69 :修羅場まとめの殿堂~離婚・復讐・不倫・浮気まとめ~ 2014/05/05(月) 10:13:01 ID:???
    マイホームを建てて引越しを終え、ご挨拶のご近所回りをした時に
    隣家の奥さんが「お隣さんが同世代で嬉しいわ」と歓迎してくれた。
    「仲良くしてくださいね」とか言われて、
    その時点ではおかしな人だとは思わなかった。
    お互い犬を飼っていたので、散歩途中に会ったりすると少し立ち話をする程度には仲良くなった頃
    なんの脈略もなく突然Aさんに
    「今度あなたの家のデッキでBBQやりましょうよ」と言われた。
    表からは植木等でよく見えないけど、我が家にはウッドデッキを設置してある。
    ちょっとお茶が出来る程度には広くてテーブルも置いてある。
    でも本当の設置目的は、たまに遊びにくる義母が車椅子で玄関からは入れないので
    ウッドデッキにスロープを取り付け、そこからリビングに入ってもらう造りにしてあるんだ。
    回覧板持ってきたときにデッキがあるのは見えるけど、
    互いの家に行き来したこともまだなかったのに
    何故急に「うちでやりませんか?」ではなく「あなたの家でやりましょう」になるのか。
    「ごめんね、うちの旦那あんまりそういう付き合い好きじゃなくて。
     それにBBQの道具とかうちにはないから」
    って断った。そしたら
    「大丈夫よ。家族ぐるみでってんじゃなくて私も友達呼ぶからあなたも呼べばいいし。
     BBQセットなら誰か持ってるわよ」
    って言われて益々???。
    今後の付き合いもあるし、ここは快く場所を提供した方がいいのかなとも思ったけど
    その一方で身体の中から「要注意人物!要注意人物!」とサイレンがガンガン鳴ってた。
    「ごめんね、悪いけどうちでは無理だわ。どこかキャンプ場でも行きませんか?」と断った。
    それから暫くして、友人が遊びにきて天気が良かったのでデッキでお茶してたんだ。
    そしたら次の日に犬の散歩に出たら待ち構えていたように出てきて
    「昨日デッキでお茶会してたでしょ?ああいうのやりましょうよ!」と言ってきた。
    だから何故うちでやること前提なのよって少しイラッとした。
    それにいちいちこちらの様子を伺ってるのかと思ってそれも嫌な気分だった。
    適当な理由をつけて断り、犬の散歩は暫く車で緑地公園に行くことにしてなるべく顔を合わさないようにした。
    それでもたまにバッタリってこともあったけど、挨拶もそこそこに「急いでるので!」とかわし続けた。
    それから半年ほど経っただろうか、ふと気が付くと最近Aさんを全然見かけないなーと思ったけど
    まぁ見かけるよりはいいかと気にしてなかったが
    少し離れたお宅の奥さんと仲良くなり、思い出したように最近Aさんみないねって話したら
    驚いたことに元々Aさんはあの家の住人ではなかったんだ。
    あの家の旦那さんはずいぶん年配の方で、奥さんの長期入院中に愛人だったAさんを家に連れ込んだら
    退院してきた奥さんにバレて、奥さんが出て行ってAさんが棲みついてしまったそうだ。
    なんだかよく分かんないけどそれでずっと才柔めてて、最近見なくなったのは
    何かしらカタがついて出て行ったんだろうとの事で、今は貸家になってるらしい。
    いなくなったのは嬉しいけど、一度そんな目にあったら
    今度どんな人が入ってくるのか怖くてたまんない。

    28 :修羅場まとめの殿堂~離婚・復讐・不倫・浮気まとめ~ 2019/03/05(火) 21:29:45 ID:HUm.fy.rq
    書き込み慣れてないなのとスマホからなので改行、文章がおかしかったらごめんなさい。
    あと板、スレ違いだったらごめんなさい。どこが適切かわからなくて。

    ある日ツイッターでフォロワーがシェアしてたまとめサイトを読んで
    そこからリンクをどんどん辿って色んなまとめを読んでた。
    そしたら見る人が見ればわかる私達の家庭のことがまとめられてた。
    見つけて読んだ時に心臓がぎゅっと痛くなって、息を吸っても吸い足りなかった。

    内容は母が不倫してたって内容で、結果から言うと父が書いていた。
    どんな内容かは伏せさせてほしい。

    私も知らなかったことが書かれてて、どう考えても父か当事者の
    母と不倫相手しか知らない内容だった。
    まとめサイトも一箇所だけじゃなく何箇所もにもまとめられてた。
    レス内容もコメント欄も母や私の事を叩きまくってた。

    すごく怖くなってその日から様子がおかしくなってしまって
    母に心配されてその書き込みを見せたら険しい顔しながら
    なんとかするからね、ごめんね、と言われた。

    その後何がどうなったのかわからないけど、父は訴えられて
    母と不倫相手に当時払わせた慰謝料をそのまま返す事になった。
    父との面会は元々父が仕事で忙しいのと私の事を嫌ってるみたいで
    殆ど会ってなかったけど、完全になくなった。

    こんなところに書き込むのは完全なるブーメランだけど、
    書き込まれたらどんな気持ちになるのか、これをどこかで
    目にすることがあるかもしれない父にわかってほしい。

    一応父には最後の会話の時に、同じことして良いか聞いたら
    良いって言われたからこの書き込みは訴えられないと思う。

    504 :修羅場まとめの殿堂~離婚・復讐・不倫・浮気まとめ~ 2018/11/01(木) 00:16:57 ID:8XwHzxrJ.net
    先々週、同性.の友人(同い年でアラサー)と
    来年の春あたりに海外旅行に行きたいねという話になった

    その数日後、友人から「旅行のパンフレット貰ったから来月会って詳細を決めよう」と連絡がきた
    友人はシフト制の職場のため、お互いの休みが合致した日に会うことにして
    こちらは来月の予定をあまり入れず、友人のシフト確定を待った

    一昨日シフト確定の連絡があり、会う日が決まった
    お互い時間や場所の希望を出し合い、お茶をするお店の目星もついたので
    「予約する?」と聞いたところ「申し訳ないけど旅行は白紙にしたい」との返事が

    「忙しくて日程を合わせられなさそうだから」と理由が添えてあったけど
    「来年の春が忙しい」で断られることも解せないし
    そもそも日程の話し合いをするために来月の予定を合わせたのに?
    とモヤモヤして朝から返事ができていない…

    おおらかに「わかった」と言えば済む話なのは理解してるけど
    このモヤモヤを抱えたまま上手く返信できる自信がない…困った

    859 :修羅場まとめの殿堂~離婚・復讐・不倫・浮気まとめ~ 2009/05/10(日) 23:03:01 0
    言葉使いの悪い私の今日のDQN。

    良トメさんの為に晩御飯作って一緒に食べようと義実家行ってきた。
    そしたらブラコン毒パラのコトメが二階からおりてきて
    「え~?!何このケーキぶっさいくw」
    「え~?!コトメはウニ嫌いなんだけどー」
    うはっ、相変わらずアラフォーコトメの一人称=自分の名前キモスw
    とか思ってたら、ケーキをデコった旦那ブチ切れ。
    ウニ大好きトメさんブチ切れ。
    ウトさんもついでに切れてコトメを追い出そうとするが
    「デモデモダッテー」っと座って料理を食べようとする。
    「まぁまぁ、今日は母の日のお祝いですし、まぁまぁ」
    と私。

    399 :修羅場まとめの殿堂~離婚・復讐・不倫・浮気まとめ~ 2018/08/13(月) 20:39:33 ID:SAuBu+Dx0.net
    いつからか13歳の娘が塞ぎ込むようになった
    引きこもるまでに時間はかからなかった

    学校に問合わせても虐めとかは無いようすで
    むしろみんなと仲は良く、心配の手紙まで来るくらいだった

    糞嫁も知らないとしか言わない

    結婚15年 俺42歳 糞嫁37歳 娘13歳
    間男28歳(娘の小学校5年生の時の担任)

    娘が引きこもって3ヶ月。娘から「お父さんだけと話がしたい」とラインが来た
    お母さんには内緒と言うことで、俺は有給使って嫁がパートでいない時間見計らって
    帰宅し娘と話をした
    言うまでもなく話の内容は「糞嫁の不倫」

    娘の初恋は間男、だが糞嫁が間男と不倫していることを知ってショックのあまり人間不信になった

    発覚は、娘が嫁と買い物に出かけたときに「お父さんに」と時計を買ったらしい
    しかし俺はその時計をしていない。おかしいと思ったけど俺が時計を大事にしていて
    しまっていると思ったらしい。だが、夏休みに娘の友達が小五の時の同窓会を
    企画して、母校の教室で集まった時に間男がその時計をしていた
    まさかと思い娘は学校が終わると間男のアパートに行った
    毎日通って糞嫁が間男の部屋に入っていくところを見てしまった
    玄関まで行って音を聞いたらギシアンが始まっていて
    行為しながら
    「娘が高校卒業したら離婚する」とはなしていたらしい

    601 :修羅場まとめの殿堂~離婚・復讐・不倫・浮気まとめ~ 2014/12/09(火) 14:20:39 ID:uKA
    長年懇意にしていた保険会社の女性.が退職して、新たに我が家担当になった女性.がスレタイ。
    先日ある手続きのことでうちに来た際、いつものようにお茶を出した。
    前の女性.は年齢も上だったし、珈琲が飲めない人だったから日本茶を出していたが
    今度の女性.には珈琲を出した。
    そしたら手が滑ったらしくて、カップを持ち上げたところでツルッと落とした。
    悪い具合にジャストミートしたらしくて、カップとソーサーが共に真っ二つ。
    それは別に構わない。態とじゃないんだし、弁償しろとも思わない。
    だけど「よかったわ、大したカップじゃなくて、高級品だったらどうしようかと」ってどうなのよ?
    んあ?と思って「割ったのはいいですけど、ずいぶんな言い方ですね」って言ったら
    失言に気付いてアタフタしてたけど遅いわ。
    その日、判子押すのは保留にして、担当替えしてもらった。




    119 :修羅場まとめの殿堂~離婚・復讐・不倫・浮気まとめ~ 2014/06/01(日) 00:31:34 ID:???
    去年休日出勤したとき昼飯を会社近くの人気うどん屋で食べた
    場所は都内の歓楽街
    少し並んで店に入り、席で注文を考えていたら相席を頼まれた
    4人掛けのテーブルに1人だったし混んでるし勿論了承した
    相席したのは三十代から四十代と思しき少し派手な女性.2人
    香水臭いし…まあでも我慢した良くあることだし
    相席の女性.陣は猛烈な見苦しい勢いで完食し直ぐに出て行った
    急いでたんだな、とその時俺は思ったけど気にはしなかった
    俺も直ぐうどんを食べ終えレジに行ったら支払いがやけに高い
    「すいません、金額おかしくないですか?」と行ったら
    「お連れさんの分も一緒ですよ」
    と言われたので俺は驚いて
    「連れなんていません、独りで来たじゃありませんか!」と言うと
    俺を席に案内した店員さんが
    「確かにこのお客様お一人様ですよ」と証言してくれた
    「でもあの女性.が同席の連れが払いますって言ってたんで…」
    などと抗弁されたが俺は独り客と認めさせた
    食い逃げだ!と杀殳気立つ店内、俺も濡れ衣で腹が立った
    自分の分を支払い名刺を渡して
    「もし納得いかなければここに連絡下さい」と店を出た

    長いし分けます

    523 :修羅場まとめの殿堂~離婚・復讐・不倫・浮気まとめ~ 2018/11/01(木) 02:49:16 ID:umxs2v+U.net
    新入社員の時仕事で組んでもらった30後半の男性.が冷たかった
    まあ私が使えない子なんだろうと思って毎日辞めたくてもとりあえず一年頑張ろうって思ってた
    すごく私に冷たいどころかハラスメントな言動しまくりの太客がいたんだけど私がいびられてても先輩は全く反応なしだった
    私の職場はペアで仕事を担当するんだけど、ベテランと新人で組む感じで毎年それはローテーションされるってのが分かってたので

    2年目、私は生真面目だけど怖い雰囲気とか全くないアラフォー女性.とペアに
    アラフォー女性.は私がそういうことされそうになると守ってくれたし、与えられた仕事をこなすとありがとうとかちゃんと言ってくれるから毎日すごく楽しくなった
    でもそれとは別で、うちは転勤無い会社なんだけど、他の地域から旦那さんの転勤でこっちの支社に異動してきた40前半の女性.(以下美熟女)が入ってきた
    その人が例の30後半男性.と組んだ

    美熟女は小綺麗にしていて人当たりは良いんだけどかなりの高齢出産でまだ小さいお子さんがいることもあってよく休むし定時ギリギリにきて即帰る
    当時独身で同じ課で1番若手だった私にいろいろ雑用が回される
    子供の風邪とかは仕方ないけどサッカー教室の観戦てなんだよクソが
    お前やたらとUV気にして外に出るゴミ捨てとかの雑用全部私に聞く振りして日陰で見てただけじゃんサッカーなんて観に行くなや
    なのに、その30後半男性.は美熟女にデレデレでめっちゃ優しい
    なんかいつも冗談とか言って笑わせようとしてるし
    私はこの2人がどんどん嫌いになってた

    868 :修羅場まとめの殿堂~離婚・復讐・不倫・浮気まとめ~ 2009/05/10(日) 23:44:12 0
    うちのコトメ(アラフォー)も上目遣いで「コトメねぇ」がデフォ。
    お洋服はリズリサを着られるのが自慢。まあ着るだけなら誰でも着れますよ。似合うかは別問題だけど。

    私はウトメと同居中。母の日だからといってコトメがでかいカーネーションを持ってきた。
    そして私には子供たちが、自分たちで描いた絵をプレゼントしてくれた。
    それを見てコトメが「やだぁびんぼくさぁいpgr」。子は泣きそうな顔になるし、私も夫もぷっつん。
    「コトメさんが母の日に感謝してもらえるのはいつですかぁ?」
    「結婚前提のIT社長はどうなったんですかぁ?」
    「うちの子にいとこができるのいつですかぁ?」
    「早くしないとうちの可愛い娘ちゃんがフラワーガールできなくなっちゃう~」
    「嫁子、はやくコトメさんの花嫁姿みたいなぁpgr」
    コトメが帰るまでコトメのそばでひそひそ囁いてあげました。
    あと今日の昼食はウト夫おごりのお寿司だったのですが
    「ママでもない人にはあげませぇん」といって食べさせませんでした。
    口調は全部コトメの真似。暴言はいたときにウトメに怒られたコトメは何も言えず。
    母の日のお昼は毎年ウト夫のおごりで豪華にいくのであてにしてたみたいだけど。
    子供たちには私たちもフォローしたけど、トメが「おばあちゃんも花束より絵が嬉しいな。描いてもらえる?」と言ってくれて
    ウトメ+私たち家族の絵を描いてごきげんでプレゼントしてくれました。

    600 :修羅場まとめの殿堂~離婚・復讐・不倫・浮気まとめ~ 2014/12/09(火) 13:46:04 ID:WCU
    喪女で年齢=彼氏いない歴を順調に更新してた私も
    30近くなって焦りを感じ、婚活を始めた
    最初の2人はもう初対面で全然盛り上がらず即お断りされたけど
    3人目のお見合い相手のA男(当時36歳)とは最初からすごく打ち解けて
    話が盛り上がり、手ごたえがあった
    お見合いしたのが11月3日(文化の日)で、その場で
    「今月の23日(勤労感謝の日)に(隣県のお祭り)に出かけないか」と誘われたので承諾したけど
    20日の夜にA男から「今朝親がタヒんだと連絡が入り今から実家に帰ります」とだけメールが来た
    23日の約束については具体的に何も書いてなかったけど
    ようするに会えないってことだろうな、と判断して
    「ご愁傷様です。これから大変ですね。
    23日はA男さんが無理だろうから約束はなしにしましょうね。
    そちらに余裕が出来たら教えてください」という文面のメールを送った
    一応、A男を紹介してくれた人にも親にも
    「親御さんが亡くなられたって連絡が入って23日に会う約束は流れた。
    あちらからまた連絡があるまではこちらは黙っておこうと思う」と報告したら
    みんな「それがいいだろうね」と言ってたんだけど
    それきり何も連絡がなく、年を越してから今度は
    「親の四十九日が終わりました」とだけメールが来た
    それだけの文面じゃ?状態だったけど、
    「それはお疲れさまです。大変でしたね」と返して寝て
    翌朝起きたら、何通にも分けて長い長いお説教メールが入ってた

    お見合いの日にあれだけ気が合って次も会う約束をしていたのだから
    こちらが親の訃報を知らせた時に(私)が来てくれるものと思っていた
    でも弔問するどころか、A男は23日に(私)と会うつもりでいたのに
    約束を一方的にキャンセルされたのもショックだった。
    (私)のように情の薄い人と一生を共にする自信はない、というメールに私目玉ポーン
    そんなに失礼な対応だったかなあ?と友人たちにも相談したけど
    お見合いで一度あったきり、相手の実家は新幹線で2時間の距離、ということを伝えたら
    「まだ一回しか会ってないお見合い相手がそんな遠くから葬式に駆けつけたら逆に引く」という反応なので
    A男と私は根本的な考え方が合わなかったんだろうな、と結論づけて終わりにした
    お見合いをセッティングしてくれた人も
    「(私)は悪くないから気にしないでね。あの人も親が急に亡くなったから
    動揺してちょっとおかしくなってるみたいだから」とフォローしてくれたし

    その後も私は婚活を続け、ありがたいことに今の旦那と知り合い結婚
    最近新生活を始めたんだけど、突然A男からメールが来た。
    それも「お久しぶりです。お元気ですか?」だけなので
    こちらも「元気です。結婚して最初の正月はやること多くて気忙しいです」
    と返したら、以前私とA男を引き合わせてくれた方に
    「(私)さんが他の男と結婚してる!」と連絡してきたらしい
    あんな長文罵倒メール送って3年以上経つのに
    私がA男を待ち続けてると思ってたの?ってことがスレタイ

    このページのトップヘ