2021年01月

    350 :殿堂 2017/01/14(土) 09:05:50 0.net
    去年、当時彼女だった嫁が妊娠した
    婚約済まして、二人で付き合ってた頃のこと思い返してこんな事あったなー、あそこ行ったねー、なんて話してたら、俺が嫁に告った地元の海見に行こうって話になった
    季節は夏、ロケーションは夜の海
    行ったはいいけどナンパ待ち一杯いて雰囲気も糞もない
    まぁこんなモンだわなーって車降りて砂浜の方に降りて行ったんだけど、前方から見るからにDQNな三人組があるって来た

    236 :殿堂 2015/07/21(火) 07:10:01 .net
    キジョONなスレがあるって知ってそっちにしようと思ったけど、とりあえずこっちで。

    自分・妻:お互い40代
    子供:娘 中1

    娘が最近ちょくちょく見かける「他人の握り飯が食えない」症候群になった
    自分と妻と婚前から共通で、学生時代からの長い付き合いのある友人夫婦とBBQをしたときに娘が突然カミングアウト?
    友人夫婦はいつも美味しいツマミをもってきてくれるんだが、娘がそれに対して「他人の手垢がついたものなんて食えないしwww」
    と言い出した
    自分と妻は2人で土下座する勢い
    友人夫婦は「そーゆーこと言い出す年齢だわなwwwwww」と高笑い
    その場はそれで終わったんだが、帰宅してから妻が修羅になった
    娘に口頭での説教、これはまだいい
    娘の分の食事を用意しなくなった
    「(娘)も(妻)も親子とはいえ他人同士、他人の私(妻)が作ったものなんて気持ち悪くて食えないでしょ」
    そう言い放って、娘が何か食いたきゃ自分で用意しろって態度
    娘が実際に冷蔵庫にあったものを使うと
    「それはお母さんが使う予定で用意したものなんだから、あんた(娘)の勝手な都合で使われるのは迷惑」
    「食いたいものは自分で買ってきて自分で作れ」「光熱費は計算が面倒だから目をつぶってやる」
    そう言って娘の食事は完全に無視
    娘が音を上げて謝罪をしたんだが、それに対して「何に対しての謝罪?」と切り捨てた
    妻のその態度について苦言をしたが
    「どうせ腹が減ったとか自分で食事をまかなうのが面倒だとか、そんな理由で謝罪してきたのが見え見え。
     何が悪かったか理解しないと解決にならない」
    と、今の娘の思考のおかしさを矯正するには、それを自覚させるしかないって持論で妻側も譲歩する姿勢なし。
    娘もそんな妻の態度に怒ってる
    今は悪い付き合いの友達関係がなさそうだけど、今のままだとそっちの道に引き込まれる危険忄生がすごく高い
    恥を忍んで妹や同僚に相談してみても、「あぁ~(苦笑」って反応で妻と娘よりも自分が責められてるような立ち位置になってどうしたらいいのかわからない。
    思い切って児相にタレこむのも手だろうか
    周りの目もあるしなるべくその方法は使いたくないんだけど・・・

    108 :殿堂 2017/12/17(日) 11:22:52 ID:wT6bLjC4.net
    自分が生まれ育った地域が特殊で結婚がダメになった事。
    私は中学に入る前まで、ある島で母と暮らしていた。
    幼稚園や保育園はなく、小学校には舟で通った(渡し舟)。
    母は昼だけ仕事の時と、夜出て朝まで帰らない事があり
    夜に母親が不在の時は母の彼氏らしき人が家に来てくれた。
    宿題したり、本でわからない漢字を教えてくれた。
    島の外では全然友達が出来ず、遠足とかは参加しなかった。
    母は仕事で、あまり帰れなくなったので、母の彼氏とおにぎりを
    作って母親の職場でトタン屋根の平屋に届けた。
    母からは「店の掃除をしてる」と聞かされていたけど、実際は身体を売る方の風イ谷だと気付いていた。
    周りの女忄生もほぼ風イ谷で道端には注射器が落ちていた。
    ある日、母の彼氏から将来何はともあれになりたい?と聞かれて「モデルさんになる」と言ったら
    「それもええけど、(私)は繕い物が上手いからモデルさんに洋服作るのもいいな」
    「じゃあそうする!」みたいな話をした。
    中学に入る前に母から「おじいちゃんとこに行って。話はしてあるから」と言われ通帳と印鑑を渡された、結構な金額が入っていた。
    母の彼氏はそれから一度も来なくなり、祖父宅に行く前の夜に一度だけ来てお守りをくれた。
    祖父は優しくて、大学にも行かせてくれて、母には何度か会えた。
    私は服を作る仕事に就き、同期の男忄生と付き合った。
    彼はプロポーズしてくれたが
    彼のご両親が私の身上調査をして
    「あんな所で生まれ育った人を息子の嫁に出来ない」と断られた。
    彼には身の上は話していたけど、やっぱり無理だとフラれてしまった。
    私はあの場所でわりと幸せに育てて貰ったけど、やっぱり普通の家の子供ではなかったんだな、と思うと改めてショックだし悲しい。

    432 :殿堂 2020/12/13(日) 10:51:10 ID:yMA+i9oG0.net
    ご相談したいのですが妻に結婚する前の隠し子がいたのはこちらでよいでしょうか?
    他にふさわしいスレはありますでしょうか?

    891 :殿堂 2020/12/15(火) 19:34:59 ID:EQu
    色々といい加減だった友達A子の話。
    高校の同級生で社会人になっても1ヶ月に1~2回ペースで遊んでいたんだけど
    だんだん私への扱いが雑になってきた、主に時間とお金の面で。
    遅刻や他とブッキングしたからと早巻きされる予定、どんぶり勘定のワリカンになっていないワリカンなどなど
    どれもちょっとした被害だったからかコッチが怒ってもヘラヘラ笑って軽く「ごめ~ん」「私子は一番の親友だからつい甘えちゃって~」って感じで改善はされず。
    なんだかんだ許してしまっていた私も甘かったのかもしれないけど
    私がその中でどうしても許せなかったのが未定のまま日程をキープされること。


    来月◯週目の土日のどっちか遊ぼうって時のLINEのやりとりで
    私「どっちでもいいよ!」
    A子「実はその土日のどっちかに予定が入るかもしれない」
    私「わかった!!確定したら教えて~」

    1週間前
    私「ついに今週だけど、日程わかった?」
    A子「ごめん、まだ~」

    金曜の午前中
    私「まだ?」→既読スルー
    金曜夜9時
    私「前日になってもわからないんだったら、私達の予定をナシにして仕切り直そう」
    A子「ごめんごめ~ん!!明日大丈夫だよ!!」


    これの時間バージョンもあって、日程は決まって何時に集まろうか?って相談の時点で何故かLINEのやりとりが途切れる。

    私「ランチ食べに行くってことで11時半に待ち合わす?」→既読スルー
    3日前
    私「早起きが嫌なら15時でも17時でもゆっくりめに待ち合わす?」→既読スルー
    前日の午前中
    私「明日何時にする~?希望の時間があったら教えて?」→既読スルー
    前日の夜23時
    私「いい加減にしろよ?(原文まま)」→すぐに電話が掛かってきた
    A子「ごめ~ん!今、飲み会してたからすぐに連絡できなかった~」


    予定が確定できないとこっちの予定調整もしづらくて、
    午前の待ち合わせか夕方の待ち合わせでこっちの些細な(家事買い物寝る時間)予定や心づもりが変わってくるからストレスの積み重ねと
    他の友人には待ち合わせ時間を守っていたり連絡もちゃんとしていたことが判明して心折れてFOを決めた。


    共通の友達も多くてなかなか完全シャットアウトも難しかったけど
    30歳過ぎてようやく疎遠ができた。

    ……それなのに、この前たまたま道中で鉢合わせてしまったから
    逃げてきた。
    厄落とし投下。

    256 :殿堂 2007/01/03(水) 12:19:33
    新年会の愚痴です。長文ゴメン。


    うちは小梨で義弟嫁には子供がいる。
    小梨なのは気にしてるし、ピザなのでどっちかというと晴れやかな場は苦手。
    けどさ、ウトメが今年はお金ないとかでいい新年が迎えられますようにとお年玉もはずんだし、
    兄弟一家が集まる新年会なのにお煮しめと味噌汁しか作らない、と聞いて、
    それじゃ寂しいでしょうと、お寿司やらオードブルやら
    すきやきの材料やら買いこんで行ったんだ。

    そしたら義弟嫁と旦那姉がいて、
    私「お肉とかここに置いてて大丈夫ですか?」
    旦那姉「こんなに買ってきてくれたの?高かったでしょう、大変だったね」
    義弟嫁「あ、うん、そこに置いてて」

    うん、普通の会話なんだ。でもいつもは義弟嫁は敬語で喋ってくるし
    なんかこの家はあたしが仕切ってるの、みたいな雰囲気だったんだ。
    ちなみに旦那弟は子供にお金がかかるから~とウトメにお年玉はなし。もちろん手土産もなし。

    ちょうど旦那がリンパ腺が腫れて具合が悪かったので、元々買い物してきたものを渡したら
    材料の仕込みとかを手伝って帰るつもりだったんだけど、なんかモヤモヤしてきて
    そのまま帰ることにした。

    お金のこと言うと卑しいけどさ、2万円分のお寿司とお肉買ってきたのに、
    同じ嫁なのに、トメから「ありがとうね」って言われるみたいな口調で言われてアレ?って思っちゃった。
    結局すきやきは作らないで余ったオードブルやお肉はみんなで分けて持って帰ったらしい。

    新年早々皆を喜ばせることができてよかったじゃないか、と旦那も言うし、自分も別にそれでいいんだけど、
    「ピザで小梨だからお金だけ出してればいいんだよ、プッ」
    と馬廘にされてる気がしてモヤモヤモヤモヤしちゃうんだよおおおおおお

    10 :殿堂 2020/06/18(木) 08:43:34 ID:AZ.1d.L2
    数ヶ月前に姉夫婦の住むマンションで小火騒ぎがあって、規模は大した大きくなかったみたいなんだけど、火元が姉宅の真下だったらしく煤だとかなんとかで家の中が大変なことに。
    清掃や修復で半年は住めないとなったためその間私のとこへ来る事になったんだけど、約束の期間を過ぎても義兄が出て行こうとしなくてビビった。
    姉や私が説得しても出て行けと怒鳴ってもどこ吹く風、って感じで全く話を聞きゃしない。
    私の家ってのが金持ちだった祖父母から相続した家なもんで自分で言うのも何だけどかなり立派な上、東京で言えば銀座の駅前一等地、交通の便もサイコー!みたいなとこにあるから離れたくなくなったんだとさ。
    (余談だけど、姉夫婦は転勤族なため家をもらっても困るって事で現金を相続してる。)
    姉は変わらず義兄の説得を続けてたんだけどそのうちに義兄が、
    「名義は妹ちゃんのままでいいから僕らがこっち(この県)にいる間はこの家貸してよ~。
    ここなら会社にも行きやすいし助かるんだよな~。(チラッ
    妹ちゃんは一緒に住むでもいいし、ホテルに泊まるの好きなんだからそこらに行っても大丈夫だよ!」
    などとほざき始めたからだんだんと怖くなって、姉経由で義兄両親に連絡とって、義兄が仕事でいないタイミングを見計らって荷物をそっちに送らせてもらって家の鍵を変え追い出した。
    姉は今回の事で離婚する事にしたらしい。
    知識としてはああいう人間もいるって知ってたけど、現実に目の前に現れると唖然とするばかりなんだね。

    245 :殿堂 2011/10/01(土) 18:06:05 ID:SCeaRqfe
    私の武勇伝じゃないですけど、ばっちり武勇伝なので
    ここで。

    私はいま高校生なんですけど、部活で家に帰るのがいつも
    遅くなります。
    なので父が駅まで迎えに来るんですけど、この前はたまたま
    父が出張に出ていて、ひとりで帰っていました。
    そしたら、いきなり後ろから誰かに抱え込まれて細い道に
    引きずり込まれそうになりました。
    びっくりして声もでなかったんですけど、今度は思いっきり
    突き飛ばされて、それでやっと後ろが見れました。

    なぜか私のおばさんと知らないおじさんがつかみ合いに
    なってました。

    429 :殿堂 2015/05/07(木) 07:00:06 .net
    先日嫁がGUで初めて服を買ったって言って見せてきた。「これいくらに見える?すっごく安いんだよ!」って嬉しそうだったんだ
    でこの前GUのチラシが入ってたから「お前の好きなGUだぞ」って見せてやろうとしたら
    「好きで買ってるんじゃない!」って怒り口調
    俺は「どういう意味だ、金が足りないっていう意味か?渡してる生活費で足りないなんておかしい、いくら子供に金がかかっても服を買うくらいの余裕はあるはずだ」と口論になってしまった
    嫁は、「足りないと言っている訳じゃない、節約のためにそこで買った。でも好きなお店ではないし、いつもあなたに◯◯が欲しいと言うとユニクロかしまむらを勧められて、安く済ませろと言われてるようで自分の事にお金を使いずらい」と怒ってしまった

    俺は月に食費と雑費として16万、内3万は嫁の小遣いとして渡してて子供2人、上は幼稚園の四人家族では充分過ぎると思うし
    いつもしまむらやユニクロを勧めるのは冗談としてもこれだけ渡してて貧乏くさいこと言うなと思うんだが。

    あ、別にユニクロやしまむらをバカにしてる訳では無く、俺はユニクロでよく買い物するし嫁も買うからむしろ好きなのかと思ってた

    1 :殿堂 2020/12/28(月) 08:23:33 ID:moisVKoS0.net
    ほぼ毎日自炊
    服は全て古着
    家電は全て中古
    車は持たずにチャリで通勤&買い物

    これをするだけで2000万円貯まった

    このページのトップヘ