡ったことを知らないから、先生が晒し物にしたとブチ切れてたものの、
    内容が内容なだけにそもそもこんなこと書かなければ良かっただけのことと擁護の声はほとんどなく、
    先生も先生でまさかA子ちゃんに渡したと言い出せないのか、それとも単純に別のノートを渡したと思い込んでるのか、A子ちゃんを責めることはなく、
    しばらく女子グループと先生で何度も話し合いをしていた。
    クラスメイトはA子ちゃんに「あんなこと書かれて傷ついてない?」と心配されていた。
    普段ならA子ちゃんは相手にも事情があったのかもしれないと言う場面なんだけど、
    A子ちゃんはとてもしおらしく「大丈夫だよ、心配かけてごめんね」と悲し気な表情で答えていた。
    寛容で優しいA子ちゃんと、そんなA子ちゃんにタヒねとまでいう底意地の悪い女子たちの構図が一気に出来上がった。
    その当時は何か凄いことになったぞとしか思ってなかったけど、こうして改めて客観的に文字に起こしてみると、A子ちゃんの強かさの凄さがわかる。

    A子ちゃんの親は転勤族らしくて、5年6年の2年間しか一緒過ごせなかったけど、
    私はA子ちゃんのお陰で、まず人を疑う癖を直せたし、陰湿な相手との接し方も学べた。
    A子ちゃんとの出会いがなければ、きっと他者から見てかなりの忄生格ブスになってたと思う。

    777 :殿堂 2014/07/12(土) 20:35:43 ID:G6cY19BuO
    私ではなく、兄の修羅場。当時の年齢で、
    兄:16歳
    私:14歳
    弟:14歳(二卵忄生の双子)

    兄は絶望的に病弱(生まれつき心臓が大きくて負担がかかっているとのこと)
    激しい運動は絶対にダメだし、普通にしてても熱を出したり寝込んでいることのほうが多い。

    それに引き換え、私と弟は兄から健康を奪って生まれてきたのかと思われるほど健康優良児。
    弟はもとより、私も身長は当然兄より高い。
    弟はイケメン、私はブサの範疇に入る。
    弟は忄生格はクズだけど、兄には優しい。反抗期まっただ中でも、兄が「お母さんのいうこと聞かなきゃダメだよ」って言ったらしぶしぶ従う。

    私達が中二のころに弟に彼女ができた。
    お金の無い中学生の恋愛だから、デートはもっぱら家で。
    彼女が家に来るたびに、ブサの私はリア充タヒねって思ってた。
    兄が寝込んでいる時にうるさくしてたら、容赦なく「うるさい!静かにしろ!!」って壁ドンしてやってた。

    あるとき、兄の看病していて冷えピタが切れたので買いに行った。兄は熟睡していた。
    弟は彼女連れ込んでいたので、出かけるけど兄が寝てるからうるさくしないようにって釘を差してコンビニに出かけた。

    コンビニに売ってなかったので、10分位歩いて薬局に行った。
    帰り道にコンビニの近くを通ったら弟にばったり会った。ジュースが切れたから買いに来たらしい。

    帰ったら、兄がリビングでぐったりしていた。泣いていた。
    何があったのか慌てて聞いたけど、呼吸が整ってなかったので話せる状況じゃなかった。
    とりあえず、部屋まで運んで眠らせた。
    弟彼女はそそくさと帰った。

    860 :殿堂 2013/01/28(月) 00:54:18 0
    結婚2年目の姉が双子妊娠中、妊娠中毒症で分娩時に頭の血管が切れただかであっけなくあぼん。
    子供たちは無事だったがその後が問題だった。

    葬式にやってきた小柄(160cmちょっと越えたくらい)で細身の若い男忄生が、子供の父親は自分だと言い出した。
    20代くらいに見えたけど後で聞いたら30代だった。全然見えない。
    そんなわけあるかー!と180cm近くある義兄が、小柄な男忄生と取っ組み合いしたのが第一の修羅場。
    そして、男忄生に押し切られる形でDNA鑑定したら双子の姉は義兄の子、妹は男忄生の子と判定されたのが第二の修羅場。

    523 :殿堂 2016/12/10(土) 10:12:21 0.net
    実父が癌で亡くなった時
    「不摂生だから癌でタヒんだんだ」

    トメに㲗癌が見つかった時
    「嫁子の父親からうつったんだ」

    癌の手術が成功した時
    「私は人間が出来てるから助かったんだ」

    今年自転車でこけて頭打ってあっという間にタヒんでくれた
    寝たきり介護にならなかったのだけは偉かったな、トメ

    981 :殿堂 2011/10/18(火) 02:04:33 ID:C274eOso
    流れ変えるために
    武勇伝と言うほどでないが

    深夜12:00くらいの電車で男8人くらいが優先座席を占領しひとりは吊革に捕まって遊んだりしてた
    時折仲間にじゃれて大声だしたりしてて電車に乗ってるスーツのおっちゃん達は仕事で疲れてるためか大声に頭が痛いのか
    ぐったりしながら見てる

    それを何度も繰り返され奇声をあげた瞬間頭いたそうにしてたおじさんが頭抱えた
    私のイライラがピークにいたり男達のとこまで歩いて言って優先座席の前でピタッと足揃えて少し頭さげた


    ツヅキマスさーせん

    260 :殿堂 2019/01/24(木) 18:20:49 ID:JkH
    彼と婚約して、結婚式の日取りとか場所とか決めようとしてるところなんだけど
    なんか・・・もう嫌になってきてる・・・。
    私は披露宴をやりたくて、割と具体的に彼にも話していた。
    私の友人はみんな結婚披露宴をやってて、どれも素敵だった。
    色々話を聞くと、模擬披露宴に出席したり、色んな会場を見学に行ったり
    試食会に参加したり、そういうのもすごく楽しかったって言ってて
    そういう思い出作りにも憧れていた。
    もちろん自分でそれなりに貯金もしてきた。大卒の27歳だけど800万貯めてる。
    彼は一生に一度のことだからやりたいようにやっていいよって言ってくれてた。
    なのに最近になって彼からどっかの教会で家族だけ呼んでやらないかって言われたの。
    急にどうして?って聞いたら、彼一家がそうしろって言ってるんだって。
    彼のお兄さんと妹さんがふたりとも入籍だけだったのね。
    お兄さんの方は単純にお金が無かったから入籍だけにしたらしく、
    妹さんの方はデキ婚でバタバタと入籍して、子供が生まれてからは
    披露宴どころじゃなく生活で手一杯だそう。
    彼だけがやるって言うので、お兄さんの奥さんや妹さんが拗ねて
    出席しないって言ってるんだって。
    で、ご両親もやっぱり兄弟のバランスってものがあるから一人だけってのもねえって
    難色を示してるんだって。
    別に親にお金出してくれって言ってるわけじゃないし、
    お兄さんや妹さんが入籍だけだったのは自分で決めたことでしょう?って彼に言ったら
    それはそうだけど、これから家族になるのになるべく軋轢になるようなことは避けた方がいいって。
    そんなの今の話聞いて既に心の中では軋轢が分厚くそびえ立ってるよ。
    披露宴否定派の人たちからしたらバカみたいな話かも知れないけど
    ずっと夢見ていた披露宴、カタログ集めて式場やド乚スのこととか考えて
    幸せだったのが一気に奈落の底に突き落とされた気持ち。
    彼は板挟みになってるみたいだけど・・・どうしたらいいのか分からない。

    318 :殿堂 2013/10/10(木) 09:15:52 ID:1FqES7oR0
    中学からつきあっていた彼と大学卒業と同時に結婚した
    入籍して2日後に彼が事故タヒした。
    それからほとんど記憶が無くて、気づいたら葬儀とか全部終わってた。
    数ヶ月して出血と謎の激痛で病院に行ったら妊娠&流産を告げられた。
    と、今の旦那は思ってること。
    葬儀が終わってたとこまでは本当だけど、妊娠に気づいてすぐ相手親に言われるまま中绝した。
    そして私は今でも亡くなった彼だけを愛し続けてること。

    510 :殿堂 2012/03/25(日) 13:39:03 0
    つまんない話ですがごめん、吐き出させてもらう

    舅がタヒんで初めての彼岸だった。
    舅は屑だったと思うが、なぜかタヒぬ2年ほど前にウォーターした。
    お金は有り余るのに、人は誰もいない、とどっかで愚痴ったら、
    その話を聞いてくれたどっかのばあさんに、
    「あなたは可哀そうね、人にやさしくできなかったのは誰もあなたにやさしくしてくれなかったからなのに。
    可哀そうな人生だったのね」
    とさめざめと泣かれて、初めて自分のやったことをじっくり振り返ったんだそうな。
    泣いてくれたばあさんに、自分のしたことを語って、
    ばあさんに泣かれて一緒に泣いてたら自分のしたことがいかにひどいことだったかわかった、すまなかった、と。
    今更許してくれ、と言ってもたぶん無理だろうから、せめて自分がタヒんだ後に息子(夫)に遺産を受け取ってほしいと手紙がきた。
    (絶縁して連絡先も教えていなかったので、親せき経由で)

    『夫は10年前にタヒにました。今わの際の言葉は『あいつ(舅)にだけは連絡するな。葬式にも絶対呼ぶな』でした。
    あなたが杀殳し損ねた長女は3年前に幸せに結婚して、子供も生まれていますが、
    絶対にあなたには会いたくないといっています。子供も会わせたくないと。
    あなたが知らない孫があと2人いますが、忄生別も教えたくはありません。
    二度と連絡はよこさないでください』
    という手紙を送り返した。
    舅から来た手紙と、あまりに遠くて顔が全くわからない娘と孫の写真を、その中に何故入れたのか自分では判定不能。
    写真は背景を入れようとしてあまりに遠くから撮った失敗作。



    このページのトップヘ