2020年11月

    650 :殿堂 2017/09/13(水) 00:10:58 ID:0r1zSk8B0.net
    雨降りで部活が早く終わったので、中学校から帰って、
    居間のこたつでテレビをつけたまま数学の宿題をやってたんです。
    キッチンから母が包丁を使っているトントンという音がずっと聞こえてました。
    そうしたら、中国で女の人をマンホールに落として杀殳そうとしたのを
    監視カメラがとらえた映像というのをやってて、
    思わず手を止めて見入ってしまいました。
    その女の人は助かったようだけど、怖いなーと思ってたら、
    何か記憶に引っかかってくるものがあるんです。
    そう言えば私も小さいころマンホールに落ちたことがあったような・・・

    これだけ記憶があいまいなんだから小学校前のことなんだろうか。
    ずっと上のほうに、ぽっかりとまるい穴が開いているのを、
    途方にくれて見上げていたことが・・・あったような気がするんです。
    穴の縁からはザーザーと水が流れ落ちてくるイメージ。
    その穴に蓋が乗せられ、真っ暗になって泣き叫んだ記憶・・・
    気になったので、キッチンの母に呼びかけました。
    「ねえ、お母さん」
    「なーに」

    531 :殿堂 2018/07/12(木) 20:29:21 ID:jx6n0PKHd.net
    さっき嫁から泣きながら
    実は不妊なんですって告白されたんだが
    どうしていいのかわかんないんだけどwww

    171 :殿堂 2014/08/17(日) 00:01:26 ID:NxiduPGk.net
    俺の仕事先に新人が入った
    新人って言ってももう40過ぎのおっさんで今迄ニートかフリーターみたいな
    何かオタクっぽくて髪も禿げかけのロン毛でボソボソ喋る人だった


    俺の仕事場では二人一組で業務を行うんだけど
    年令は関係なしで先に入った方が偉いし指示も出す感じ
    俺はまだ20代半ばだけど仕事場ではおっさんより先輩
    だから俺もおっさんに指示出したりして仕事こなしてた
    でもおっさんは何が気に食わないのかずっと不機嫌

    腹割って話しておかないとこの先仕事に差し障っても困るから
    仕事帰りに二人で飯食いに行ってお互い酒入れてから
    「何が気に食わないの?ハッキリ言えよ」って聞いた

    そしたら「なんで一回り以上年下に指示出されなきゃなんないんだ
    つーか俺の方が年上なんだからお前は敬語使え」とかボソボソ言ってきて
    確かに俺は口の利き方が良くない所もあるけどおっさんの言い方にカチンときて
    「ウチの会社は先に入ったヤツが偉いんじゃ!年令関係ねーわ!
    お前こそ俺に敬語使え!」って売り言葉に買い言葉で口論した

    んで口論の末におっさんが俺の襟首掴みかかってきて
    「生意気なんだよお!」とか叫ぶから
    「そんなに気に食わないなら社長に言え!社長が決めた方針だろ!」
    って言い返しながらおっさんのロン毛掴んで引っぺがした

    7 :殿堂 2015/05/18(月) 00:17:27 ID:kPW
    独身♂の話なのですが、流れを豚切り投下します。

    1年ほど前の修羅場。
    長文になります。

    登場人物
    ・俺♂(当時25歳)
    ・キチ♀(40超えてると思ったら30代だった)

    当時の俺は、仕事の関係で地方都市に住んでた。

    俺は趣味でロードバイクに乗っていて、
    休みの日にはポタリングに出かけたりしていた。

    ある日、少し遠出をした俺は、尿意を催し、公衆トイレに立ち寄った。
    カギは持ってきていなかった為、
    トイレの中から見えるところにロードを置き、用を足しているとき、
    外に置いてあるロードのそばに、怪しい人影が近づくのが見えた。

    よく見ると、妙な女が俺のロードをジッと見ている。
    「倒れたりするとシャレにならんから、手を触れてくれるなよ…」
    との願いも届かず、
    俺のロードを手にかけたと思いきや、手で押しながら、ロードと共にその場を去り始めた。

    678 :殿堂 2007/11/05(月) 22:37:55 0
    最初は良いトメさんだと持っていた。
    結婚後、夫の居ないところで嫌みや意地悪が始まったが、私の勘違いだろうと
    自分に言い聞かせ、だんだん嫌みが激しくなり耐えきれなくなり夫に訴えても
    「息子の嫁は誰だって憎いはずだから」
    とスルーされて、一人で無意味に耐えていた。
    とうとう昨日、実親の事を「早くタヒねばいいのに」と言われました。
    あああ、ここまで来たかと脱力。
    いつもの様に泣きそうな顔で黙りこむ私を怒鳴りつけようとしたトメだったけど、
    思いがけず、わたしのニヤニヤ顔をみてびびり、「何なの!?」と狼狽える。
    片手にはICレコーダー、勿論それが何なのか解らないトメに
    「これ、今までの会話全部録音してますよ?聞かせましょうか」と言うと、私に
    襲いかかってきたので(想定内)、ひょいと身をかわしたら、トメが勝手口のコンクリ
    の上に勝手に落ちていった。
    運が良いことにトメ殴りかかる→勝手に落ちるところはコトメが観ていたので
    どんなにトメが叫ぼうと誰も相手にせずひたすらウトとコトメに謝られた。
    一番ショックだったのは、実はトメの嫁いびりはなんとなく皆気付いており、
    ウト、コトメ、夫の間では、いつかきちんと言い聞かせなければ、と話して
    いたと言われ、私の中で何かが切れました。
    トメは勿論憎いけど、あんなに訴えて来たのにスルーされてた夫に杀殳意が湧いて、
    義実家の食器棚に椅子投げつけて一人で帰ってきました。
    今は実家には帰らず友人の家にお世話になってます。
    トメも憎いけど、夫への杀殳意をまだ消化しきれないでいます。

    341 :殿堂 2014/08/20(水) 00:38:58 ID:???
    すき家で遭った話

    食べ終わってレジに行くと、おひとり様の女性.客が俺より先にレジに着いた
    金髪ボサボサのプリン頭で短パンTシャツ
    ハローキティのボロボロの健康サンダルで後ろ姿はDQNっぽかった

    店員「¥1180です」
    女 「は?いやいやボッタくりw」
    店員「お会計は¥1180でございます」
    女 「違うし。¥180でしょ?」
    店員「お客様、特上うな丼は¥1180で間違いございません」
    女 「は?店の外の旗に¥180って書いてあるし」
    店員「特上うな丼はメニューにも¥1180と書いてございます」
    女 「いや、店の外に¥180って書いてあったから来たし。金ねーし」
    店員「そうおっしゃられましても・・・」
    女 「¥250しか持ってないもん、ほら(財布パカァ)」

    並んでいた俺はちらっと店の外を見た
    駐車場に「特上うな丼 ¥1180」と書いてあるが
    ノボリに縦書きで書いてあるので、一瞬¥180に見えなくもない
    しかし常識で考えれば\180で特上うな丼は食べれない

    金ねーよ、紛らわしい書き方する店が悪いと女がゴネているので
    先に会計をしてもらいたくて「あのー」と声をかけた

    女が振り返った
    某芸能人にあまりにそっくりで、
    俺はハッとしたというかハートを打ち抜かれて固まった

    913 :殿堂 2011/10/14(金) 14:31:48 0
    待ちの間に数年前の話。でっかいフェイク入れてるのでつじつま合わなかったらごめんなさい。
    登場人物にはすべて元がつきます。エロ話でグロくもあるので注意。

    結婚後、自営を手伝うと言うことで即同居。私も従業員になりました。
    義父鬼籍、義母はバイクで旅に出るのが趣味という人で、経営してるのは義姉。
    なので同居と言っても暮らしてるのは義姉・夫・私。
    そして、義姉には院生の婚約者がいて、卒業後に結婚する予定でした。
    その院生さんはよく家に晩御飯を食べに来て時々泊まっていました。
    感じのいい人だったし、生活費も義姉を通じてもらっていたので特に気にせず。
    ある日、義姉と夫が出かけていない休日、院生さんが家に訪ねてきました。
    普段は外で会ってから一緒に来るので珍しいなと思いつつ、義姉の不在を告げると「(私)さんに話がある」と。
    居間にあがってもらうと、院生さんはレコーダーを出しました。
    続きます。

    106 :殿堂 2015/10/04(日) 18:10:36 ID:DnA
    彼氏が屑だった事が分かった
    女と関係しては、女が本気になるとウザいと言って捨ててたらしい
    それがある女(仮にA子)に惚れて、必タヒで口説き落としたそうだ
    今までと違って本気で、その尽くしようは僅かに残った友人達にも伝わったらしく、
    みな応援したり手伝ったりしてたと
    その甲斐あって、お友達からお試しのお付き合いにまでようやく発展
    しかしそれからまた1年以上の時間をかけて、ようやくA子から「あなたのことを好きになったみたい」
    と言われたそうだ
    そしたら、彼氏、あろうことかA子に冷め、突然逃げた
    それまでの女と違い、体の関係もなく、本気で惚れてたと思われてたのに、らしい

    その後A子が自杀殳
    彼氏は葬式でA子親に殴られ、残った友人達にも見捨てられ、後悔と自責の念にさいなまれていたところを、
    私と偶然出会って交際が始まった

    ある日手紙が届いて、そこにはA子に関する上記のことが書かれてた
    もちろん私には初耳だった
    それからも彼氏と付き合ってるとまた同じような内容の手紙が届く
    ついには「直接会ってあなたの彼氏のことを話したい」とあった

    会うのは嫌なので記載の連絡先にメールして、それからメールで遣り取りをした
    手紙の主は彼氏の元友人達の一人だった
    今でも彼氏と間接的につながりがあるらしく、彼氏からまた彼女が出来たと聞いて、我慢出来なくなったと
    私に「A子さんと同じような目にあってほしくない」そうだ
    遣り取りの中で、ああこの人はA子が好きだったんだなと分かった
    このあたりで彼氏とはちょっと無理だなと思った

    252 :殿堂 2012/06/18(月) 08:21:41 0
    フェイク入り&文才ないので分かりづらかったら申し訳ないです。
    コンプガチャ規制騒動で思いだした昔の修羅場。

    数年の闘病の末、従兄弟が亡くなった。癌だった。
    結婚して娘が生まれてこれからという時で、若いからか進行も早かった。
    地元に住んでいた頃は妹のように可愛がってくれたし、恩もあった。
    危篤だと知って飛行機の距離から慌てて駆けつけたが間に合わなかった。
    葬儀が終わるまで私やその他の遠方親族は伯父宅(従兄弟実家)に寝泊まりさせてもらっていた。
    悲しみに包まれた葬儀の後、私は自宅へ帰って日常がまたやってくる…はずだった。
    四十九日もまだであろうある日、伯母(従兄弟母)から連絡があった。
    「葬儀の前後、何か変わった事はなかったか?」 と、いう謎の用件だった。
    特に思い当たる事もなかったのでそのように伝えると「わかった」との事で電話は終わった。
    数日後、今度は従姉妹(従兄弟の妹)から連絡が来た。
    ・現在クレジットカードの不正利用で警察に被害届を出すか悩んでいる
    ・従姉妹のカードで数十万の請求が届いている(カードは普段利用していない)
    ・決済日は通夜&葬儀の日付となっている
    ・親族内で「最も怪しい奴」が槍玉にあがっていて勝手に犯人にされかけている
    ・クレカは主に携帯ゲームやオンラインゲームの決済に利用されていたようだ
    「うわ…最低。早く被害届出した方が良いよ」と従姉妹に伝えると声を荒げてこう言った。
    「今、親族内ではあんたがやったんじゃないかって話になってるのよ!!大変なの!!」
    ( ゚д゚)…え?

    続きます

    418 :殿堂 2009/06/04(木) 15:03:21 0
    コトメと組んでネチネチ嫌みなトメに仕返しと言うかいたづら。

    ウトが病気になったり、トメ怪我をしたり、コトメ夫が無断で会社辞めたり、
    コトメ流産したり、離婚騒動になったり、と
    なーんかもう不幸続きな奴ら。
    それをトメが「なんか悪い霊でもついてるのかしら!」と騒ぎだし、
    「きっと嫁子が持ってきたんだ!」とか言いだした。
    うざ~~と思って友人たちに愚痴ったら
    「嫁いびりしてるから悪霊が来るんじゃない?」なんて笑いだし、それから計画スタート。
    友人Aを霊媒師にしてみようって事になった。

    トメがまた「ああ~なんでこんな悪い事ばっかり続くんだろう…」と嘆く所に
    「実は私の友人なんですが、すごく「見える」人が居るんですよ…
    こんな事があって(Aと一緒にいた時に経験した不思議体験を語る)
    一度会ってみます?」と勧めた。
    最初は「バカバカしい」「ろくな友達いない」と怒っていたけど
    やっぱり不安なのか「ま、本業じゃないしどうでもいいけど」とか言いつつも会いたいと言ってきた。
    Aとは打ち合わせ済みで、色々な事をあらかじめ言っておく。
    そしてAと対面。
    トメは最初普通の外見のAを見て胡散臭そうな顔をしつつ
    「どんなもんだか知りませんけど~」なんて余裕こいてた。

    Aニッコリ笑って「最近色々な事があったらしいですね。」と話を始めた。
    トメ「ま、乗り越えられない事じゃあないけど。嫁がどうしてもって言うから来てみましたの」
    A「うーーーん…………」
    トメ「……な、何?」
    A「んー何か…四足の動物の…大きくない動物です…何か関わりました?」
    トメちょっと考えても中々思いつかない様子。
    でもちゃんと関わりがあるんですよ、2年くらい前、大トメが生まれた猫を川に捨てたから。
    これ、もちろん私が教えた事。

    このページのトップヘ